今注目のニュース
自衛隊の給水車3台が作業することなく撤収 県は「撤収指示は出してない」
「悪質です」 大工さんが注意喚起 現場をはなれたすきに…?
難易度高め。この中から1匹のヒョウを探し出せ!

東急5000系単語

トウキュウゴセンケイ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(42)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

東急5000系とは、東急電鉄鉄道車両である。

ガエル」の称を持つ1954年に営業運転を開始した初代5000系と、2002年に営業運転を開始した2代目5000系が存在するが、本項では2代目を中心に記述する。

狭義の東急5000系(2代)は田園都市線で活躍する車両すが、東横線を走る5050系、目黒線を走る5080系5000系ベースに製造された横浜高速鉄道Y500系についても記述する。

なお、同じ東急でも、8500系8090系などは全て「8000系」が正式な系式区分であるが、これらよりも全体的な差異が少ない5000系列ではなぜかきっちりと「5000系」「5050系」「5080系」と系式区分が分けられている。
ただし、設計変更による次区分は共通カウントとなっているようである。(例:5050系第1編成は3次の扱い)

概要

それまで東急線内で活躍していた8000系8500系などの車両は、陳腐化が進んでいたものの、オールステンレス車両であり更新工事を行えば半世紀近く使用することも可だった。

だが、制御装置などを含めた大規模な更新を行う場合、新を導入した方がよいのではないかという試算から新形式の導入となった(これにより80008500系更新計画は中止に)。

しもJR東日本では旧国鉄から継承した老朽化の進む車両を「重量半分・価格半分・寿命半分」という新しい設計思想の車両209系)を東急グループ東急輛製造などで開発していたこともあり、同時期のE231系体構造の一部を共通化し、なおかつ大量投入することによりコストダウンを行うことにした。

車両コンセプトは「人と環境に優しい車両」。東急電鉄内では「今後の標準車両」と位置付けられており、既存の車両バリアフリーメンテナンスフリー化が進められている。そのため、大井町線用の6000系池上東急多摩川線用の7000系も当形式がベースとなっている。

体はE231系ベースにした20m4ドアオールステンレス車両だが、地下鉄直通を前提とした車両のため裾絞りのない体で、前面に貫通を設置している。前面デザインは初代の5000系を意識したともいわれる。

内設備はE231系ベースにしたオールロングシートだが、ドア上に15インチLCD(液晶ディスプレイ)を2基設置し、右側で次の停ドアの開閉方向・乗換案内などを行い、左側では「TOQビジョン」と呼ばれCMなどの放映を行っている(5080系の一部車両LEDによる案内)。
なお、LCDは2011年度の編成単位での増備からワイ17インチに変更し、表示方法も大幅に変更されている。

すべての車両3000系同様、英語放送対応内自動放送を導入している。東横線所属については原則的に英語放送はカットされていたが、2011年7月25日から英語放送が復活した。
ただし、ラッシュ時などは「ラッシュモード」設定となり英語放送は省略される。

東急5000系列は、体構造こそ一部E231系と共通化されているものの、基本的な設計思想や機器類は3000系から引き継いだものであり、E231系とは全く別物である。ゆえに、一部で「E231系とほぼ同一の車両」「E231系コピー」などと言われることがあるが、決してそうではない(鉄道趣味誌でさえ勘違いしていることもある)。

電動機は同じE231系ベース相鉄10000系などと異なり、3000系と共通で出190kWのTKM-98TKM-99(両者は製造メーカーが異なるだけであり実質同じ)を使用している。台車3000系とほぼ共通のTS-1019A(M台車)・TS-1020A(T台車)となっている。

10両編成のE231系モーター95kW・4M6T)と5000系モーター190kW・5M5T)では、編成総出にして5000系E231系の2.5倍のパワーを持つ。2.5倍の出差がある車両を、「ほぼ同一」などと果たして言えるであろうか。地下鉄直通のE231系800番台(6M4T)と較してなお、1.7倍の出差がある。

これを8両編成でMTも同じ5050系(190kW・4M4T)で考えると、とあるハイスペックで有名な車両と全く同一の編成出叩き出す。それは「京急2100形(190kW・4M4T)」である。
アルミ体とステンレス体の重量差や体長など、5050系のほうが編成重量が重くパワーロスになる要素を含んでいるが、私鉄車両として極めて高性で知られる京急2100形と同じ編成出を持つ5050系は、一般電車通勤・近郊両方の設計思想を含む電車)の汎用であるE231系コピーであるどころか、通勤電車としては非常にハイスペックな部類に入るといえよう。

実際、東横線の運用では、日吉~綱間の1間(この区間は2.2kmあり東急最長だが、他の鉄道では一般的な間であると言える)でさえ、東横線最高速度の110km/hで走行できるほどに、全速度域において加速性は非常に良い。5050系の導入により、8000系列を東横線から駆逐し、日中東横線特急急行スピードアップを実現したのは、5050系の大きな功績である。

これが、鉄道趣味誌でられることのない、秘めたる東急5000系列の底である。

 

・・・が、2013年、新たな展開が5000系列に巻き起こった。

4月10日東急電鉄総合車両製作所ニュースリリースで、次世代ステンレス車両「sustina(サスティナ)」の第1号を、5050系として5月中旬に東横線に導入するexitと発表した。
ニュースリリースには5176Fの5号になる(と思われる)5576号写真が使われており、「レーザー溶接の多用による車両構造の変更」「ドアなどの凹凸し外の更なるフラット化」「アルミ並みの軽量化」「衝突安全性の向上」「製作工数の削減と制作費の削減」が図られているという。
元々足回りは独自仕様だったという事もあり、ここまで来るともはや「E231系ベースとした」とは言えない様相を呈してきている。

5000系

2002年5月に営業開始。10両編成18本、180両が長津田検車区に所属し、田園都市線半蔵門線の他、東武線内まで乗り入れる他、後述する6ドア3両化のあおりを受けてラインカラーなど東横線仕様に変更を受けて8両編成4本、32両が東横線元住吉検車区に所属している。
2007年当初発表された計画では2007年度から3か年で合計25編成の5000系を新造、計35本体制とする事とされていたものの、気悪化とJAL問題を受けてか計画がとん挫している。このため、残る8500系の置き換えは、2018年度から運用開始する全くの新形式である2020系が担うことになった。
なお、この計画変更については東急からは何のアナウンスく、問い合わせても「教えられない」の一点りである。(筆者調べ)

登場時には東武線に直通することが決まっていたことから製造当初より直通運転に対応している。

首都圏でも屈の混雑率を誇る田園都市線という路線を走るため、2005年より6ドアの組み込みが進んでおり、2012年3月正時点ではラッシュ時には長津田駅を7時台に発する準急(ただし7時台ラスト1本を除く)13本に専属的に充当されている。
なお、オール4ドアで運転する場合はその旨の構内アナウンスが流れることが多い。

2009年から従来の5・8号に加え、4号も6ドア車両組み込みになり、本家JRですらビックリの1編成中3両6ドアという編成が完成している。

なお、この組み替えにより2009年にまだ営業に入っていなかった5118・5119・5122Fは6ドアを抜き取られて、代わりに既存編成からねん出された4ドアサハを組み込むなどして8連化、東横線で営業している。
また、いったんは田園都市線で営業を始めた5121Fも、なぜか6ドア2両を抜き取られ、代わりに他の編成の4ドアサハを1両組み込み、デハ5921を外した上で東横線に転属させられている。なお、6ドア2両は新造された1両とともに5104Fに組み込まれた。

現在は15本の編成が6ドア組み込みとなっているが、平日の6ドア定運用は13本のため、他の運用でも最大2本6ドア組み込み編成が走る事がある。

6ドアの導入により、渋谷駅での停時間を短縮し、また渋谷手前で電車が詰まることが少なくなり、「1でもくお客様を混雑から解放する」所期の的を達成している。

なお「6DOORS」のステッカーは、わざわざ本家JR東日本から使用許諾を得たうえで同じデザインとしている。

ところがこの6ドア45両は田園都市線へのホームドア設置が決定したことで(2020年までに設置予定)、4ドアに置き換えられることになった。混雑緩和より、安全性を優先した形となるが、果たしてこれがどのように混雑に影するかが注される。

5050系

2004年4月営業開始。8両編成25本、200両が元住吉検車区に所属し、東横線みなとみらい線で活躍する。
将来の副都心線乗り入れをにらみ、後述の4000番台を含め9000系を追い出すべく現在備中である。

2010年度から副都心線直通のための改造が行われた(2010年度以降の増備は新製時から対応)。

5050系には世界初の設備がある。前面と側面の行先・種別表示にフルカラーLEDおよび白色LEDを導入したのは鉄道車両としては世界初である。

最近は副都心線直通に向けて、5050系や後述する4000番台が続々と東京メトロ東武西武に貸し出され各種調整を行っている。
なお、5155Fは9月7日副都心線04S運行で営業運転を開始している。東京メトロ10000系10104Fも同日に東横線08運行にて営業を開始しているため、直通開始前のトレード運行が実現した。
その後、定期的に車両の入れ替えを行いつつ、5050系のメトロ扱いでの副都心線系統運用、メトロ10000系7000系)の東横線内運用が行われている。

2013年度導入5176Fでは、上述の通り、サハ5576号が次世代ステンレスsustina」の第1号として登場した。

どうやら東急のお気に入りらしく、東急CMやポスターなど各種広告では大抵この5050系が写っている。

5050系4000番台

2011年に入り登場した5050系の10連バージョン。番号が5080番台に近づきつつあったためか、き番号である4000番台に区分されて登場した(東急デフレナンバーは8500系8090系に続いて3例である)。

同じ10両編成ではあるものの、5000系とは編成組成が異なっており、東京メトロ10000系に合わせた編成組成になっている。

2013年5月現在、10両編成10本が営業運転に就いている。
このうち4101・4102Fは暫定的にデハ4600・サハ4700の2両を外した暫定8両編成で営業運転に入っていた(外された2両は長津田検車区で絶賛ニートレイン中であった)。
4103F以降の編成は号表示や弱冷ステッカー女性専用ステッカーの貼り付け車両などから8両での暫定使用は行われないものと推測されている。・・・が、4103Fは8両化の上2012年6月29日より営業運転を開始した(外された2両の処遇は他と同じ)。
これらの暫定8両編成3本は2012年2月から順次長津田検車区回送され、10両編成に組成が戻された。
しかし、4103Fは2014年2月に発生した元住吉駅での衝突事故の影で8両運用の本数が不足したため、再び8両編成での運用に戻されている。(前面には「8CARS」と書かれたステッカーが貼られている)
その後2015年3月に重要部検を実施した際におよそ1年ぶりに10両編成に復帰し、しばらくの後に代わりに4102Fが8両編成化された(4102Fは2016年4月に10両編成に復帰)。

50504000番台においても、東武西武扱いによる副都心線有楽町線系統での営業運転が実施されている。
それとトレードされる形で、東武西武東急貸し出しも行われているが、10両編成のため東横線内での営業運転は行われていなかった。

2013年度新製分となる4110Fは内外を他の編成との差別化を図った特別仕様となり、「Shibuya Hikarie号exit」として2013年4月28日から運行開始した。通常の営業運転のほか、イベント列車としても使用される予定。

なお、西武線の直通運転の最も遠い飯能駅だが、そこから先の西武秩父方面は8両までしか対応していない関係で武蔵車両検修場への回送を除いて乗り入れていないのだが、2013年4102Fが西武秩父駅まで試運転を実施したことがある。この時のデータ西武40000系の座席列車に反映されたようである。

5080系

2003年3月に営業開始。6両編成10本、60両が元住吉検車区に所属し、目黒線や乗り入れ先の地下鉄南北線埼玉高速鉄道線都営三田線で活躍。

内表示機は5181F・5182Fは乗り入れ協定により2段式LED表示だが5183F以降は5000系5050系同様の15インチLCDに変更された。

制御装置は5000系5050系が日立製なのに対して5080系東芝製である。

ワンマン運転対応。現在は6両編成だが目黒線が将来的には8両編成での運転の予定なので8両編成化の可性もある。
現在計画されている相鉄東急直通線完成あかつきには、目黒線の8両化が計画されていることから、同線が完成する予定の2019年5080系も8両化されるかもしれない。

東急線内の複々線区間では5000系同士のデッドヒートが見られることも・・・?

Y500系

2004年2月みなとみらい線の開業に合わせて登場。8両編成6本、48本が元住吉検車区に所属し、保守管理は全て東急に委託されている。

基本構造はすでに登場した5000系2次ベースとしているが、体の塗色が特徴的で、「ヨコハマ」や「躍動感のある都市」をイメージしたグラデーションは強いインパクトを与えている。

音色こそ同じだがドアチャイム5000系列より半音ほど高くなっているほか、開く時と閉まる時で音程が異なるのが特徴。

なお、当形式も2010年度から副都心線乗り入れ対応工事が行われた。

5000系2次ベースのため、5050系にべると座席が固い(田園都市線5101~5106F・目黒線5181・5182Fも同様)。

関連動画




関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 40ななしのよっしん

    2017/04/24(月) 16:43:34 ID: 0fcvgGBV8e

    何で4000系と名乗らないのか

  • 41ななしのよっしん

    2017/10/20(金) 22:52:39 ID: qcxTMyscvo

    熊本にいたとき「ガエル」にはたまに乗ってたな
    21世紀になっても冷房付いてなくてグルグル回る扇風機だったわ

  • 42ななしのよっしん

    2018/07/14(土) 20:03:16 ID: 0neQQxBQwS

    ・15年近く増備されたため多岐に渡る形態
    ・田都6ドア導入に端を発する組換・番の応酬
    東横線5000系4編成の落成→東横線での営業開始までの経緯
    5170F~5172Fに混じる5000系初期仕様の中間(通称ボロサハ)
    番が足りなくなり4000番台デフレする5050系10両編成
    ・その4000番台にも混じる元5000系中間
    ・特別仕様4110Fヒカリエ
    ・サスティナ試作を組み込んだ5176F
    ・10年足らずで6ドア止→5000系各編成に挟まる新中間
    ・元住吉事故の代替として様々な新要素を引っ提げて現れた5177F
    ・元住吉事故の補償としてY500系へ編入された5156F→Y517F

    21世紀初出の形式としては規格外の沼の深さ

急上昇ワード

最終更新:2019/10/17(木) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/17(木) 17:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP