東亜プラン単語

トウアプラン

3.0千文字の記事
掲示板をみる(59)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

東亜プランとは、かつて存在したゲーム会社である。

90年代前半の格ゲーバブルに紛れて倒産していった会社のひとつ。

概要

かつて存在した「オルカ」という会社のメンバーが設立した「クラックス」という会社が倒産した際、当時の販売代理店であった「東亜企画」が開発者4人を引き取り、ゲーム開発を始めたのが東亜プランの始まりである。しかし、東亜プランもすでに倒産しているのでその後継会社であるCAVEは3回倒産しているともいえなくもい。セサミジャパンを含めたら4回です…とか言わなくてもいいよね。

ショットボム」という現在の縦スクロールシューティングの基礎を作り上げた会社であり、その倒産を惜しむファンは今も多い。しかし、シューティングの高難度化による一般プレイヤーの減少を生み出したという意見もある。

東亜プランのSTGの特徴

つまりパターン性が強いSTGであり、学習による習熟が大きな攻略要素となっている。
不条理なようで何回もプレイするに従って上達し、最終的に安定したクリアが望めるのが魅

東亜節

東亜プランのSTGは基本的に「東亜」というノリで構成されている。作曲は東亜プランに在籍していたプログラマー上村建也弓削雅稔の二人が担当。東亜プランはプログラマー作曲も兼任する現在ではど見られない稀有な体制だった。

ノリの特徴としては、

これらすべてが絡み合い、非常に濃厚コッテコテらしい世界を生み出している。
趣味とも言われるが、しかし一部の人には濃くウケるものがある。

この東亜節は後継会社であるCAVEにも受け継がれており、CAVEの代表作である「怒首領蜂シリーズには東亜プランのオマージュが多数存在する。というか、怒首領蜂シリーズザコ敵はほとんど東亜アレンジだったりする。

主な作品

倒産、そしてその後

90年代に入ると度重なるロケテ荒らしによるゲーム難易度の上昇、
雷電」という直接的な対抗の誕生にともない、東亜プランは苦に陥ることになった。
また「弾幕系」の芽とも言える「BATUGUN」によって一筋の明が差したものの、結局東亜プランは1994年倒産することとなる。その際版権が散り散りになってしまったらしく、元社員ですら版権元の確認が困難な状況に陥っている。このため当時の作品が移植される可性は現在でもほぼゼロに等しい状況である。2017年に設立した株式会社TATSUJINが東亜プランの版権を所持している模様。

その後の同年5月に元社員達が株式会社タクミコーポレーションを創立、6月高野健一らが株式会社ケイブを設立。その他のメンバーバンプレスト子会社であるガゼルに移籍するが、後に瓦解した。
なお、元東亜プランの社員が移籍した会社は次の通り。

株式会社TATSUJIN

2017年5月弓削雅稔を代表取締役として設立。ビデオゲーム企画・開発・運営・販売、各種著作物のコンテンツ化等を事業としている。
東亜プランの版権を所持していて、実際に「東亜プラン ARCADE SOUND DIGITAL COLLECTION CDシリーズ販売」「ゲーム天国×TATSUJINコラボ」「iOSandroidゲームアプリの開発」「秋葉原HEYニコニコ生放送による東亜プラン系のゲーム配信」等が実現した。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/21(金) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/21(金) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP