今注目のニュース
マツコ・デラックス批判や崎陽軒不買について等 メンタリストDaiGoさんがN国党や立花孝志代表を心理学的に考察
ノブコブ吉村、「欅坂46とは二度と仕事したくない」 ファンは怒りと納得の声
「いってらっしゃい」と夫を見送る妻 3ページ目の展開に、胸が締め付けられる

本名陽子単語

ホンナヨウコ

掲示板をみる(143)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

本名陽子とは、日本女優声優である。

概要

1979年生まれ。声優として有名になってはいるが、もともと子役出身であり、180本以上の作品に出演している経歴をもつ。

声優としては、中学1年のときに「おもひでぽろぽろ」の主人公岡島タエ子の少女時代を、高校2年のときに「耳をすませば」の主人公月島を演じる。
ジブリ作品のうち、2作品でヒロイン役を演じたのは彼女だけである。

その後しばらくは声優業を離れていたが、2000年より洋画吹き替えで復活し、2004年の「ふたりはプリキュア」の美墨なぎさ役で演する。これを皮切りにアニメ声優としても顔が広くなってゆく。

もっとも、仕事量としては二次元系よりは映画吹き替えのほうが数多い。禁書ではイタリア語監修をしたことも。

なお、子役時代には仮面ライダーBLACKシリーズRX含めて出演(どちらも別役ゲスト)している。そして十数年後、彼女の名を背負った戦士に……。

2014年7月30日、かねてより交際していた一般男性と入籍したことをブログにて表した。

いま、ようやくこのセリフをちゃんといえます(笑)
「・・・好きな人が、できました」

本名陽子オフィシャルブログ ほんなのほんね2014年7月30日「今日は何の日?」よりexit

さらに、翌2015年3月5日妊娠6ヶであること、近く母親になることを明かした。

…て、わたしママキュアになるなんて、ぶっちゃけありえな~い!!!!!!

本名陽子オフィシャルブログ ほんなのほんね2015年3月5日「春の訪れ」よりexit

それから3か後の6月20日、第1子となる女児出産したことを発表した。

6/20、予定日よりほんの数日めではありましたが、3060gの元気な女の子出産しました。 生まれて々、その場にいる人たちを笑顔で満たしてくれる、とってもユーモラスで可らしい子です。 一言では表現しきれない感情が、次から次へと込み上げてきて3日。 地上に舞い降りてきてくれた奇跡をひとつひとつかみしめながら、大切に大切に育てていきたいと思います。

本名陽子オフィシャルブログ ほんなのほんね2015年6月20日「こんにちは!」よりexit

それから1年7か後の1月27日ニコニコ生放送生放送内で第2子の報告をした。
また流産の経験も生放送ブログ内でってくれた

耳をすませばニコ生実況中ですが…

皆様にご報告があります。
このたび、新しい命を授かりました。
現在妊娠7ヶになります。
もだいぶぽっこりしてきました。
実は一度流産を経験し、精的、体的にも辛い時期がありましたが、今はつわりも落ち着き、元気いっぱい過ごしております。
第二子ということで気持ちに余裕を持てているのか、1人の時とは違った毎日でとても新鮮です。

本名陽子オフィシャルブログ ほんなのほんね 2017年1月27日「ご報告」よりexit

プリキュア


テレビアニメ声優としては本名にとっては初役だった。
当時の本名はアルバイトしながら俳優活動を行っており、プリキュアオーディションが駄だったら、業界は諦めようとしてた事を【吉田仁美プリキュアラジオ】でっている。

元祖ということもあって作品に対して一番思いが熱く、オールスターズなどの舞台挨拶では一番トークが熱い(内容は濃い故に番長く時間をもらいやすい)人物だったりする。
 最初に雪城さなえ役の野沢雅子から「まずは十年」と言われた経験から、プリキュアシリーズをまず十年継続させることは本名の密かな標となっている。
 当時は作品が浸透するまでが大変で、母親からは「え、ブリギュラ?」なんて言われていたそうな。
 (周囲にも似たような経験をした人が多く、この出来事がキッカケでポルンや長老の名前ボケが生まれたとすら言われている)

放送当時はあまりの人気で一人一限となっていたプリキュアトレインカードを共演者分も買うために「これ自分がやってるんです!」とすごい必死に伝えて買いえたことがあり、本人にとって一番記憶に残っている裏話らしい。

相方ゆかなとはアフレコ現場で「なぎなぎ」「ほのほの」で呼び合う間柄である。
吉田仁美プリキュアラジオ】にて、元々は本名がほのかゆかななぎさ役でオーディションを受けていた事、その時に充てをしたのもゆかなだったと当時を振り返ってた。
そういった事もあってDVD-BOXでの対談オーディションの時から運命めいたものは感じていたらしい。
ゆかなは自分が本役のブラックを支えるため、とにかく相棒サポートすることに専念して現場に入っており、「自分が合わせる!」と言って、作品に慣れない最初期を乗り切ったとか。

そういった関係から二人は後年シリーズキャストらの例に漏れず仲がよく、本名がゲストで出たSSのライブでも飛び入りで参加したり(半ば勢いだったらしい)オールスターズ時の相棒舞台挨拶をわざわざ見に来ている。(シリーズ問わずそういう人がたくさんいたことに感動し、本名陽子は舞台挨拶でそのことを観客に伝えていた)

ちなみに前者はルミナスも同様で、前半ルミナス・後半はホワイトと飛び入り参加していた。

子役時代に仮面ライダーやらメタルヒーローやらに出演していたこともあり、東映とは少なからずの縁があった様子。

出演作品

アニメ

ゲーム

その他

映画吹き替え作品などなど多数。詳しくはWikipediaを参照。

関連動画

公式配信(子役時代の出演作)

関連生放送

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP