松明 単語

68件

タイマツ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

松明とは、照明などに使うために、手で持てるように木きれに火をしたものである。

トーチや炬火(きょか)とも呼ばれている。

送り火篭流しなどの御招霊の行事、オリンピック聖火リレー、ミサ、ジャグリングなどで使われる。

自由の女神右手に持っているものも、シンボルとしては有名。

ゲームでは?

間違っても、まつあきと読んではいけないと思ったり思わなかったり。

ありとあらゆる様々なゲームでも便利なアイテムとして出ており、大抵はアクション系やRPGなどで、暗い場所で明かりをしたりするアイテムとして利用されている。

しかしある種の例外として、どっかの魔界村では投擲武器として扱う騎士がいたり、とある戦場では明かりとしてだけでなく、敵兵士を殴ったり、燃やしたりする、果ては炎をしながら戦場のどん中で回転したり、ダンスをしたり、なんとなく北へ行ったり、「太陽ォォォォォォッ!!」と叫んで合成をする、『正気の沙汰ではない猿が存在する。

ちなみに彼く、「狭い場所での近接戦闘ならライフルよりも頼りになる」らしい。

兵士A「……なぁ、本当にそんなやつ存在するのk……ぐああっ!!!」(ボボボボボボッ)

ゾンB 「気をつけろよ、そういうやつには下手に近付かない方g……ギャアアッ!!」(ギュボボッギュボボッ

関連動画

  • 正しい用途

  • なんか違う用途

   

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/26(金) 04:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/26(金) 03:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP