本田圭佑単語

ホンダケイスケ

  • 31
  • 0
掲示板をみる(629)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(31)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

本田圭佑とは、

1.日本サッカー選手(ほんだ けいすけ、Keisuke HondaКэйсукэ Хонда1986年6月13日 - )

2.宮城県出身のプロ野球選手投手)→詳細は本田圭佑(野球)を参照

本稿では1について解説する。

概要

本田圭佑

大阪府摂津出身。182cm74kg。ポジションはFWもしくはMF。利き足は左足。
ブラジルセリエAのボタフォゴFR所属。カンボジア代表の実質的な監督も務めている。ワールドカップ3大会連続でゴールを決めた一の日本人でもある。

小学2年生のときに両親が離婚し、父親に引き取られて育つが、この頃にサッカーを始めている。中学生の頃にガンバ大阪ジュニアユースに所属。長昭博、安田理大、東口順昭といった後の日本代表経験者が所属していたが、自身はスタミナとスピードに難があったためユースへ昇格ができなかった。

挫折を経験した本田は親元を離れ石川県星稜高校へ進学。1年生からレギュラーを掴み頭を現すと、高円宮杯で準優勝、3年生のときにはキャプテンとして第83回全高校サッカー選手権でベスト4の成績を残す。超高校級MFとしてJリーグ複数のチームからオファーを受けており、2004年には強化定選手として名古屋グランパスエイト練習に参加。7月24日のナビスコカップジュビロ磐田戦で公式戦出場を果たしている。

名古屋グランパス時代

高校卒業後の2005年名古屋グランパスエイトと正式にプロ契約を結び、プロとしてのキャリアスタート背番号は「24」。3月5日J1開幕戦のジェフユナイテッド千葉戦で、クラブ史上4人となる高卒ルーキーの開幕スタメンを飾り、この試合でアシストを記録。4月28日の第8節東京ヴェルディ1969戦では、度のない位置からの左足シュートプロゴールを決める。チームは不振に陥り、残留争いを経験するが、リーグ31試合2得点4アシストを記録。

2年となる2006年シーズンレギュラーに定着するようになり、セフ・フェルホーセン監督の意向によって左サイドハーフ、左サイドバック、左ウイングバックといった様々なポジションで起用される。3年2007年には8アシストを記録し、左足のキックが注されるなど存在感を見せていた。

VVVフェンロ時代

2008年1月16日オランダエールディヴィジVVVフェンロへ移籍。この頃から現在トレードマークとなっている金髪ショートヘアイメチェンしている。オランダ語で応じた入団会見をおこなった当日である1月20日PSV戦でデビューを飾る。3月15日の第27節フェイエノールト戦ではFKからの直接ゴールで初ゴールを決めている。レギュラーを掴んだものの、チームは大きく低迷。2007-2008シーズンVVVエールステ・ディヴィジ(2部)に降格するが、翌シーズンもそのままVVVに残留した。

お前シュートを決めるのはYouTubeの中だけ

サンドロ・カラブロ―

2部で迎えた2008-2009シーズンから背番号を「10」に変更。得点の意識を高めた本田は開幕から首位を独走するチームとして活躍。シーズン途中からキャプテンを任されるなど絶対的な存在として君臨し、チームエールステ・ディヴィジ(2部)優勝へと導き、1年での1部復帰に成功する。キャリアハイとなる16得点13アシストという成績を残し、リーグMVPにも選ばれた。昇格が決まった試合の直後にピッチ乱入したファンから身ぐるみを剥がされパンツ一丁にされ、あわやパンツまで奪われそうになる。

2009-2010シーズンオランダビッグクラブへの移籍が予想されたが、高い移籍ネックとなり移籍が成立せず、VVV所属のままシーズンを迎える。
ここで本田は開幕から3戦で4得点2アシストの大活躍を見せるなど、18試合で6得点を挙げ、復帰1年チームを中位に押し上げた。VVVでは1部で32試合8得点、2部で36試合16得点を記録した。

CSKAモスクワ時代

VVVでの活躍もあって、この年のの移籍市場ロシアの強CSKAモスクワへの移籍(4年契約)を果たす。背番号は「7」。CSKAモスクワUEFAチャンピオンズリーグにもたびたび出場するほどの実を持ち、事実上のステップアップを果たす。

2010年2月24日UEFAチャンピオンズリーグCL)ラウンド16 1st ledセビージャ戦でCLデビューを果たすと、3月16日2nd legでは後半10分におよそ30mほどの位置からFKを直接ゴールに決める。このゴールが決勝ゴールとなってCSKAはクラブ史上初のベスト8進出を果たし、活躍が認められた本田はこの試合のMOMに選ばれ、世界中のメディアからの注を集める。2010-11シーズンリーグ開幕戦となったアルカム戦では、試合終了間際に決勝ゴールを決め、劇的なリーグデビューを果たす。トップ下に若いアラン・ジャゴエフがいたためボランチで起用されることが多かったが、そつなくこなしてチームに貢献。2011年5月22日ロシアカップ決勝のアラニア戦では決勝点をアシストし、ロシアでの初タイトルを獲得する。

2011-2012シーズンは、2列の右サイドで起用されることが多くなったため得点数が伸びるが、2011年8月28日のスパルタク・モスクワ戦で右膝半月損傷によって戦線を離脱。一度は復帰したものの再発させてしまい、2012年3月まで復帰に時間を要することになる。また、この年の1月イタリアセリエAラツィオへの移籍が確実視されるが、CSKAが移籍額に不満を持ってオファーを断ったため破断となる。

2012-2013シーズンは本職であるトップ下で起用され、前半戦の18試合で前年と同じ7ゴールを記録するが、今度は2013年2月に左足首を負傷し、またしても長期の戦線離脱を強いられる。4月21日のスパルタク・モスクワ戦で復帰すると、チーム5月に6シーズンぶりとなるリーグ優勝を決める。自身にとっては初めてとなるトップリーグでの優勝経験となった。また、ロシアカップ決勝にも出場しており、内2冠となるタイトル獲得に貢献する。
また、毎シーズンのように移籍報道も飛び出すが、前述のように4年契約を結んでいたことから高額な移籍ネックとなって移籍が破談になったと報じられることが恒例行事となりつつあった。

2013-14シーズンロシア脱出ならず、開幕からCSKAでプレーすることになる。それでもロシアスーパーカップゼニト戦で2ゴールを決め優勝に貢献すれば、CLバイエルン・ミュンヘン戦、ブルゼニ戦で連続して1ゴール1アシストの活躍を見せ、好調を維持していた。

そして2013年12月CSKAとの契約が終了し、ようやくロシアからの脱出に成功する。

ミラン時代

2013年12月11日心の中のリトルホンダを聞いたことにより、イタリアセリエAの名門ACミランへの移籍が決定。移籍0円での移籍となり、3年半契約背番号は自ら希望した「10」を付けることに。

2014年1月12日セリエA第19節のサッスオーロ戦で途中出場し、セリエAでのデビューを果たす。しかし、その翌日マッシミリアーノ・アッレグ監督が解任となり、後任のクラレンス・セードル監督から右サイドハーフで起用されたことで適応に苦しみ、4月7日32ジェノア戦での初ゴールのみで終了する。

2014-2015シーズン開幕戦のラツィオ戦では、3トップの右ウイングで起用され、先制ゴールを決める。そこからゴールを重ね、一時は得点ランクの上位につける活躍を見せる。しかし、徐々にチームの不調に引っられる形できを失うようになり、周囲からの厳しいを浴びせられるようになる。11月23日ミラノ・ダービーインテル長友佑都との日本人対決が実現するが、本田を高く評価していたフィリッポ・インザーギ監督が途中で解任されたこともあり、徐々にスタメンから外れることも増え、クラブレジェンドであるアレサンドロ・コスタクルタやパオロ・マルディーニからも酷評されてしまう。結局2014年11月以降の得点数はわずか1に終わり、不完全燃焼シーズンとなった。

2015年6月9日自身のマネージメント会社がオーストリア3部リーグのSVホルンの経営に参画することを発表し、話題となる。ちなみにクラブを買収したわけではなく、パートナーシップを結んだという話である。

2015-2016シーズンの前半戦は控え組という位置づけとなり、前年とべて出場機会が減っていた。2014年10月14日2試合連続で出場機会がかったナポリ戦の後に、メディアに対してチーム批判と受け取られかねない発言をしてしまい、問題視される。それでも、シーズン後半戦に入ってから右ウイングの位置でレギュラーに返り咲き、2016年1月30日インテル戦では決勝ゴールアシストする。シニサ・ミハイビッチ監督から与えられた役割は、守備の際は自深い位置まで戻って守備をこなし、攻撃時には前に出ていく上下のアップダウンを献身的におこなう役割であり、本田はこの役割を忠実にこなしチームに貢献していた。しかし、直接ゴールに絡む機会が少なかったため、10番の役割として物足りなく感じたメディアサポーターからの批判はなおも続き、低迷するミラン戦犯にあげるものすらいた。

2016-2017シーズンに就任したヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、右ウイングの位置に若くてスピードのあるスソやジェラール・デウロフェウを積極的に起用したため、本田は構想外になってしまう。に移籍するかと見られたが、チーム残留を決断したものの状況に変化はかった。2017年5月31日ホーム終戦となるボローニャ戦で、後半13分から出場すると、シーズンゴールとなる直接FKを決める。このゴールミランの翌シーズンヨーロッパリーグ出場権獲得を呼び込む勝利に繋がった。試合後、本田は自身の公式ツイッター開設と同時に退団を表明。最終節のカリアリ戦では、キャプテンマークを巻いてフル出場し、ミランでの挑戦を終える。

世界放浪時代

2017年7月14日メキシコリーガMXの強CFパチューカと1年契約を結ぶ。背番号は異例の「02」。右ふくらはぎの負傷で開幕から出遅れるが、8月22日のベラスクルス戦で初出場を果たし、初ゴールを決める活躍を見せる。11月19日のコパMX準々決勝ティフアナ戦では、ハーフウェイライン前から単独で4人を抜いてゴールを決め、衝撃を与える。12月にはFIFA クラブワールドカップに初出場。年明けの後期リーグからはさらにゴールアシストを増やしていき、29試合出場10ゴール7アシストという成績を残す。

この頃からビジネス世界での動きも立つようになり、2018年7月18日ウィルスミスと共同で1億規模のベンチャー・ファンドを設立している。

2018年8月6日オーストラリア・Aリーグメルボルン・ビクトリーFCへの加入が決定。背番号日本代表と同じ「4」。開幕戦のメルボルン・シティとのタービーマッチでは、移籍後初出場ながらキャプテンマークを巻いて出場し、初ゴールを記録。開幕からの7試合で4ゴール3アシストの活躍を見せ、10月11月間最優秀選手に選ばれる。12月に右太ももを負傷し、およそ2カ戦線を離脱するも、2019年3月AFCチャンピオンズリーグに初出場。第2節でのサンフレッチェ広島戦で凱旋帰を果たし、この試合でゴールを決める。チームリーグ3位でファイナルシリーズに進出し、準決勝まで戦ったチームを引っるが、5月23日に退団を発表する。

メルボルン・ビクトリーを退団して以降は移籍先が見つからず、所属の状態がしばらく続くが、10月31日からCSKAモスクワ時代の恩師であるレオナルド・スルツキが監督を務めるエールディヴィジのフィテッセの練習に参加。11月6日にフィテッセと正式契約を結び、10年ぶりにオランダに復帰する。しかし、チームの不振の責任を取ってスルツキが辞任すると、12月23日に退団を表明。わずか1カの在籍となる。

2020年1月31日ブラジルカンピオナート・ブラレイロ・セリエAのボタフォゴFRへの移籍が決定する。背番号は「4」。3月15日リオデジャネイロ州選手権第3節バング―戦でブラジルでのデビューを果たすと、PKで先制ゴールを決める。このゴールは自身のクラブでの通算100ゴールとなった。

日本代表

本田圭佑

国際Aマッチでは、2008年の代表デビューから2018年ロシアワールドカップまで、98試合出場しており、37得点挙げている。

高校3年生の頃の2004年石川県選抜として左サイドバックとしてプレーしていた際、正確な左足のキックが視察に来ていた大熊清のに留まり、U-19日本代表に選ばれる。その後、2005年6月オランダで開催された2005 FIFAワールドユース選手権のメンバーにも選出。グループリーグ初戦のオランダ戦で、負傷していた梶山陽に代わってボランチでスタメンとして出場。しかし、守備に忙殺されて何もできず、後半19分に交代させられ、以降出番が回ってくることはかった。

2006年11月に初めて日本代表メンバーに選出されるも試合に出場することはく、2年後の2008年6月22日南アフリカワールドカップアジア3次予選のバーレーン戦でスタメンとして起用され、フル代表デビューを果たす。

2007年は、U-22日本代表としての活動が中心となり、北京オリンピックアジア予選にとして出場。5月16日アジア2次予選アウェイ香港戦では、あり得ない起動回転FKによるゴールを決め、後にとなっている。最終予選では左サイドハーフ、左ウイングバック、左サイドバックと様々なポジションで起用されながら5試合全てにフル出場し、オリンピック出場権をもたらす。

2008年8月に開催された北京オリンピックに出場するU-23日本代表に選ばれ、後に長く日本代表軸を担ったメンバーと共にプレー。しかし、3試合全てにフル出場したものの、結果はグループリーグ3戦全敗に終わる。グループステージ敗退決定後の第3戦において、反町康治監督示に造反していたとインタビュー時に発言し、メディアで物議をかもした。

日本代表では、2009年5月27日キリンカップチリ戦で代表初ゴールを記録していたものの、当時代表の中心だった中村俊輔の控えという位置づけで、南アフリカ大会アジア最終予選にも2試合に途中出場したのみとなっていた。ワールドカップ出場決定後のテストマッチで不甲斐ない戦いを続けてきたことから、オランダで活躍していた本田に起用すべきというも高まっていた。

2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会にも代表に選出。大会直前の親善試合や練習試合においてチームとして全く結果を残せなかった岡田武史監督は、開幕戦ギリギリになって本田センターフォワードとして起用する方針を固める。未経験のポジションでありながらも本田は期待に応え、6月14日に行われたグループリーグ初戦のカメルーン戦では、前半39分に決勝ゴールとなるヘディンシュートを決め、期待値が薄くなっていた日本代表に対する内の評価を一変させる。6月25日に行われた3戦デンマーク戦でも、前半17分に直接FKによるゴールで先制ゴールをもたらし、後半42分には岡崎慎司のダメ押しとなる3点アシスト。1得点1アシストの大活躍を見せ、日本代表の決勝トーナメント進出の原動となった。ベスト16のパラグアイ戦ではPK戦の末に惜しくも敗れたものの、大会4試合全てにフル出場し、救世主となる活躍を見せたことから以後日本代表において絶対的な存在となり、その言動に対する注度も飛躍的に高くなる。また、敗れたパラグアイ戦を含む3試合でMOMに選出されている。

2010 FIFAワールドカップでの活躍は海外でも評価が高く、ロシアメディアでは「ホンダチームを疾走させた。」「最高のプレイヤ-」と伝え、イギリスBBC放送の実況は、本田フリーキックを「まるでクリスティアーノ・ロナウドのようだ」と称賛。会の元イングランド代表キャプテンのゲーリー・リネカーは、「彼の契約ははねあがった」と手放しで絶賛した。
またその活躍から2010 FIFAワールドカップ終了後にはバレンシアアトレティコ・マドリーマンチェスター・シティACミランなどのヨーロッパの強クラブに移籍するのではないかと噂されていたが、前述の通り高額な移籍が障となり実現はしなかった。

アルベルト・ザッケローニ監督が就任してからの日本代表は、北京オリンピック世代の選手がチームの中心を担い、本田トップ下が定位置となり、高いキープを活かしてタメを作ることで周囲に時間を与える攻撃の核となっていた。2011年1月カタールで開催されたAFCアジアカップ2011にも出場。この頃から代表での背番号は「4」で定着する。グループリーグ2戦シリア戦では、決勝ゴールとなるPKを決める。大会での自身のゴールはこの1点のみだったものの、大会で日本が挙げた9得点中6得点に絡む活躍を見せ、日本アジアカップ優勝の原動となり、大会の最優秀選手に選ばれる。

2011年の後半は、CSKAモスクワで負った右膝半月損傷ので長期欠場が続き、日本代表からもおよそ9カの間遠ざかり、ブラジルワールドカップアジア3次予選は全試合欠場となる。2012年5月23日アゼルバイジャン戦で代表に復帰すると、6月3日アジア最終予選オマーン戦で先制ゴールを決め、ヨルダン戦ではハットトリックを決める大活躍を見せる。2013年6月4日オーストラリア戦では、試合終了間際に同点ゴールとなるPKを決め、ワールドカップ出場権獲得を決定させる。この大会のアジア最終予選ではチーム最多の5ゴールを記録し、チームの原動となった。直後に開催されたFIFAコンフェデレーションズカップ2013にも3試合全てに出場し、第2戦のイタリア戦でゴールを決めるが、チームグループリーグ3試合全敗に終わる。

2014 FIFAワールドカップブラジル大会にも順当に選出。チームの絶対的なエースとしてワールドカップに臨み、グループリーグ初戦のコートジボワール戦では前半16分に先制ゴールを決める。しかし、後半に立て続けに失点を許し、痛い逆転負け。第3戦のコロンビア戦では、前半終了間際に岡崎の同点ゴールアシストするが、後半にチームは3失点を喫し大敗。自身は1得点1アシストと奮闘したものの、史上最強日本代表と称されたチームグループリーグ敗退に終わった。

2015年1月UAEで開催されたAFCアジアカップ2015には全試合にスタメンで出場。ミラン調子を落としていた時期ではあったが、グループリーグでは3試合連続でゴールを決める活躍を見せる。準々決勝のUAE戦では、柴崎岳の同点ゴールアシストしたものの、PK戦では香川真司と共にPKを失敗してしまい、敗退。アジアカップ連覇の夢は潰えることとなる。

2015年6月からスタートしたロシアワールドカップアジア2次予選では、出場した5試合全てでゴールを決める活躍を見せ、2016年9月1日アジア最終予選初戦のUAE戦でも先制ゴールを決め、出場したアジア予選7試合連続ゴールという記録を作る。しかし、チームはよもやの逆転負けを喫することとなる。その後、ミランで出場機会が減したこともあり体のキレを失い、以後のアジア最終予選ではスタメンから外れることが多くなる。特定の選手を特別視しないヴァヒド・ハリルホジッチ監督は、流れを変えるプレイヤーとして起用はしていたものの、メディアサポーターからは本田不要論が飛び交うようになる。2017年8月31日ワールドカップ出場権獲得が決まったオーストラリア戦でも香川岡崎と共にスタメンから外れ、日本代表王様としての地位はますます揺らいでしまう。

ワールドカップ出場権獲得後の強化試合では、8年ぶりに怪でもないにもかかわらず日本代表に呼ばず、半年間代表に呼ばれなくなるなどワールドカップ出場メンバーからの落選が現実味を帯びてくる。しかし、2020年4月7日ハリルホジッチ監督が解任となる。香川岡崎らと共にハリルホジッチから冷遇されていた本田は、クーデーターを起こし日本サッカー協会に働きかけたのではないかと疑惑のを向けられる。ハリルホジッチのやり方に不満を持っていた選手は多かったともされ、このあたりの相は定かではない。

後任として就任した西野朗監督によって、2018 FIFAワールドカップに出場する23人のメンバーに選出される。直前のテストマッチで結果を出せず、スタメンを香川に譲ることとなったが3度ワールドカップではスーパーサブとして流れを変える役割を与えられる。グループリーグ初戦のコロンビア戦では、1-1で迎えた後半25分から出場し、コーナーキックから大迫勇也の決勝ゴールアシスト。第2戦のセネガル戦でも勝ち越しゴールを喰らった直後の後半27分から出場。後半33分に起死回生の同点ゴールを決め、日本人初となるワールドカップ3大会連続ゴールを記録。大会前では予想されなかった2大会ぶりのグループリーグ突破に貢献した本田の活躍に、不要論が多かったネットでは「本田さん、ごめんね」のワードが飛び交った。ベスト16のベルギー戦では、2点のリードを追いつかれた後半36分から出場するが、試合終了間際に蹴ったCKが逆転ゴールを浴びるカウンターのきっかけとなる。

大会後、日本代表からの引退を表明。一方で2020年東京オリンピックオーバーエイとして出場することに意欲を見せている。

指導者としての経歴

2018年8月12日現役のプロサッカー選手を続けながら、カンボジア代表の実質的な監督を務めることを表明する。自身はプロサッカー監督ライセンスを持ち合わせていないため、登録上はフェリックス・ダルマスが監督となり、自身はGMという肩書で実質的には揮を執る。2018年11月20日東南アジアサッカー選手権のラオス戦で初勝利を挙げ、2019年6月11日にはパキスタン相手に勝利し、カタールワールドカップアジア2次予選進出を決めている。

プレースタイル

高校生の頃から爆発的な威と正確さを持つ左足のキックが注されていた。体格に恵まれていることもあり、フィジカルコタクトが強く、海外の選手に体をぶけられてもボールをしっかりとキープできる日本人としては希少価値の高い選手。相手を背負った状態で楔のパスを受け、後方の選手にボールを落とすレイオフを得意としており、ザッケローニ監督時代の日本代表では戦術の中心になっていた。その反面、スピードと俊敏さには難があり、ロシアで膝を負傷してからはさらにこの弱点が立ち、チームプレースピードを遅らせてしまう要因になることもあった。

名古屋プレーしていた頃は、ゴールへの意識が低く、自分の中の美学はパスだったとるほどだった。海外に移籍してからはゴールという結果が直接選手の評価に繋がることを痛感し、貪欲にゴールを狙うスタイルへとシフトする。上背もあるため、ヘディンシュートでのゴール選択肢に入っており、正確にコントロールしたシュートだけでなくパワフルシュートも持ち味としている。

サイドハーフサイドバックボランチ、サイドバック、1トップと時代によって様々なポジションを経験しているが、本人がこだわるトップ下が本職。総合的に見ると、クラシカルなタイプの「10番」のプレイヤーだと言える。

本田△

サッカー選手としての量・技術

発言・ファッションピッチ外での振る舞い
実績・経験

本田△とは、上の三つを兼ね備えるようになった本田さんへの敬称である。

本田△本田三角形本田さんカッケー

もともとは本田ビッグマウスを揶揄する表現であったがオランダリーグでそれに見合う活躍をするようになり賞賛の表現へと変化していった。

2010 FIFAワールドカップサッカー日本代表が採用した、本田を1トップに置くフォーメーションは、前線で攻撃を担当する本田大久保松井の3人がを作っていることから、スポーツによって「本田△フォーメーション」と名付けられた。

更には、2010 FIFAワールドカップでの獅子奮の活躍により、「サッカーファンだけでない一般からの認知・人気」という4つの要素も加わり、もはや「さん」付けですらおこがましいと、本田□」→本田形→「本田氏カッケー」と言う意味を込め、本田△本田□へと変化しようとしている。しかし実際には浸透しなかった。

2009-2010 エールディヴィジ VVV フェンロの戦績

本田△に引っられ、チームも見事に開幕から5戦連続

PSV 3 - 3 VVV VVV 2 - 2 ADO UTR 2 - 2 VVV VVV 2 - 2 GRO
NEC 1 - 1 VVV

人物

叔父本田三郎は、1964年東京オリンピックのカヌー競技に出場。その息子である本田多聞は全日本プロレスプロリスリングノアなどで活躍したプロレスラーであり、レスリングフリースタイルオリンピックに3大会連続で出場した経験がある。そういった意味では、一族の中で3人オリンピック出場経験者である。

2008年7月22歳の若さで元保育士女性結婚2012年に第一子を授かっている。

社会貢献には積極的であり、2011年東日本大震災の際には義援として日本赤十字社を介して5000万円を寄付。熊本地震イタリア中部地震メキシコ地震の際にも多額の寄付をしている。2012年からは小学生を対としたサッカースクールの経営を始め、日本国内での規模を拡大させている。

2015年本田モノマネを芸にするじゅんいちダビッドソンがRー1ぐらんぷりで優勝ブレイクする。5月に放送された番組でじゅんいちがイタリアを訪れた際に共演が実現し、7月じゅんいちの結婚披露宴の際にはビデオメッセージを寄せている。以後、本田が活躍するとじゅんいちも仕事が増える現が起こるようになる。

良くも悪くもはっきり物を言うタイプで、自分の思ったことを包み隠さずストレートに述べるため、共感を呼ぶことも多いが、ネット炎上することも多い。サッカーでも誤解を生んでチーム批判監督批判と受け取られることがある。公式ツイッターを開設して以降は、政治問題や時事問題に対する発言が多くなっている。

ファッション

ガンバジュニアユースの頃から手めのファッションだったという。

2007年には両腕腕時計スタイル確立し、そのことを聞いた安田理大にこう答えたという。

時計は片腕って決めたん?

トレードマークとなっている金髪北京五輪以降。それまでは黒髪にこだわりがあったらしい。

発言

上述したようにそのビッグマウスぶりが取り上げられることも多く、しばしばその発言が物議を醸すこともある。
中には過去の名選手の名言引用することもある(前置きすることもある)。その一部を列挙してみる。

「それはごもっともだけどオレの考えは違った」
2008年北京オリンピックでの発言と報じられたもの。当記事でも初版からその冒頭に記されている。2連敗してグループリーグ敗退が決まっていた後のオランダ戦にて、「オランダは巧いから深追いしなくていい」という反町康治監督からの示に対しての造反劇と見なされ、一種の戦犯扱いをされるきっかけとなる。「本田△」という言葉が出てきたのもこの頃からで、まだ蔑称としての意味合いしか持っていなかった時代である。
ベスト4ではなくて、優勝してもいいと思っている」
2010 FIFAワールドカップメンバー発表後の発言。かねてより岡田武史監督の「標はベスト4」発言が独り歩きしていたうえに、大会前の日本代表が不甲斐ない試合続きだったこともあって「おまえは何を言っているんだ」とばかりに嘲笑の対となる。が、結果はご存知の通りベスト4こそならなかったものの、内外の下評を覆しての決勝トーナメント進出。
2得点1アシストとその原動となった本田には岡田監督と同じような手の平返しが行われた。
ゴールというものはケチャップのようなもの。出ないときは出ないけど、出るときはドバドバと出る」
2012年に行われた2014 FIFAワールドカップ最終予選、イラク戦後インタビューより。1-0での辛勝という結果に決定不足を痛感しての発言であり、以後本田日本代表選手がゴールを決める度に一部で「ケチャップキタ―――(゚∀゚)―――― !!」とコメントされるようになる。
なお、この発言は前後に「か名ストライカーが言っていたのを思い出すんですけど」と言っているように元ネタが存在する(元オランダ代表のルート・ファン・ニステルローイ)が、日本でこの用法が定着するきっかけを作ったのは紛れもなく本田の功績であろう。
「心の中のリトル本田(≒小さな頃の自分)にどこでプレーしたいかと聞いたら、答えはミランだった」
2014年1月ACミランに移籍し、その入団会見での発言。ただ、本田の場合は実際に小学校卒業文集に「セリエAに入団します。そして、レギュラーになって10番で活躍します」と所属先こそ明言しなかったもののこうしたことを書いていたことが日本のみならずイタリアメディアにも取り上げられたので、ただのパクリとの摘は当てはまらないだろう。
「(プロフェッショナルとは?という質問に)ケイスケホンダ。」
2018年ロシアワールドカップ直前に出演したNHKプロフェッショナル 仕事の流儀」において、「あなたにとってプロフェッショナルとは?」という番組恒例の質問に対する答え。今後プロフェッショナルな人を形容するのに「おまえケイスケホンダやな。」と言われるくらいにしたいという豊富の意味での発言。当時、ハリルホジッチを解任に追い込んだ黒幕という疑惑がもたれ、発言に多くの人が注していた中での発言だったことから、あまりにも斜め上すぎる解答に多くの人が度肝を抜かれた。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
2004 名古屋グランパス J1 0 0
2005 名古屋グランパス J1 31 2
2006 名古屋グランパス J1 29 6
2007 名古屋グランパス J1 30 3
2007-08 VVVフェンロ エールディヴィジ 14 2
2008-09 VVVフェンロ エールステ・ディヴィジ 36 16
2009-10 VVVフェンロ エールディヴィジ 18 6
2010 CSKAモスクワ ロシアプレミアリーグ 28 4
2011-12 CSKAモスクワ ロシアプレミアリーグ 25 8
2012-13 CSKAモスクワ ロシアプレミアリーグ 23 7

2013-14
CSKAモスクワ ロシアプレミアリーグ 18 1
ACミラン セリエA 14 1
2014-15 ACミラン セリエA 29 6
2015-16 ACミラン セリエA 30 1
2016-17 ACミラン セリエA 8 1
2017-18 パチューカ リーガMX 29 10
2018-19 メルボルン・ビクトリー Aリーグ 18 7
2019-20 フィテッセ エールディヴィジ 4 0
2020 ボタフォゴ ブラレイロ・セリエA

関連動画

関連商品

関連静画

関連コミュニティ

コミュニティいのは審判に邪魔されたとしか言いようがない。

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

  • 627ななしのよっしん

    2020/06/16(火) 08:43:55 ID: HHiY4KHSeM

    読み間違いも認めるし当たり前のことができるすごい人だよ

  • 628ななしのよっしん

    2020/06/19(金) 15:22:41 ID: OXKM+Zz18J

    >>622
    つーか間違える以前に
    その直後にリプを見たのかフェイクニュースじゃなかったら日本やばい
    フェイクニュースなら共同通信やばいつっとるがな
    単純に踊らされたわけじゃなくこれがフェイクの可性を示唆してる

    フェイクニュースを元にしたお気持ち表明は悪かったにしても、疑惑にウラがとれてないことをい段階で知ってるし、そういう情報もちゃんと拡散してたから
    個人としては謝る必要すら感じなかった案件

    てかたまにいる事実なら~とか~が疑われているとか前置きをした人間に決めつけた!とかほざき始めるツイッター民がいるように、バカは前後を読まんからな

  • 629ななしのよっしん

    2020/07/25(土) 12:18:50 ID: znDF+Kr0fc

    なんか憎めない人なんだよなあ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/25(日) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/25(日) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP