朝鮮進駐軍単語

チョウセンシンチュウグン

掲示板をみる(24)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

朝鮮進駐軍とは、戦後日本にいた朝鮮人韓国人が徒党を組んで犯罪暴動を起こす際に名乗ったとされる団体名である。

概要

戦後日本の敗戦の混乱期にその混乱に乗じて韓国朝鮮人たちが組んだ犯罪グループだという。自分達が戦勝側の人間だという意味で名づけられた。そのように徒党を組んで集団暴行や暴動犯罪を犯したという。

戦後混乱期に、韓国朝鮮人が自分達が戦勝民であるかのように振る舞い事件を起こしたのは事実である。記録にあるだけでも吹田事件、大津地方検察庁襲撃事件など多数の襲撃事件、暴動を起こしていた。
しかし、当時の資料にこの単自称、他称ともに見受けられず、単の初出は2000年平成に入ってからであり、かなり時代を下らなくては出現しない単である。現在のところ、このような組織が存在したことを示す一次資料は見つかっていない。
このため上記暴動事件を「朝鮮進駐軍」と呼ばれる組織的な集団が導したことは疑問視され、実際に朝鮮進駐軍という団体の存在は否定的に見られている。

そもそも進駐軍という言葉は

ラインライト進駐や印進駐などの歴史からも分かる通り、地名+進駐の場合、その地名の場所に軍が駐屯することを意味する。その為、朝鮮進駐軍では朝鮮半島に進駐する軍という意味となり、日本語的にもおかしな単となっている。おそらく朝鮮進駐軍という単を最初に作った人物は、進駐の意味を理解していなかったものと思われる。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/11/28(月) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2022/11/28(月) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP