今注目のニュース
「#家出少女」を狙う泊め男 SNS犯罪に遭った児童・生徒の約4割がTwitter利用者の現実
「俺好き」第10話、新ヒロイン・たんぽぽが「いいキャラ」とさっそく大人気
「エンジニアあるある」第41回昔作られたプログラムは、「秘伝のソース」と呼び、誰も触れたがらない。

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件単語

トウキョウサイタマレンゾクヨウジョユウカイサツジンジケン

  • 6
  • 0
掲示板をみる(189)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件とは、1988年から1989年昭和から平成に移る前後にかけて起こった連続殺人事件である。

正式名称は「警察庁広域重要指定117号事件」。犯人の名前をとって宮崎勤事件とも言われる。

概要

当時26歳の男性が、4歳から7歳までの幼い女児達を誘拐し、後に殺した事件。事件名を言われてもピンと来ない人の多くは宮崎勤の名を出せばどういった事件か思い出してくれることだろう。
己の身勝手な性欲と自己顕示欲のために年端も行かない女児を殺し、さらにその後、遺族の感情を逆撫でする行動をとるなど、その犯行は極めて残虐性の強いものだった。

その猟奇性と残虐性から、犯人の宮崎勤に対しては、検察側から死刑刑された。
しかし、物の多さ、弁護側が判中の精鑑定を申請し、鑑定のために審理が中断されたことなどから、審理は長期化した。
結果、1990年3月の初判から、第一審(東京地裁)で1997年4月死刑判決が言い渡されるまでに7年、最高裁判決(2006年1月)で死刑が確定するまでに、16年もの日を要した。
しかし、2006年1月17日最高裁宮崎の上告が棄却され、死刑が確定することに。宮崎から申し立てられた判決の訂正申し立ても、翌2月に棄却され、死刑が確定した。
そして、最高裁での確定からわずか2年5か後の2008年6月17日、法務大臣・鳩山邦夫死刑執行命により、東京拘置所にて、宮崎(没年45歳)の死刑が執行された。

※ちなみに、死刑囚の中でも確定からかなり期に執行された例としては、控訴取り下げで死刑が確定してからわずか1年で執行された、大教大付属池田小学校児童殺傷事件の宅間守がいるが、あちらは控訴を取り下げており、死刑期執行を望む旨を自ら表明していた。
一方、宮崎は一貫して無罪しており、最高裁まで争っていたことから、宮崎死刑執行は、歴代死刑囚の中でも異例のスピード執行として話題となった。

今、オタクに対する「事件起こしそう」などと言ったことに始まる偏見は、この事件を発端に起こったものであると言われている。

犯人が起こした主な殺害事件

  1. 1988年8月22日 - 埼玉県入間内にて第一の事件発生、4歳の女児Aを誘拐、殺
  2. 1988年10月3日 - 埼玉県飯能市内にて第二の事件発生、7歳の女児Bを誘拐、殺
  3. 1988年12月8日 - 埼玉県川越市内にて第三の事件発生、4歳の女児Cを誘拐、殺
  4. 1989年6月6日 - 東京都江東区にて第四の事件発生、5歳女児Dを殺

第一の被害者

歩道橋にて事件は起こる。宮崎は「涼しいところに行かない?」と女児Aを誘って、東京都八王子市の山行為を的に連れ込む。ところが、山の中で女児Aが急に泣きだしたため、午後6時30頃に幼女Aを押し倒して、絞殺。
23日、宮崎レンタルビデオ店でビデオカメラレンタルしてから殺現場に戻ると、遺体にイタズラをしながらビデオ撮影を行った。

遺体はその後、第三の事件で殺された被害女児Cのが「遺体だけでも戻って何より…」とったのを見た宮崎が、女児Aの遺体頭部を野焼きしたうえで、遺族に怪文字などと一緒に同封して返却した。
その後、手足の女児Aが殺されてから1年後、東京都五日市町の山にて発見された。

葬儀の際にも、宮崎は「今田勇子」名義で怪文書を送りつけた。その中には「(女児Aの)葬儀をあげてくださるとのことで、ありがとうございます」などを始め長々と記されており、挑発的な文面に遺族達はしく憤った。

第二の被害者

小学校の近くで発生。「を教えて欲しい」と迷い人を偽り女児Bに接近、誘拐した。そして、そのまま東京都八王子市の新多摩変電所まで向かい、そこから徒歩で日向峰まで行くと、午後5時頃に絞殺。その後宮崎は遺体にイタズラしていたが、その時点で女児Bは瀕死ながらも生きていたようで、痙攣したため恐怖を感じて逃走した。

第一の被害者同様、遺族に遺を送りつけようとしていたが、遺体の場所がわからなかったため断念した。この時の帰り道が脱輪し、通りがかった他のに救助をめたことで足がつき、宮崎が移動手段に使っている日産ラングレーであったことや、付けていたナンバープレートが3桁の数字であるなど、有な手がかりとなった。

から一年経とうかという時、遺体はこの時点で逮捕されていた宮崎の供述を元に、第一の被害者と同じ東京都五日市町の山衣類遺体が見つかった。

第三の被害者

被害者自宅団地付近で発生。遊んでいた女児Cに「温かいところに行こう」と誘って誘拐。で移動中、女児Cが泣き始めたため途中で停、「お風呂に入ろう」などと言ってを脱がせ、女児の裸をカメラで撮影していたが、また泣きだしたので午後7時過ぎに絞殺した。

遺体は殺から6日後と早急に発見された。横瀬川河川敷宮崎が遺棄した女児Cの衣類が見つかり、続いて遺体が名村の山で発見された。

この時の被害父親の発言が、意図せず宮崎に「被害者遺族へ遺体を送りつける」という行動を起こさせるきっかけとなってしまった。

第四の被害者

公園で発生。遊んでいた女児Dに「写真撮ってあげる」などとして近づき、で連れ出す。離れた場所に移動した後、ご機嫌とりにチューインガムを渡すも、宮崎女児Dに生来の身体障(手を回すことが出来ない)を笑われ、昂して絞殺した。
帰宅途中にレンタルビデオ屋でカメラレンタルし、帰宅後遺体の身体を拭いて綺麗にした後でイタズラを行い、いつものように撮影を始めた。

女児Dの遺体のみ、長らく宮崎の手元にあった。しかし、数日後には遺体の匂いがきつくなったため、宮崎女児Dの身体をバラバラに切断し、あちこちに遺棄した。
この時、頭部は頭髪を全て抜いたという。その間、女児Dの醤油をかけて食べたり、ビニールに溜まりに溜まった血を飲んだりなどした。

胴体は殺から5日後、宮沢霊園のゴミ箱にて発見された。 

二ヶ後、東京都多摩町の山宮崎の供述を便りに頭部の一部が発見された。

第五の被害者(未遂)

宮崎勤が逮捕された事件。7月23日東京都八王子市において「写真を撮らせて欲しい」と宮崎姉妹に近づいた。危険を察知したはすぐに帰宅してにこのことを報告、宮崎の後を追った。

の中で宮崎全裸女児を撮影しようとしていたが、ついに女児が追いついて身柄を取り押さえられ、さらに通報によって駆けつけた警察に現行犯逮捕された。

逮捕後、宮崎の自供によって上記の四つの事件が宮崎勤の手によって行われたものであると判明した。

事件の影響

冒頭でも記したように、この事件は、従来まったくと言っていいほど世間において認知されていなかった、「オタク」の存在を、極めて不本意な形で世に広めることとなった。
現代人がオタクに対して「気持ち悪い」「怖い」「犯罪者予備軍」といったイメージを持つ理由の一つは、この事件に際して行われた報道が強く影を及ぼしている(もちろん、一部のオタクの身勝手な行動はそれに上乗せされている)。

この事件がきっかけで、宮崎が好んで閲覧していたホラー系の映画自粛を余儀なくされてしまう。さらに今日までに至るオタクバッシングも相当に加熱していた。
宮崎勤の部屋は本やビデオにうめつくされ、特に本は床に山積みされていたが、報道はわざとな本を上に置いて取材を行ったとされる。ちなみに宮崎が所持していた約6000点ビデオや本の中で、関連の内容の割合はむしろ少なかったとも言われている。

それより何より、この事件で印が変わったのは「普段あまり立たない人」に対する印だろう。この事件が起きるまで、立たない(おとなしい)人が殺人事件を起こすはずがないというイメージが強かったが、この事件以降は「むしろ何を考えているかわからず、何をしでかすか読めなくて、恐ろしい」という印を植えつけた。

加害者のその後

犯行を行った宮崎勤は、供述で意味不明な内容を散々口走った。
「覚めない夢の中でやった」
ネズミ人間が現れた」
などといった発言を知る者も多いだろう。このため、責任の有審判されたが、結局宮崎勤に責任の欠如が認められることはなかった。 

宮崎はその後も反や謝罪の態度を見せることはなく、死刑確定後もその判定を不とし、判決後に出した著書では、むしろ「あほか」などと著したことで、遺族や世間の怒りは筆舌に尽くし難いものとなった。結局彼の口から遺族への謝罪や反の弁がられることは最期までなかった。

宮崎女児達を絞殺という形で殺していたが、当の本人は「怖い」という理由で殺刑を望んだ。しかし日本でそんなことが出来るわけはなく、絞首台へと送られた。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/13(金) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/13(金) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP