今注目のニュース
セルフレジを利用しない理由は? ジャストシステム調査
ネコはキーボードが大好きなのです
大阪の「白飯+お好み焼き」病院食に注目 栄養バランスは大丈夫?専門家に聞いた

月刊コミックバーズ単語

ゲッカンコミックバーズ

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

バーズ(BIRZ)とは、幻冬舎コミックスが出しているコミック雑誌である。毎30日発売。2018年8月号をもって休刊。
毎週金曜更新無料Webコミックサイト「デンシバーズ」がある。こちらは2019年1月に「comicブースト」へリニューアルした。

概要

1996年7月に刊行され、2018年8月号まで発行された。発行部数が表されていないが、数千~2万部単位である。

  1. 前進はコミックバーガー。スコラ社より1993年から刊行されていた。1996年4月に休刊し、同年7月より「月刊コミックバーズ」としてリニューアル再創刊。
  2. 1999年3月にスコラ社が倒産し、1999年5月号にて休刊した。同年7月ソニーマガジンズがコミックバーズ部門を引き取り、復刊させる。
  3. 2001年一杯でソニーマガジンズがコミック部門を撤退。翌年に幻冬舎がこのコミック部門を引き取り、「幻冬舎コミックス」という新会社として分離独立させて復刊させる
  4. 2015年6月号(4月30日発売号)より、誌名を「月刊コミックバーズ」から「月刊バーズ」へリニューアル
  5. 2018年8月号(6月30日発売号)をもって休刊。連載作品の多くはWebコミックサイトの「デンシバーズ」に移籍した。
  6. 2019年1月Webサイトを「デンシバーズ」から「comicブースト」へリニューアル

といった具合に、次々と休刊と復刊を繰り返していたコミック雑誌である。

雑誌自体も都市部の大書店・あるいはマニアックな書店にしか置かれていないため、なかなかにかかれない。そのためいつまた休刊してもおかしくない状態となっている。

それでも、有作家を引っってきたり、一部連載漫画が少々有名になったりすることもあるので侮れない。
コミック誌に限らず、出版界において休刊はほぼ廃刊と同義として使用されることの多いくらい移り変わりのしいので知られるが、その中で何度も復刊にたどり着き存続している稀有な雑誌として一の置かれている存在である。 

2018年ついに休刊してしまった。

Rozen Maiden連載終了について

2002年9月号より連載開始、順調に連載をしているかのように見えたが、原作PEACH-PITサイトリンクページからコミックバーズへのリンク突然消去された。その後2007年7月号に最終回を迎える。原作者と出版社の間でなにかしらのトラブルがあったとされるが、相は不明。

その後ヤングジャンプ2008年20号より連載開始。この際「Rozen Maiden」を「ローゼンメイデン」へとめており、前者と後者は区分されている。

作品(一部抜粋)

関連商品

関連項目

関連リンク

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2014/01/18(土) 23:09:47 ID: FMxjhlptJh

    ローゼン打ち切りの件だけど、
    PEACH-PITく「ネームチェックというものが連載当初から3年、一度もありませんぜ」
    ってほどズサンな担当編集だったらしい。それ以外にもセリフミスが多々あったとか。

    それがきっかけで編集部との騒動があってもおかしくないな・・・と思う。

  • 2ななしのよっしん

    2015/12/09(水) 17:25:14 ID: OST5T3irna

    意外と有名作品を生み出している雑誌

  • 3ななしのよっしん

    2016/02/10(水) 03:17:57 ID: BNnvuM1fX5



    >>lv250525196exit_nicolive




急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP