今注目のニュース
マクドナルドが看板裏を「ミツバチの巣」に│スウェーデン
「雑務減らして練習増やす」「社内メール使いません」――東大アメフト部とメルカリの「Slack」活用術
「ポケットモンスター ソード・シールド」,「カモネギ」が進化した新ポケモン「ネギガナイト」が公開

杉みつ単語

スギミツ

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

杉みつとは、漫画みつどもえ」の登場人物である、丸井みつば杉崎みくコンビ、もしくはカップリングの通称である。

概要

共にツンデレで性格も似たところのある2人は、ことある事にいがみ合ってばかりしている。しかし、本当に嫌っているわけではなく、なんだかんだ言っていつも一緒にいるところを見ると、ケンカをするほど仲が良いを地でいく間柄である(本人達は否定するだろうが)。

2人の痴話の原因は大体決まっており、どちらか一方が相手に突っかかるのがほとんど。杉崎の場合はセレブであることを自慢する、みつばの場合は食べ物が絡むのがな原因である。大抵、ケンカを売った方が自爆するオチになる。

そもそもみつば杉崎が今のような関係になったのは、元々プライドの高い杉崎が自分と似たみつばを追い落とそうと、弱点を探りはじめたのがきっかけ。ところが、そのためにはじめたみつば盗撮的そのものになってしまい、すっかりみつばにご執心である。みつば同様、サディスティック女王様気質をもつ杉崎は、今ではみつばの恥ずかしい姿を撮るためだけに、わざわざで大掛かりなイベントを開いたり、精巧な氷の彫刻を作るなど、才能の無駄遣いとも言える努を惜しまないようになった。愛がなければできない

両者の関係自体、物語が進むにつれて大きく変わってきている。原作初期では、ふたば杉崎同族嫌悪から来る、まさにの仲であったが、次第にお互いのに遊びに行ったり、いざという時にはを合わせるなど、本当はお互いに認め合うケン友達になっていった。丸井三姉妹チーム杉崎は、今やすっかりグループ同士で仲良しになったが、これもみつば杉崎の不思議な縁が生んだ賜物である。

どちらかと言えば、杉崎みつばケースが多いが、逆パターンも少なくない。原作48生(アニメ11話)では、栗山先生包帯拘束されて身動きが出来なくなったみつばが、理科室の人体模型を見て杉崎が殺されたと勘違いしてパニックになり、杉崎事だと分かると抱きつき「生きてて良かった!」と叫んで号泣する話は、その代表例である(アニメでは、この直後に杉崎役の斎藤千和が熱演した超音波のような悲鳴も必聴である)。いずれにせよ、これからも2人はケンカしながらも、かけがえのない友情を積み重ねていくことであろう。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

みつどもえ
アニメ みつどもえ | みつどもえ増量中! | 本気戦隊ガチレンジャー
登場人物 丸井 みつば(長女) - ふたば(次女) - ひとは三女) - 草次郎
6年3組 担任 矢部智
チーム杉崎 杉崎みく - 吉岡ゆき - 宮下 - 松岡咲子
佐藤千葉 佐藤信也 - 千葉雄大
佐藤が好きで
しょうがない隊
緒方愛梨 - 伊藤詩織 - 加藤真由美
その他の生徒 犬口 - 田渕 - 本庄 - 虻川 - 沼南
家族 杉崎麻里奈 - 杉崎龍太 - 吉岡紗江子 - 吉岡純次
佐藤あかり - 千葉和実 - 緒方一郎太
教職員 栗山愛子 - 海江田先生 - 野田校長
ペット チクビ - チブサ
楽曲 1期 みっつ数えて大集合! | 夢色の恋
2期(増量中!) わが名は小学生 | ランドセリング☆

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2016/04/04(月) 04:20:19 ID: kfODdJyv6G

    2人とも、下に兄弟がいるから、面倒見が良くておせっかい。
    だから「発想」や「行動原理」が似てくる。

    あたしがやってあげるわよ」みたいに。
    それが、「なに?あたしり合うの!?」みたいに錯覚して、ケンカになる。

急上昇ワード

最終更新:2019/09/19(木) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/19(木) 00:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP