服部良一単語

ハットリリョウイチ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

服部良一(1907年10月1日1993年1月30日)とは、大阪府出身の作曲編曲作詞である。和製ポップス史における重要な作曲の一人である。

概要

大阪土人形師のに生まれる。音楽の才小学生時代からあったが、学校卒業後に商人になるために、は商人として勤め、音楽学校に通うという二束のわらじであったが、そんな日々に嫌気がさしの薦めで、道頓堀にあるレストラン音楽隊に入隊し、音楽センスを磨くようになる。この入隊日は1923年9月1日と、関東大震災のその日であった。音楽隊を辞めた後にジャズアニストとしてバー演奏をしていたが、後に大阪に在住していたウクライナ人の音楽家に才を見出され、作曲作詞編曲を学ぶ。昭和に入ると上し、1936年にコロムビアレコードの専属作曲となる。第二次世界大戦後には、敗戦のどん底に陥っていた日本に、ジャズのフィーリングを生かした曲を次々とヒットを出す。これが、日本での和製ポップの礎となる。

代表作としては『東京ブギウギ』、『い山脈』、『別れのブルース』、『山寺和尚さん』等のほかにヒット作がある。

家族は、長男作曲服部克久、孫に作曲服部隆之がいる。

1993年に呼吸不全により死去。享年85歳。死後に国民栄誉賞を受賞している。現在でもその多く作品は歌い継がれている名曲が多い。

関連動画

       
   

関連商品

    

関連リンク

服部良一公式サイトexit

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/22(木) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/22(木) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP