東京メトロ7000系単語

トウキョウメトロナナセンケイ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

東京メトロ7000系とは、東京メトロの所有する通勤電車である。

概要

1974年に営団(当時)有楽町線が一部であるが開業した際に登場した車両である。デザインや機器等から、実質的に6000系マイナーチェンジ版と言っても差し支えない。

外装はほぼ6000系と一緒であるが大きな特徴として側面方向幕端部に取り付けられている事である。6000系ん中あたりに位置しているが、7000系西武線で優等列車に使用されることを想定して、種別幕が前面と側面に設置された。そのため側面は先頭を除き、両端に方向幕を備える格好となっている。しかし西武線との直通は時代が大幅に下ってからであり、折りしも方向幕LED化が進んでいた為、結局種別幕は使わずじまいとなってしまった。

内装はほとんど同一であり、キノコの貫通路もそのままであった。ドアは例によって爆弾ドアであり、平成に入ってからの車両爆弾であった。運転台は6000系と同一のツーハンドルマスコンである。

走行機器は6000系ベースとしながらも、より高効率のAVFチョッパを採用した。現在は在籍する車両全てVVVFインバーター改造されている。

保安装置は地下鉄関係のほか、西武池袋線東武東上線の保安装置を備えるため、屋根上には2本のアンテナを備える。

34編成が製造されたが、1983年の延伸時に5両が10両になったので初期は一部車両の大きさが異なっている。途中より更新工事も行われ、方向幕LED化やVVVFインバーターへの換装が行われた。

副都心線対応

副都心線開業にあたり、10000系の増備と共に7000系改造も併せて行われた。

改造となったわけではなく、減分と一部編成は改造されないままとなったりした。後は大部分はスクラップとなった。6000系が当時(2007年ごろ)、全車両健在という事もあり、鉄道ファンにとっては衝撃を与えた。その中でインドネシアに譲渡された編成も存在する。

また、副都心線非対応車両には体にYマークを取り付けて、有楽町線限定としていた。既にとなっている。

在籍状況

10両(6編成)

8両(15編成)

除籍(13編成)

運転区間

東京メトロ有楽町線副都心線から東武東上線森林公園まで、西武線側は池袋線の飯狭山線西武球場前、東急東横線側は横浜高速鉄道みなとみらい線元町・中華街まで乗り入れを行う。8両編成が多いので東急線直通で見かける機会が多く、各駅停車にも使われる。

人身事故ダイヤが乱れた場合は西武系統では地下鉄に入らず、地上側の池袋に行く事もある。東武東上線は設備等々の問題から途中で打ち切りになる事が多い。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

結構多いので項ごとに分ける。

東京メトロ関係

西武線関係

東武東上線関係

東急東横線・みなとみらい線関係

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/11(日) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/11(日) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP