李氏朝鮮単語

リシチョウセン

掲示板をみる(65)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

李氏朝鮮とは、朝鮮に存在した王である。日本中国では統治者の姓から李朝李朝と略して呼称することもある。韓国では単に朝鮮朝鮮と呼ぶ事が多い(古代に存在した「朝鮮」を号とする(衛氏朝鮮など)は「朝鮮」と呼んで区別している)。
より近代に至るまで中国(明・清)の冊封であった。

概要

1392年から1910年まで(中国の冊封としては1897年まで)続いた朝鮮半島最後の王である。918年より半島を統治していた高麗を、武人のが簒奪して建した。首都は初期に開、後に漢城現在ソウル)。

当時、大陸では中心部の統治国家が大元から明へと変化しており、は簒奪後すぐに明帝国へ使者を送りその正当性を認めさせた。この際、号を高麗からめるように命じられ、明の洪武帝に「和寧」と「朝鮮」の2つの号を提案し、平壌付近の古名であった後者が選ばれたので「朝鮮」の号が採用された。

時より朱子学(儒教)を重んじ、仏教を弾圧する「崇儒」体制が採られた。前王高麗仏教を重んじていたため、それとの差別化を図る意図があったと言われている。

4代国王世宗の時代に王は最も繁栄したと言われている。現在ハングルのもととなる訓民正音の編纂が行われたのはこの頃である。も、官僚らの反対も強く訓民正音の普及はこの段階では限定的なものに留まっていた。

その後、王は王族と両班の権争い、更には豊臣秀吉の出兵(文・慶長の役、倭乱)や後(後の清帝国)による侵略(丁卯胡乱)によって大きく疲弊。特に後者の結果、清への従属を余儀なくされる。

1897年日清戦争の講和条約である下関条約により清帝国朝鮮への従権が失われ、号を「大韓帝国」とめる。これにより君も王から皇帝となった。

その後は日本による保護化が進み、最終的に1910年の日韓併合条約によって王は滅亡、日本の王族となった。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 63ななしのよっしん

    2022/05/05(木) 12:09:33 ID: AjSACV8Aq5

    ネトウヨらによって著しく貶められてる王やけど性理学や陶器の面で日本与えてるし活版印刷技術が発展したおかげで朝鮮実録などの膨大な記録を残すことに成功しとる。中国みたいに天文学の分野も熱心で研究が進んだんや。
    他にも建築技術に関して他に遅れをとるほど衰退はしとらん。二階建てのがないというのはデマで世宗実録に「二階で寝て風邪を引いた」という記録がある。そもそも二階建てのが少ないのはオンドルを作る上で不便やったからや。

  • 64ななしのよっしん

    2022/06/15(水) 02:13:44 ID: OSzCZJbLe6

    あのね重箱の隅をほじくるように物事を探して日本与えた朝鮮凄いじゃんってやめた方がいい
    大体上げてる性理学や陶器って元々中華発祥だし儒教原理義に染まって後半、明らか外交して亡の一因。日本の朱子学が実利の中で変化していって幕末を乗り切ったのとべれば…
    陶器も陶器で「李朝と信楽」々言われるけど美さは万里や久に技術的にかなわず侘び寂び的な美意識を確立できなかったからすたれていって袋小路。輸出用とされた焼き物以外でも日本の楽焼や食器なんかの世界への見るとね
    文に関しては日本より一世紀以上遅れてたんじゃないかな?
    大東輿地図って19世紀後半の地図あるけど地球曲面を考慮してなくてずれてるんだよね。図の正確性とべるとはっきりと劣る
    活版印刷は啓宗教革命があったから評価されてるんで朝鮮の活版印刷はその後の技術革新とかいし継承もされてないからあんまり評価してないんだよね。朝鮮実録の運用方法は面いと思う

  • 65ななしのよっしん

    2022/07/03(日) 00:08:25 ID: nL0ISORp51

    朝鮮に関しては理に良い所探し出しても
    逆に評価が下がるが多々あるんだよなあ、優れた焼き物技術に関しても
    腕の良い焼き物職人冷遇して日本に行ったら厚遇されて二度と朝鮮に帰ってこなかったとか
    アホオチついてるし

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/08(月) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/08(月) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP