今注目のニュース
Twitter、嫌がらせ対策“リプライを非表示”のテストを日本でも開始
台風15号で「屋根がふってきた」「車が傷だらけに」ご近所トラブル多発 弁償は必要?
急なおなかの痛み…その原因は?

東方BFT単語

トウホウビーエフティー

掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

よすどん氏の掲示板への描き込みより 東方BFTとは、ニコニコ動画では、にとりの絵本「ともだち」が有名な、同人作家よすどんの、新作同人誌東方焼漫航」 の英語タイトルBunng Fun Trip」の略。

SEから考えると、Bunng ではなく Burning なのではないかと思われるが、うp主漢字英語がお苦手らしいので、仕方ないね。 

概要

ニコニコ動画投稿された東方BFTは、同人誌東方焼漫航」で展開されるお話の端々を切り取った短編動画集となっている。内容は日本語タイトルからは想像も付かないほど大人しい。どちらかといえば、ハートフルな心温まるお話が多い(一部ハートフルボッコなお話があるかもしれない)。なお、動画「東方BFT」と同人誌東方焼漫航」では、内容は重複していない。

創作活動における駄を少なくするために、よすどんが考え出した手法なのだが、普段の「よすどん絵かき」と同時進行で東方BFTをうpしていたため、1日2つ以上の動画を上げることになってしまい、単純に作業量が増加し、企画倒れならぬ企画倒されになりそうだった、らしい。

また、「動画ではあるが、トレーディンカードのように集めたり探したりできるといい」という意図で製作されており、その為「動画タイトルはどの作品も"東方BFT"のみ」「動画説明文は一言しかない(マイリストはあるがマイリストの宣伝はせずこっそり置いておく)」「各話において時系列の前後が少ない(一部続き物があるが、基本的には一動画で一話完結)」などの特徴付けがされている。東方BFTの連載開始当初、このうちの「マイリストを宣伝しない」方針が視聴者に理解されておらず、「マイリスト開しない不親切なうp主」というレッテルを貼られかけたことがある。

初投稿6月3日から、最終回6月28日までの約一ヶで、合計20本もの作品を投稿(1本は修正版の再投稿現在削除)するという、幻想郷動画でもまれにみる連作で、特にシナリオの出来上がっていた15本までは、1日に1~2作品を投稿するという高速うpで、視聴者を驚かせた。
このため連載中は、「原稿描いたら即エンコ~脅威のうp速度~」などのタグが、毎回のようにみられた。

08年11月に開催されるイベント東方紅楼夢」で、東方BFTをひとつにまとめたCDが配布されるような話しも出ているので、識者の皆さまはチェックしてみるのも良いかもしれない。

同人誌「東方焼漫航」との関連

東方焼漫航には大雑把ではあるがストーリーが存在する。そのストーリー同人誌上で展開されるが、そのうちの一部(東方三識者いたずら 話)がクローズアップされ、ニコニコ動画として展開されている。ニコニコ動画投稿された一連の東方BFT作品を見ても、本作のタイトルが何故 「東方焼漫航」なのかは分からない。同人誌ストーリー完結を見て、はじめて「東方焼漫航」の意味が分かるようになっている。
(ただし投稿済みの「よすどんお絵かき」を見ていくとモロに書いてあるので、それを見てしまった場合は除く。ネタバレを防ぐ意味であえて書いていないが、深い意味はまったくない。むしろストレート

関連項目

関連動画

東方Bftに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

東方Bftに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

掲示板

  • 9ななしのよっしん

    2008/07/02(水) 17:14:51 ID: 0xK4rk0kUd

    >>8
    本人降臨キターーー!GJ

  • 10ななしのよっしん

    2008/12/15(月) 19:38:02 ID: agMXZAbca6

    動画トレカと同人誌についてどうしても書いておきたかったのでカッとなって更新してみたけど、どうも表現が冗長に・・・
    あと何が言いたいのか分からにい文章になってる気がしてならにい。

    東方BFTをひとつにまとめたCD~のくだりは、詳細分からず手を付けませんでした。
    東方BFTCDは出てないと思うんだけど、イベント行ってないので実際のところは何とも。

  • 11よsどん

    2009/08/25(火) 14:58:52 ID: hJMbGlptoG

    記事の追記ありがとう御座います。時期を外してのカキコ、御容赦を。

    BFTの企画には、BFT自体が終り、大分経った時の事を考えて作成を始めました。きっかけは突発的だったアイデアでしたが、書き始めてみると、シリーズ物の動画というのはその時見てしまって終りという事が寂しく思ったのです。(それらはブーム物なら何でも同様でしょうが・・・)

    何ヶ・・・何年か経って見てみると、「あ!こんな話も有ったんだ」等、再会した時にまた新鮮さが有ると良いな。それが発想の基点でありました。「トレーディングのような・・・」の表現はそこから言葉にしたのであります。それがピッタリのフレーズかと言われると微妙でして、今でもちょっと旨く表現できないです。申し訳ない。

    上記の基点のお話に至るのは、シリーズものには必ず次のリンクが有り、それを辿って全部見てしまったらそれで終り・・・それが嫌だったのです。マイリストをいつまでも作らなかったり(結果的には作ってしまっていますが)大したコメを入れてなかったりしていたのは、こういった理由でした。マイリストが欲しかった
    (省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

急上昇ワード

最終更新:2019/09/20(金) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/20(金) 14:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP