東方三英雄単語

トウホウサンエイユウ

1.5万文字の記事
掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
これは、乱世の英雄たちと、幻想少女と、
                とあるナギ宗教物語・・・・・・。

                                           「東方三英雄~幕開け」exit_nicovideoより

東方三英雄とは、東方Project戦国BASARAクロスオーバーさせた二次創作作品で、
幻想入りシリーズのひとつである。サブタイトルは「Hero's Faith.」。
作者軍艦鳥exit_nicovideo氏。

概要

作品系統は、立ち絵小説仕立ての文章で構成されたAVG形式。全5章構成。
章ごとに、まず幕開け(プロローグ)から始まってそこから主人公である
黒田官兵衛立花宗茂島津義弘それぞれを中心に据えた物語が順に描かれる。
(例えば第二章では、幕開け→官兵衛→宗茂→島津→官兵衛)
また、上記3名以外に幻想入りした武将が主人公外伝もある。

作中におけるBASARAキャラの設定や過去は3と3宴ベース(4以降の作品の要素もいくつかある)、
幻想郷東方キャラ時系列設定は神霊廟と‎心綺楼の間と‎なっている。
本作では幻想郷にザビー教の布教活動が起きて、一部の東方キャラも入信し洗礼名が与えられている。
そのためザビー教のカオスさが動画のあちこちに蔓延し、程度の差はあれキャラ崩壊も起きたりする。
また、登場人物の台詞のみならず地の文にもところどころパロディネタが織り交ぜられている。
ギャグ要素の多い作品ではあるが、原作においての設定や元ネタ・史実を活かした
人物描写とバトル描写も見どころのひとつ。

物語

 

が深く降り積もったを彷徨う一人の男がいた。
男の名は毛利元就戦国乱世の最中において安芸を統治している謀将だが
気が付くと何故か見知らぬ土地――幻想郷を歩いていた。
記憶気なまま人里へと辿り着いた彼は、かつて自らが入信していた
ザビー教の教祖・ザビーと思わぬ再会を果たすことになった。
人里の多くの住人はザビー教に入信しており、彼らは毛利に歓迎の歌を浴びせかける。
それを聞いた毛利はもがき苦しみ、内側に眠る「何か」を引きずり出されていった。

それから数日後、乱世に生きる三人の英雄がそれぞれ幻想郷に迷い込んだ。
両腕に嵌められた枷のめる不運の知将・黒田官兵衛
君に放逐され当て所なくを彷徨っていた仁将・立花宗茂
九州同盟締結に向けて行動を開始した勇将・島津義弘
各々の的のために幻想郷各地を行脚する彼らは、やがて幻想郷全体を巻き込んでいく
ザビー教とそれに対抗する者たちとの宗教戦争へ身を投じることになるのだった。


ネタバレ注意 アテンション・ザビー!
これより先の項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
入信手続きをしてからご覧下さい。
→入信する(動画マイリストへ)


主な登場人物

主人公~九州の三英雄

黒田官兵衛
四字称号機略重鈍(きりゃくじゅうどん
この物語メイン主人公で、非常に優れた眼とそれをかにぐ運の悪さを持つ厄男。
手枷のめて最上領に向かう中(3・官兵衛ストーリールート参照)
山中で「災い転じて」を使って転がり落ちたことで幻想郷へ迷いこむ。
そのあとに助けられ、枷を外すことと元の世界へ帰還することを最大の的として
幻想郷各地を行脚することになった。
本作では、彼の手枷と鉄球には大谷吉継によって強な術がかけられているという設定があり
如何なる具や攻撃をもってしても傷ひとつつかず、解呪も非常に困難な代物になっている。
大谷毛利四国の壊滅を強いられた事に強いトラウマを抱え、その事件をきっかけに
ザビー教に入信していた過去を持ち、ジョシー黒田という洗礼名を与えられていた。
枷を破壊して貰おうと紅魔館へ向かう途中、情報を得るために潜入した神子の仙界に閉されるが
仙界の封印が緩んだところを青娥にこじ開けてもらい脱出に成功、命蓮寺に辿り着く。
そしてザビー教との決戦に集った面々に対して策を使い、彼らの士気と結束を大いに高めた。
 
立花宗茂
四字称号白日(せいてんはくじつ)
「鎮西一の勇者」と謳われる仁将。度々心のツイートするのは原作同様。
ザビー教に傾倒する君・大友宗麟を諫めようとったため流しにされる(宴・宗茂ストーリー参照)。
小舟でを彷徨った末にっ直中の瀬戸内海へ迷い込み、そこで猿飛佐助風魔小太郎の闘いに
巻き込まれて小舟からに転落した後、幻想郷にある守矢神社の参へ流れ着いた。
早苗に助けられ守矢神社に連れられた後、神奈子からザビー教が人里に蔓延している事を聞き
対ザビー教への協を申し出る。
その後、早苗を伴って妖怪の山を下りる途中に官兵衛たちと会い、以後共同戦線を取ることになった。
しかし人里潜入作戦が失敗に終わったその晩、に現れた神子に心の隙をつけ込まれて洗脳されてしまう。
入信後はギャロップ立花として教団の忠実な戦士となって働き、旧都への侵攻布教にも参戦したが
の策略におびき寄せられた先の博麗神社にて、早苗神奈子との闘の末に打ち負かされ洗脳が解かれた。
自害しようとするも早苗神奈子らの言葉に救われ、その恩に報いるべく再びザビー教と戦うことを決意する。
命蓮寺がザビー教合奏団により危機にさらされた際には、早苗らとの奮闘により合奏団を撃破した。
 
島津義弘
四字称号必殺(いっとうひっさつ)
鬼島」の異名を持つ薩摩の猛将。
かつてザビー教に入信しチェスト島津という洗礼名を与えられ、サンデー毛利と並ぶ伝説信者と呼ばれていた。
の軍勢から故郷・九州を守るべく官兵衛や宗茂と手を結ぼうと(3・島津ストーリールート参照)
彼らの元に向かうために硫黄へ飛び込むが、移動した先が地底界は旧都にある温泉女湯だった・・・という
ラッキースケベ突飛な経緯にて幻想入りを果たす。
勇儀と戦った後に意気投合し彼女の助けを得て元の世界に帰ろうとするが、ザビーが幻想郷にいることを知って
彼と再会し、勇儀共々再びザビー教徒となって官兵衛たちを勧誘しようとした。
兵衛に破れて説得を受け、以降は官兵衛たちの側に着いて行動する。
勇儀と共に再度地底に赴いた際にザビー教の襲撃を受け、焦土となった旧都の惨状を見て
教団の暴挙を止めるために戦うことを決意した。
妖怪の山にザビー教が攻め込んできた際には、敵中央突破作戦を提案し
走伝部隊に加わって山を駆け下りた後に慶次一行と合流。彼らとともに命蓮寺へと辿り着いた。
 

幻想入りした婆娑羅者

※現時点でザビー教に入信しているキャラについては後述

武田信玄
四字称号覇王(せんじんはおう)
かつての武田軍総大将であった甲斐の虎
現在は病床にせっており、武将としての精が生霊のような形となって幻想郷三途の川に流れ着いた。
病により長らく戦から離れていたため、その弱体化している。
生死の狭間から復活する活を得るべく小町を相手に修行に励んでいたが
ザビー教から逃げ出し自棄に任せて襲いかかってきた屠自古を覚まさせた後、彼女に助を申し出た。
その後、小町屠自古と共に神子の仙界へと乗り込み、窮地に陥っていた官兵衛一行に加勢する。
布都の謀略により彼ら共々仙界に閉されていたが、脱出に成功した。
 
前田慶次
四字称号(けんれいごうそう)
上杉軍に士官している風来坊
かつての友・豊臣秀吉の死についてわだかまりを抱えていたが、しい人々の助言を受け
徳川家康との対話を果たし、現在は立ち直っている(3・慶次ストーリールート参照)。
京都花火祭にて花火として打ち上げられた自称無敵の同僚を捜しているうちに
幻想郷へ迷い込んでいたところを鈴仙に発見され、永遠亭に身を寄せることになった。
輝夜が打倒ザビー教に向けて行動を開始したのを受けて、彼女たちに同行することを決意する。
京都で知り合った宗茂の窮地を救い、彼らと合同で人里潜入作戦を決行した。
その際、窮地に陥っていたところをマミゾウに救出され、命蓮寺に匿われることになった。
マミゾウ情報を受けて赴いたプリズムリバー邸を探索しているうちに、ザビー教の拠点を発見し
慧音ヒゲ天使と交戦。ヒゲ天使の攻撃によって重傷を負うが、命蓮寺で治療を受け回復した。
そして「友垣」を守るべく、慧音とザビー教を止めることを強く決意する。
 

幻想郷の住人たち

※現時点でザビー教に入信しているキャラについては後述

チーム機略重鈍
鍵山雛
四字称号禍福(きっきょうかふく)
少女で、幻想入りして妖怪の山で倒れていた官兵衛の第一発見者。
あまりに並外れた厄を持つ官兵衛に対して強い興味と使命感を抱き、行動を共にすることを決意する。
戦闘では官兵衛の知略を活かし、彼と息のあった連携を見せる。
島津勇儀との戦いで、官兵衛の厄を転用し攻撃を増加させることを思いつくが、
攻撃後に周囲へ厄が振りまかれるというリスクがあるため闊には使えない。
兵衛の厄さにされてか、彼女自身もいろいろな災難を被っている。
仙界に閉された際、厄の受け渡しが出来なくなったことにより厄を溜め込む状態になってしまう。
の役を果たせないことを受けてのアイデンティティの崩壊や、仲間に災厄をもたらしかねないことなどへの
不安から悲観に陥り厄をひどくませるという事態を招くが、官兵衛らの説得により立ち直った。
兵衛鉄球掛けるのがお気に入り。巨乳
 
霍青娥
四字称号古蠢妖仙(こしゅんようせん)
非常に自己中心的な性格の邪仙。
芳香が官兵衛を引きずって来た際、その仕打ちに憤った官兵衛宣戦布告を受け入れ交戦し、
抜けので官兵衛の首を狙うも、大谷の術がかけられた彼の手枷にどころか傷ひとつ付けられず防がれた。
そのことがきっかけで官兵衛に強い興味を示し、彼らに同行することを決める。
「ある事」を確かめるために仙界に向かおうとしており、官兵衛の提案を受けて彼らを仙界へと導いた。
にかかり仙界に閉されるも、封印が弱まってきたところをこじ開けて脱出に成功する。
フリーダムな言動で敵味方問わず周囲をいじり、引っかきまわしている。メタ発言もしばしば。
 
宮古芳香
四字称号忠傀(えいれいちゅうかい)
青娥が操っているキョンシー
によって顔面に札が貼り付けられた官兵衛キョンシーと勘違いし、彼を引きずって青娥の元に連れてきた。
兵衛と戦った後、が官兵衛らに同行することにしたのに伴い、自らも一行に加わる。
普段は抜けているが、時に鋭い発言をすることもある。
 
チーム青天白日
東風谷早苗
四字称号(てんゆうしんじょ)
守矢神社に仕える現代っ子の風祝
神社の参に埋もれていた宗茂を助け、守矢神社へと連れてきた。
ザビー教への対抗に協を申し出た彼を手助けするため、行動を共にしている。
神奈子と対等に渡り合う程の量を見せた宗茂に尊敬の念を抱いており
また流しされた末に幻想郷という見知らぬ土地へと迷い込んだ彼の心中を案じて何かと気にかけている。
友人である霊夢がザビー教に入信したと知った際には強くショックを受け
以後は彼女を覚まさせることも的となった。
宗茂がザビー教に入信したと知った際には打ち拉がれていたが、魔理沙の叱を受けて立ち直る。
その後、の策略で博麗神社におびき寄せられた宗茂と対峙し、援軍に来た神奈子と共に闘の末
勝利を収めた。
 
霧雨魔理沙
四字称号彗行(てんせいこうくう)
魔法の森に住まう普通の魔法使い
香霖堂を訪れていたところを、そこに来た宗茂と早苗に助を請われて二人に同行している。
彼女鈴仙を助っ人に加えるのを提案したことで、宗茂一行は永遠亭に向かうことになり
結果として彼らと永遠亭の面々が共同戦線をるきっかけを作ることになった。
「腐れ縁」といているものの霊夢友人として大事に想っており、彼女を救いたいと強く願っている。
の策略で霊夢・宗茂・神子博麗神社におびき寄せられた際には、師匠魅魔と共に
霊夢と交戦するが、逃げられてしまった。
頭の回転が速く、一行のブレーン的存在としての活躍が立っており
命蓮寺がザビー教の侵攻を受けていた際にも作戦を立案し、その窮地を救った。
 
チーム一刀必殺
星熊勇儀
四字称号怪力かいりくらんしん)
地底に住まう、四天王の一柱。
幻想入りした島津に勝負を申し込み、自分と対等に渡り合った彼を気に入って
元の世界に帰る手助けをすることを約束する。
島津を連れて地上に出た直後に偶然ザビー教のビラを見て人里へ赴き、熱な歓迎を受けて
ノリ島津共々入信し、デュエルという洗礼名を与えられた。
その後、島津と共に地底へ布教に向かう途中に、立ち寄ったにとりにいた官兵衛たちを
入信させようとしたが、官兵衛に破れて説得を受けザビー教に対抗すべく協している。
旧都がザビー教の襲撃を受けた際には町と仲間を守れなかったことを悔やみ、
ザビー教を止めるべく戦うことを決意した。
妖怪の山にザビー教が攻め込んできた際には、走伝部隊に加わり隊士たちを守り抜いた。
 
八坂神奈子
四字称号独立不撓(どくりつふとう)
守矢神社られているの一柱。
ザビー教が人里に広まっていることを苦々しく思っており、宗茂が早苗に連れられた際には
ザビー教の手先と勘違いして問答用で襲いかかるも、宗茂のを前に御柱を叩きられて敗れた。
誤解が解けた後、対ザビー教への助を申し出た彼に同行することにした早苗の決意を受け入れ、
二人を送り出す。
神社を訪れた島津らが地底に向かうことを聞き、ザビー教布教の対策を取るために同行するも
後手にまわる羽になった。
妖怪の山にザビー教が攻め込んできた際には、山の防衛に当たろうとするも
から宗茂や早苗らが博麗神社に向かっているのを聞き、彼女と共に神社へ向かった。
その後、早苗と共に宗茂を闘の末打ち負かし洗脳を解くことに成功した。
 
比那名居天子
四字称号有頂天変(うちょうてんへん)
有頂天くずれ。
たまたま里の様子を見たら愉快そうな連中がいたからヒマ潰しに」という理由でザビー教に入信し、
ヴァレイ那名居という洗礼名を与えられていた。
強引に入信させた衣玖と共に増援の命を与えられて地底に向かっていたところ
温泉地帯で島津一行に遭遇し、教団から離反した粛正と称して島津を交えるが敗れ
二人して捕虜となる。
要石を一両断した島津の圧倒的な強さに恐怖を抱いていたが、彼と会話していくうちにうち解け
の稽古に付き合うようになった。
旧都がザビー教に襲撃された際に衣玖が取り込まれ、教団の暴挙に憤りを抱き
ザビー教との戦いを決意する。
 
チーム戦神覇王
小野塚小町
四字称号渡霊供(とれいきょうか)
三途の川の渡し守を務める死神うp主の嫁
に流れ着いた精体の信玄を発見するが、彼女が自分の狩り取りに来たと勘違いした信玄に
問答用で攻撃される羽になる。
誤解が解けた後に、見回りと説教に来た四季映姫から彼が元の体に戻れるよう協することを命じられる。
怠惰な性格で極度のサボり魔であり、信玄に付き合わされている武田式修練に閉口気味。
情に厚い一面も持ち合わせており、信玄が屠自古への助を申し出た際にも
死神としての立場から当初は反対するが、結局折れて自らも同行することを決めた。   
戦国時代に散っていった数多の人々のを渡していき、彼らの嘆きにを傾けていたこともあって
戦国武将」という存在に複雑な感情を抱いている。
映姫ラヴ
 
蘇我屠自古
四字称号(らいこうえんかく)
豊聡耳神子に仕える亡霊。
神子に伴って自らもザビー教へ入信することになり、ブリッツ蘇我という洗礼名を与えられた。
しかし他の信者たちとは異なり洗脳されておらず、やがてがザビー教に傾倒する現状に耐えられなくなり
にも告げることなく逃げ出した。
自暴自棄になって彷徨った末に賽の河原の近くに迷い込み、信玄や小町にやり場のない怒りをとして
ぶつけてきたが、体をって相対した信玄に敗れた。
覚めて憤が晴れた後に信玄の問いかけを受けて、自分の帰る場所を取り戻すことを決意し、
彼に助を請う。
仙界から脱出した後、神子の安否に対する不安に押しつぶされそうになるが
信玄の叱励を受けて立ち直り、決意を新たにした。
 
射命丸文
四字称号風神少女(ふうじんしょうじょ)
パパラッチ新聞記者を営む烏天狗少女
ザビー教の布教活動と戦国武将たちの幻想入りによって、次々と事件が巻き起こる幻想郷各地を
嬉々として飛び回る。
ザビー教が妖怪の山も狙っていることを知った後は、官兵衛ら対ザビー教勢に協しており
分担して行動している各武将一行の動きを把握しつつ、情報渡し役を務めている。
兵衛一行が仙界に探ることになった際に、自らも同行して仙界に行くことを決め
また信玄一行が仙界に奇襲をかけるよう働きかけた。
仙界に閉された際には、はたてに念写させて教団の企てを外に伝えさせようと報告書を作っていた。
その後も写真を通して、はたてたちに情報を送っている。
カプ厨の傾向強し。
 
チーム絢麗豪壮
蓬莱山輝夜
四字称号月華流麗(げっかりゅうれい)
永遠亭である月人君で、幻想入りした慶次を永遠亭に受け入れている。
鈴仙が勧誘に遭ったことと、慧音から助を請う手紙が送られたことをきっかけに
ザビー教と戦うべく立ち上がった。
爛漫な性格で身内想いではあるが、一方でドSな一面も持ち合わせており、
妹紅をして「からではなくサディスティックからやって来たのではないか」と言わしめる程。
命蓮寺に匿われていた際、神子人を傷つけられたことを知りしい怒りを抱く。
洋館へ赴き、その先で交戦したヒゲ天使咲夜の協を得て叩きのめした。
重傷を負った慶次が回復覚めた際には、安堵のあまりを流した。
ゲーマー
 
鈴仙・優曇華院・イナバ
四字称号朧月(げんろうげっけい)
永遠亭に住まう妖怪少女
人里にを売りに来た際に、ヒゲ天使率いるザビー教信者からセクハラ紛いの勧誘を受けて逃げ出した。
狂気を操る程度の能力」で精の波長を操ることにより、洗脳された信者を正気に戻すことができる。
大きな切り札となるであるが、これで妹紅らを正気に戻したことによって信者を奪われたザビー教から
敵視される羽になった。
 
藤原妹紅
四字称号火不尽(ほうかふじん)
に住まう蓬莱人少女
友の慧音と共にミスティア屋台を訪れた際、そこにいたザビーたちから歌を聴かされて洗脳され、
コニーデ藤原という洗礼名を与えられて入信した。
ヒゲ天使や人里の信者数名と共に永遠亭布教に赴いた際、で宗茂や輝夜らと相対し、
鈴仙で正気を取り戻した。
その後は永遠亭側に加わり、慶次の励ましを受けて慧音や人里の住人を助けることを決意する。
 
その他の住人たち
八雲紫
四字称号潜顕(げんむせんけん)
幻想郷の管理者であるスキマ妖怪
ザビー異変が起こった後もしばらくは冬眠していたが、眠りから覚め異変に対抗すべく行動を開始した。
幻想郷において最上位のを持つ大妖怪だが、不安定となった結界の維持に追われており
あまり身動きができない状態となっている。
稗田邸内で窮地に陥った宗茂一行を逃がした後ザビーと一戦交え、その正体を見抜いた。
策略により霊夢らを博麗神社におびき寄せた後、仙界に閉されていた官兵衛らの事を知る。
彼らを解放すべく神子をスキマに引きずり込み、闘の末に重傷を負わせ仙界の封印を緩ませた。
戦闘では、戦国BASARA世界から所有者が失われた武器を取り出して戦う場面もある。
 
八意永琳
輝夜の従者である永遠亭薬師で、永遠亭を実質的に仕切っている女性
屋敷の留守を預かっており、人里潜入作戦後は救出した里人たちを保護している。
ザビー野菜やザビーに対して実験サンプルとしての興味を示し、が人里からくすねたそれらを
持ち込んだ際には、調により「ある事」を発見する。
早苗魔理沙博麗神社に向かう際には、治療国士無双を渡して送り出した。
 
因幡てゐ
に住まう妖怪リーダー
永琳の手伝いをしたり、救出された人里の住人を永遠亭に迎え入れる手引きをしたりなど
裏方のような役割がとなっている。
人里潜入作戦失敗した日の、宗茂の護衛をしていた際に潜入した神子られ負傷した。
 
洩矢諏訪子
四字称号名存実亡(めいぞんじつぼう)
守矢神社られているの一柱。
神奈子ほどザビー教への敵愾心は持っておらず、常に飄々としている。
早苗や加奈子がザビー教への対策のため出払った後は、ひとり神社留守を預かっている。
ザビー教が妖怪の山に侵攻してきた際には、天狗軍団と共に山の防衛にあたった。
 
サニーミルクルナチャイルドスターサファイア
博麗神社の裏の大木に住まう光の三妖精
霊夢がザビー教に入信して神社がザビー教の手に落ちたことにより、魔理沙に転がり込んだ。
宗茂一行が人里に潜入する際に魔理沙に連れ出され、各々のを駆使して彼らの潜入を助けていた。
 
古明地さとり
四字称号傷心(しょうしんぼうろう)
地霊殿
旧都がザビー教に襲撃された際にと共に毛利布都と交戦した。
毛利の心を読み取って具現化させた「あるモノ」を使って、彼の動揺を誘い重傷を負わせたことにより
ザビー教を撤退させることに成功した。
 
火焔猫燐
四字称号轍爛屍伎てつらんしぎ)
さとりペットである火車
旧都がザビー教に襲撃された際には、さとりと共に毛利布都と交戦し
ゾンビフェアリーを率いて彼らの足止めに尽した。
教団が撤退した後に妖怪の山へ事態を知らせに向かい、そのまま山の防衛戦にも加わった。
 
姫海棠はたて
四字称号中飛躍(あんちゅうひやく)
新聞記者を営む鴉天狗少女で、文とはライバル同士。
人里の様子を探らせようと論んだ文に、勝負をけしかけられたことがきっかけで
ザビー教の事件に関わることになった。
仙界に閉されていた文の報告書を、彼女が念写で発見したことにより
教団の陰謀が妖怪の山へと伝えられた。
ザビー教が山に侵攻してきた際には、塞長率いる走伝部隊に加わって紅魔館に辿り着いた。
その後は、レミリアたちの戦として館に留まっている。
 
犬走椛
四字称号(さいろうていりつ)
妖怪の山の懲を務める、天狗少女にとりとは友人同士で、とも顔見知り。
幻想入りした直後の官兵衛が一着を起こしていた直後に現れ、二人を屯所へと連れて行った。
ザビー教が山に侵攻してきた際には、島津らと共に塞長率いる走伝部隊に加わって奮戦し
紅魔館に辿り着いた。その後、隊ともども紅魔館の戦となる。
 
聖白蓮
四字称号如法(にょほうぎょうこう)
命蓮寺の住職を務める尼
ザビー教に対しては表向き中立の立場を取りつつも、人里から逃れた里人を匿ったり
門下の妖怪たちに教団の内部を探らせたりしていた。
人里潜入作戦が決行された日の翌日、ザビー教に直談判に向かうも失敗に終わる。
教団の陰謀を知り中立を捨てて彼らと戦う決意をした直後、響子らザビー教合奏部隊の襲撃を受けるが
怒りの鉄拳制裁にて彼女を沈めた。
 
二ッ岩マミゾウ
四字称号僅有絶(きんゆうぜつむ)
強大な妖を有する、由緒正しい化け
白蓮に頼まれ、ぬえと共にザビー教の内部を密かに探っていた。
人里潜入作戦に失敗し追いつめられていた慶次一行を、布都に化けてその窮地から救う。
その後、白蓮依頼され宗茂の監視にあたり、博麗神社で宗茂らと早苗らの決戦の場に居合わせた。
決着後に宗茂一行を命蓮寺へ連れて行き、彼らと共に寺に侵攻していたザビー教合奏部隊を撃破した。
 
封獣ぬえ
四字称号夜空(やくうきょうきょう)
白蓮を慕う命蓮寺門下のひとりで、マミゾウ旧友
白蓮の頼みでザビー教に潜入し内部を探ったこともあったが、教団カオスぶりに精的にまいってしまい
ロクに成果は得られなかった。
ザビー教合奏部隊が命蓮寺に侵攻してきた際には、寺に向かっていたマミゾウや宗茂らに助けを
彼らと共に合奏部隊を撃破した。
 
レミリア・スカーレット
四字称号傲望侭(ごうぼうじんく)
紅魔館の当である吸血鬼少女
ザビー異変に対し長らく関わっていなかったが、調に赴いていた咲夜の報告を受けて教団の陰謀を知る。
長らの要請を受け、ザビー教との戦いに参ずることを宣言。
霧の湖周辺にり、教団宣戦布告した。
  
フランドール・スカーレット
レミリア
「ありとあらゆるものを破壊する程度の能力」を有しており、官兵衛はこので枷を破壊してもらおうと
紅魔館していた。
  
十六夜咲夜
四字称号乱麻(かいとうらんま
紅魔館メイド長
美鈴プリズムリバー邸の異変を察知したことがきっかけで、洋館周辺の調を開始する。
そこで慶次一行に遭遇し、彼らの窮地を救った。
  
ルナサ・プリズムリバー
プリズムリバー三姉妹の長女。
ザビー教が洋館への布教を行った際には、紅魔館に呼ばれてソロライブに赴いており
魔の手を逃れることができた。
以後も紅魔館に滞在しており、レミリア教団との戦いを決意した際には
彼女の一戦として加わることになった。
 
魅魔
四字称号久遠(くおんひょうこん)
魔理沙師匠であり、霊夢とも因縁を持つ悪霊。
に請われ彼女の策略に協し、博麗神社では魔理沙と共に霊夢と戦った。
その後は行動を共にしている。
  
森近霖之助
道具屋香霖堂」の店
具の名前と用途が判る程度の能力」を持ち、それによって店に訪れた宗茂の素性を察した。
輝夜に吹っ飛ばされたヒゲ天使が訪れた際にも、によって正体を見抜き
彼が記憶を取り戻すきっかけを作ることになった。
  
天魔
妖怪の山に住まう天狗たちの長。
本作ではアナゴ声の第六天魔王が代役を務めている。ただし中身や喋り口は別モノのおっさん。
ザビー教が山を狙っていることを知った後、気取られぬよう静を装いつつもも山の警を強化していた。
教団が山に侵攻してきた際は当初恐慌に陥るも、島津の献策を受け
山を防衛すべく自ら揮にあたり奮戦した。
配下に、慈悲深き怪僧が代役を務める大天狗や、
爆弾魔の梟雄似の塞長(本作オリジナル設定の役職で天狗軍団長)がいる。
 

幻想ザビー教団

ザビー
四字称号南蛮なんばんがどう)
ナギル」を合い言葉とする、ザビー教の開祖。
数日前に幻想入りし、行き倒れていたところを稗田邸に担ぎ込まれた。
その後、ザビー賛歌の洗脳効果によってく間に信者を増やしていき
人里の住人の大半が入信するまでになった。
幻想郷全土をザビ色のに染め上げることをしている。
(重大核心につき反転)その正体は、ザビー本人ではなくザビー教信者たちの信仰による小霊の集合体。
信仰が強まれば強まるほど強大なを得る存在であり、稗田邸内に侵入した宗茂一行を追い詰め、
に手傷を負わせる程の強さを見せた。
 
サンデー毛利
四字称号詭計智将(きけいちしょう)
ザビー教の戦略情報隊長を務めるタクティシャン
かつてザビーが戦国の日ノ本で布教を開始した頃に入信しており、伝説信者としてられていたが
後に正気を取り戻して棄教し、当時の記憶は秘めた黒歴史となっていた。
英雄幻想入りする少し前に何故か幻想郷へと迷い込み、辿り着いた人里でザビーや信者たちから
賛歌を浴びせかけられて「タクティシャンサンデー」として再誕する。
布教拡大の為に采配を振るう姿には、本来の冷酷な謀将の面が微もなく
教団内でも一番のキャラ崩壊っぷりとハジけっぷりを見せるが、知略の方は健在である。
(重大核心につき反転)実は信玄と同様、体を離れ幻想郷へと迷い込んだ精体。
兵衛に唆された大友宗麟の押しかけを受けて覚醒したサンデーの人格により(宴・宗ストーリー参照)
体から追い出された「毛利元就」の精が具現化した存在である。
幻想郷でも、ザビー教によってサンデー毛利として覚醒させられの信徒として生きることを
強いられているという状況に置かれているが、「毛利元就」の人格は未だ消滅しておらず
必死抵抗を続けている。
 
アルケー豊聡耳
四字称号(しょうどくどうし)
サンデー毛利双璧を成す大幹部であるアドミニストレーター。
人里で相談屋のようなものを開いており、その際にザビーのリサタルを聞かされたことがきっかけで入信した。
(タオ)の織り成す人の和をし、従者であるコロナ物部らと共に布教拡大を押し進めている。
(重大核心につき反転)霊を操るを持ち、ザビー霊なる欲霊を操って信者を取り込んでいる。
実質的な教団の「管理者」であり、今回の異変の中心人物。
教団とは別の的を胸に策謀を巡らせる。
 
コロナ物部
四字称号局統火輪(きょくとうかりん
アルケー豊聡心である、権謀術数に長けた士。
優れた知将であるサンデー毛利に敬意を抱き、彼と共に布教拡大のため策謀する。
クロス博麗教団に加わった後は、毛利合同で「モノノベノミクス」なる布教針を打ち出している。
 
プリマ稗田
幻想ザビー教団における第一の信者であるレコードキーパー。
行き倒れていたザビーが自らの屋敷に担ぎ込まれた際に、お礼と称してザビー賛歌を聞かされ洗脳される。
屋敷を教団の本部として提供しており、サンデー毛利アルケー豊聡に並ぶ大幹部となった。
合奏部隊を率いて命蓮寺に侵攻し、寺に集った対ザビー教勢の面々を追いつめるが
寺に駆けつけた宗茂一行に打ち倒された後、隊もろとも捕縛された。
 
クロス博麗
四字称号(こううんりゅうすい)
博麗巫女
特別布教と称してザビー率いる大勢の信者博麗神社まで押しかけた際に、
サンデー毛利アルケー豊聡を相手に戦うが敗れ、毛利の「賽銭箱の中身が溢れかえる」という言葉に
揺らいだ隙をつけ込まれてしまい、洗脳され入信した。
彼女の入信が「文々。新聞」で幻想郷中に広まったことによって、ザビー教は勢の増強に成功する。
また、博麗神社がザビー教の支配下に置かれたことで、図らずも三英雄幻想郷に閉じこめられるという
結果を生んだ。
の策略で博麗神社におびき出された後に魔理沙魅魔と交戦し、重傷を負った神子を連れて撤退した。
 
ファランクス上白沢
四字称号刻史(きょうじんこくし)
寺小屋の教師をしているワーハクタク女性で、妹紅友。
度重なるザビー教の勧誘を断り続け、寺小屋周辺の住人と共にザビー教への抵抗活動をしていた。
しかし、クロス博麗の入信で勢いを増した信者の攻勢を受けて入信してしまう。
プリズムリバー邸の側に作られた教団の拠点を歴史喰いので隠していた。、
 
サタデー永江
四字称号羅錦繍りょうらきんしゅう
天子のお付け役的存在である竜宮の使い。
界からの命を受けて地上に降りたところで彼女を見つけ、ずくで連れ戻そうとするが
逆に敗れて入信させられる羽になった。
天子に伴って地底に向かう中の温泉地帯で島津一行と戦うが、二人して敗北した後に捕虜となる。
島津一行に協するつもりでいたが、旧都襲撃の際にミッシング伊吹の攻撃により洗脳され
再度ザビー教徒として取り込まれた。
 
ミッシング伊吹
四天王の一柱。
クロス博麗が入信した日の博麗神社で催されたザビー教の宴会に紛れ込んだ際に
ザビーを口にし、その翌アルケー豊聡洗脳され入信した。
勇儀がザビー教に背いたことに対して憤りを抱いている。
彼女が単身土竜を使って旧都に乗り込んだことによって、それを好機としたザビー教が旧都に侵攻する
きっかけを生んだ。
妖怪の山布教の際には、入信させた旧都たちを率いて攻め込んだが
天狗たちのしい抵抗を受けて撤退した。
(重大核心につき反転)アルケー豊聡の手ほどきを受け、密と疎を操る程度の能力によって
ザビー霊を操る術を身につけており、瓢箪の中のザビーを口に含んでとして吹き付けることで霊を
散布させることができる
 
ジェバンニ河城
妖怪の山に住む河童少女で、とは友人同士。自宅にて三英雄合流の場に居合わせた。
英雄一行が去った後に官兵衛が落とした「土竜」の設計図を見つけ、仲間河童たちと共に
良を加えて完成させるが、その直後に自宅へ押しかけたミッシング伊吹布教(物理)を受けて
仲間たちごと入信させられる。
その際に「土竜」を含めた制作品を一切合財押収され、また彼女言によって
英雄ら対ザビー教勢の存在が教団側の知るところとなった。
以後、教団の下で様々なカラクリ兵器を製造している。 
 
直(SUNAO)・ローレライ
八目鰻屋台を営む
屋台を訪れたザビーたちのザビー賛歌によって、洗脳され入信している。
「歌で人を狂わす程度の能力」を持ち、洗脳効果を有するザビー賛歌との相性は最最悪といえる。
かつて組んでいたバンド鳥獣伎楽」の相方であるレゾナンスを勧誘し、ザビー教の下でバンド復活させた。
合奏部隊の一員として各地の布教作戦に従事していたが、命蓮寺侵攻の際に宗茂一行に倒され捕縛された。
  
レゾナンス幽谷
命蓮寺入門している山彦少女
かつて直・ローレライと共にパンクバンド鳥獣伎楽」を結成し、騒音被害を起こしていたが、
白蓮鉄槌を受けて解散していた。
ザビー教徒となった直・ローレライの誘いを受けて入信し、教団の下でバンドを再結成した。
合奏部隊の一員として各地の布教作戦に従事していたが、命蓮寺侵攻の際に白蓮鉄拳制裁を受け撃沈し
捕縛された。
  
ストロフェ・プリズムリバーエポード・プリズムリバー
プリズムリバー三姉妹の次女と三女
鳥獣伎楽」を加えたザビー教の布教ゲリラライブによって洗脳され、合奏部隊に加えられた。
各地の布教作戦に従事していたが、命蓮寺侵攻の際に宗茂らに撃破・捕縛された。
  
フォール秋オータムナル秋
幻想郷姉妹
ザビー教信仰の恩恵によって大幅にが強化されており、地底のとも渡り合えるほどになっている。
  
イグナイテッド霊烏路
さとりペットである地獄
その身に宿した八咫烏をザビー教に狙われ、旧都襲撃の際に灼熱地獄跡地に土竜けた
ジェバンニにおびき寄せられた後、アルケー豊聡率いる隊に洗脳された。
 
ヒゲ天使
四字称号啓染教(てんけいせんきょう) 怪跳躍(もっけちょうやく)
素敵天使自称する、ヒゲが自慢のザビー教大幹部。
信者たちからは「ヒゲさん」「ヒゲ殿」と呼びしまれている。
ある日、突然から人里の龍神像前に落下し、頭から地面に突き刺さっていたところをザビー教に発見され
記憶を失ってはいたものの生きていたことから、奇跡性を讃えられて天使として祭り上げられることになった。
アルケー豊聡記憶を失った自分を利用していることを知りつつも、自分の存在に「意味」を与えてくれた
ザビー教に対し感謝の念を抱いている。
道化じみた振る舞いのに、掴み所のない一面を隠し持つ。
慶次一行が洋館近くの拠点に潜入した際に交戦し、慶次に重傷を負わせるも
怒れる輝夜の壮絶な反撃を受けて吹き飛ばされた。その後行方知れずとなっていたが・・・。
 
幻想ザビー教団の信者・兵器
」の文字が書かれた袋を被った不気味信者たち。モノノベノミクス第三の矢として組織された集団。
人里の信者の中から、信仰心に篤く霊の素養が高い者が選び出されている。
モチーフ罪袋
(重大核心につき反転ザビーやザビー野菜などでザビー霊を体内に取り込み、アルケー豊聡から
欲霊を操る術を仕込まれている。
また、彼らの産み出す欲霊によって信仰をとする者たちを強化させることができる。
 
土竜
兵衛が設計・開発した大削岩重機
兵衛はこの重機の設計図を幻想入りした際にも持ち歩いていたが、
とのケンカにとりに落としてしまう。
にとりがそれを拾い良を加えて作り上げたが、直後ミッシング伊吹によって入信させられ、
土竜も押収された。 
その後、ジェバンニ河童によって何台も量産され、教団の強化に使われている。
 
メカザビー
ザビーを模して作られたカラクリ人形
かつてにとり魔理沙が共同開発したマジックシールドが用いられ、マスタースパーク級の攻撃を
防げるほどの防御を持つ。 
  

本編・外伝動画マイリスト

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/09(金) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/09(金) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP