今注目のニュース
美少女ゲームを対象としたクラウドゲーミングサービス『OOParts』のベータ版が配信開始。『MOON.』『ネコぱら Extra』といったタイトルがプレイ可能
飲み放題メニュー「ビール」とあるのに実は「発泡酒」 こんなの許して良いの?
性犯罪の刑法改正「すぐにでも審議を」 被害者の声、反映するよう求める

東方冥異伝単語

トウホウメイイデン

  • 2
  • 0
掲示板をみる(158)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

東方冥異伝とは、同人サークルはちみつくまさん」が制作した同人ゲームソフトである。

後にEX(本編後日談)を搭載し各部に良を加えた東方冥異伝・が登場。
更に、来る2008年コミケにて、更に追加要素を含んだ最終版東方冥異伝スラッシュバスターが登場した。

なおいわゆる二次創作なので本家(上海アリス幻楽団及び東方project)には一切関係がない。

概要

はちくまRPGシリーズの第五作(久瀬RPGは除外)である。大きく分けると次の3つのシナリオがある。

本編・・・主人公東方作品と同じく霊夢。敵も一部を除けば東方キャラなので、割と東方RPGに見える。
しかしはちくまクオリティにより多分にパロディが含まれるため耐性がないと厳しいか、高槻先生の活躍ぶりは必見。
本編といえどはちくまRPG難易度は健在、試行錯誤をしないと勝てないボスも多く、はちくまRPG新規の方は注意が必要である。
また、途中のダンジョン選択によってルートが分岐する、終盤のダンジョン仲間ラスボスと変化するが、EXの引継ぎの際に変更はないので好きなルートを選ぼう。

EX・・・本編の続き、主人公ルイージ東風谷早苗へと変わり守矢の神社から新たな異変へと挑む。
ぶっちゃけるとEXというよりかは後編であり、EXからが冥異伝の本番と言える内容である。
敵はToKまでの歴代作品に登場したはちくまキャラクターが後半は多数登場、歴代はちくまRPGでも上位の魔神が登場するなど、はちくまファンにとっても興味深い内容も多い、難易度もさらに自重しなくなるので覚悟が必要。
本編べると従来のはちくまRPGな展開が多く、はちくまプレイヤーにはニヤリとする演出も多い。

SB・・・(一応ネタバレ防止のため反転)
EXの後日談。主人公久瀬であり、久瀬の戦強化のためにダンジョンに挑戦する。
仲間久瀬を中心とした久瀬メンバーメインとなり、東方キャラでは本編EX仲間にならなかった大妖精小悪魔のみ
TOKでの地下ダンジョンと同じようなおまけダンジョンと言える内容である、本編EXで戦うことが出来なかった東方キャラたちと戦うことも出来る。 
久瀬キャラたちを使用出来る重なシナリオである。
ただし、ボス戦は本編EXと違い詰め将棋的な要素が強いのでゴリ押しでの突破は非常に困難となっている。
   

本編シナリオは基本的に「バキ」のパロディであり、
東方キャラクターバキの登場人物の役を演じていると言ったほうが適当である。
また、EXにおいては「喰いしん坊!」(漫画ゴラク)のパロディも多い。
以上の2作品を読めば大体パロディは理解できるはず。
魔神久瀬など、固有用や設定については今までのはちくま作品を参考。

説明した通り、純東方作品のRPGではないので、原作(東方的な)再現度等はほぼないに等しい(スペカ等で原作弾幕再現はあり)。
またはちくま作品では常連である「久瀬」「斉藤」「高槻」等、東方とは全く関係のないキャラクターも登場してくる、あくまでこの作品は「はちくまRPGシリーズの内の一つのシナリオ」という、今までのはちくまRPG作品と同じ位置付けである。

本作の特徴としてデッキシステムがあり、キャラクタ-のデッキの制限個数と重量を配慮すれば20個装備可など、緋想天のような装備システムを採用している(発売は冥異伝が先)、故に多くの装備品を大量装備することができ、装備するデッキによっても値や特性が変化したりする。

ただし装備に非常に手間がかかるなどのデメリットがあり、このシステムには不満点も多い(デッキ保存機などがないため)、またはちくま作品にしては、LVの上昇での干渉が非常に大きいので、LVを上げればゴリ押しでの突破も容易となる、新規には良いかもしれないが従来のはちくまファンには不評である。

前作TOKとは上記のシステムのようにかなり変わっており、PTも最大6人、自由成長の排除、仕様変更、属性やステ-タスの大量追加など、覚えるべき要素がかなり増えている。(ステ-タス項が多すぎ、成長の短小化などの不満点が大きかったためか、次回作はぢきせではTOKのようなスキルシステムに戻っている)


この作品に限らないが、はちくま作品は基本的にオリジナル設定等を含んでおり、
そのため原作崩壊度は群を抜いている。
東方二次創作ではあるのだが、原作とかけ離れた部分も多々ある。
よって、原作(東方)の世界観を大事にしたいと考える人はやらないことを強くオススメする。

また、冥異伝は2作AirRPGと4作TOKの間の時間軸となる物語であり(AirRPGからしばらくした後)、当初から東方シナリオとはまったく関係なくあくまではちくまRPG作品の時間軸の中の一つの物語という位置付けである。

故にTOKからのはちくまキャラや、AirRPGで登場したキャラ、お染みの久瀬斉藤など、過去作品をプレイしておかないとわからない内容が多いので、新規の東方ファンプレイするには厳しいかもしれない。
興味が沸いたのなら、KanonRPGからの歴代はちくまRPG作品をプレイしてみることをおすすめする。

主な登場キャラクター

霊夢本編主人公かつお染みの博霊の巫女
はちくまRPG初の女性主人公となったが、どこか周りしている感じがするのは気のせいだろうか。
バランスが取れているが(防御性が高い)、固有スペルでの補助が優秀なので補助キャラとして活用するのが一般的、本編EX両方で活躍出来る性である。
本編では、メガテンのごとく霊夢が除外(戦闘から離脱)されると強制敗北である、性が高いので気をつけていればそうそう除外されないが本編では注意が必要。

魔理沙→お染み魔理沙うふふ偽者も登場する。
マスタースパークどMP消費が高い固有スペルが多く、多様するとオーバーヒート中に攻撃を受けてあっさりとやられてしまう、基本は魔法や補助でバランス良く立ち回るのが吉。
特性インスパイア」で一部の汎用スペルを習得可、ただし習得率が物凄く低い(デッキで増やせるが1と0,5)ので、活用するには根気が必要となる。
一部の固有スペルが対ボスダメージ限界突破を持っているため、EX以降では根気良く育てれば1発屋として活用

咲夜→お染みメイド長、4作TOKと同様に出番が多く数々のイベントで登場する。
物理攻撃特化であり、防御はなので気を付けないとすぐにやられてしまう、豊富なデッキスロット数と強な固有スペル、時を飛ばす特性によりトップクラスのアタッカーとして運用出来る。
ネタバレ今作の久瀬四天王である、本編では仲間に出来ず、EXの終盤でPTに加入する。

妖夢→お染みのみょん原作に劣らず苦労人である。
構えを発動しないと発動出来ない固有スペルを多く持つ、結界や障視などの効果が付いているのがポイント
本編EXでは性が違い、EXではとあるイベントの影ステータスが大幅に弱体化している。
本編では非常に役に立つが、EXでは活用しづらいキャラクターである。(そもそもがいるし

うどんげ→なんと今作では付けという新事実が!
状態異常を得意とする変則アタッカー原則や魔攻低下などで戦闘を有利にすることが出来る、が得意であるため、人間系のボスには有効。

中国→名前でなんて呼ばれません、別名東サッカー主人公
防御性が高く、本編では役として活躍出来る、攻撃スペルも性的には悪くない。

アリスツンデレアリス東方サッカーで言っていた自立式の人形を遂に完成させた。
特性詠唱」が非常に強であり、全東方キャラの中でトップクラス言える補助キャラである。
デッキスロット数も多く、本編EX共に非常に優秀なキャラである。

パチュリーTOKから引き続き参戦のビスケットパチュリーTOKでの影喘息するために物理魔法も扱えるようになった。
アタッカータイプ魔法であり、防御面を気にせず攻撃していくのが基本となる。
デッキによっては、物理でも戦える。

レミリアおぜうさまTOKから引き続き登場だが、特定イベントでそれを思わせるシーンがある。
東方サッカーでの微妙な性とはおさらばし、今作トップクラスのアタッカーであり、多くの人が1軍で扱うことになるであろう強キャラクター
ネタバレ本編では仲間に出来ず、EXでPTに加入する。

フランドールさま、TOKから引き続き参戦、過去作品繋がりで色々なキャラと会話がある。
防御がな上にレミリア同様、戦闘でやられると除外されてしまうため、高い攻撃で敵を殲滅していくのが基本となる、固有スペルのレーヴァンイン系は非常に強

幽々子MILENEさんの
即死系を得意とするので雑魚戦で活躍する、ただし固有スペルの使い勝手から、に出番を取られがち。

→非常に強な補助キャラクター、全反射するミラーフォースや全体即死のなど、PTにいるだけで安心出来る性である、ただし習得経験値が半分というデメリットがある。
ネタバレ本編では仲間に出来ず、EXでPTに加入する。

早苗EXでの主人公霊夢よりよっぽど主人公しています。
霊夢に似ている性、基本的に同様の使い方が出来るので非常に使いやすい。

捏造屋新聞記者
速度が非常に速く、補助役として活躍・・・・・・・・はそうそうできない微妙な固有スペルが悩みの種。
魔理沙と同じく、インスパイア特性で持っている。

パシリ、ある意味EX主人公である苦労人。
攻撃、防御共に非常に優秀であり、妖夢上位互換というべき性
全体での援護、構えからの強スペルなど、非常に使いやすいのでEXではよりもよっぽど頼りになるキャラである。

斉藤はちくま作品恒例の脇役王、今作でもイベントで大いに活躍(うわらば)する。
ネタバレ本編では仲間に出来ず、EXでPTに加入する。

久瀬→お染み三ボス本編ではあまり出番はないが、EX以降ではキャラとして活躍する。
ボス戦での久瀬の猛な攻撃に、数多くのプレイヤー絶望を覚えること間違いなし。

高槻→参ったぁああ!!!こんなところに紹介されていいのかぁ!自制など効かない!
染みの天才本編での彼はまさに癒し系


関連商品

関連動画

関連項目

掲示板

  • 156ななしのよっしん

    2016/12/13(火) 10:22:24 ID: 96wKtMQAnh

    メディスンっ二つに引き裂いて殺す描写があるのはまずいですよ!

  • 157ななしのよっしん

    2018/12/28(金) 10:45:15 ID: Z4uDl+eos6

    すっごい今更だがホチキスアームストロング、クルップに関してはTOKの時点で既に出てたよ 名前も変わってない
    世界観というか、TOKがどれだけインフレしてたのか分かりやすく表現するため、元々中ボスだった彼等をボスとして抜した
    んでもって立ち絵も専用グラもないのは不味いだろうし、名前が一緒でも近かったアームストロングを起用した
    そんで同じ作品出身でも火の大佐ホチキス)、2人と接点があってかつ並んでも見劣りしないキャラとしてヒューズ(クルップ)になった
    とかそんな感じだと自分は思ってるわ
    大佐悪人面してたりクルップが卑怯だったりなのはエンヴィー変身してたときのイメージからじゃないかな 

  • 158ななしのよっしん

    2019/08/30(金) 00:21:26 ID: ktTVaON5h5

    ゲームシステムだけは本当に作だった

急上昇ワード

最終更新:2019/11/22(金) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/22(金) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP