今注目のニュース
3種のフルーツ×桃シロップ。 ミニストップのソーダは見た目もキレイ。
猫だらけのライブに参戦したら……? “アーティストも客もみんな猫”な漫画がめっちゃ楽しそう
ワイドナショーで松本人志さん「タピオカ店が かなり怒ってるので しょうがないな」 木下優樹菜さんに倣い「たかし」の縦読みを披露!?

松本零士単語

マツモトレイジ

  • 7
  • 0
掲示板をみる(78)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

松本零士とは、日本コスモ四畳半に住む大漫画家である。俗に松本御大と呼ばれる。英語表記はLeiji Matsumoto。Reijiって書くと怒られる。

銀河鉄道999などの原作者として知られるが、現在では著作権・意問題で揉めて名前が上がることが多いかもしれない。
日本著作権の保護期間延長論者の急先鋒であり、先の通り著作権・意問題で近年まで揉めていることが多いため、使用許諾についても揉めそうだという先入観をもたれているが、実はそうでもなく、礼を尽くして「男とはなんぞや」論(あくまでも松本零士主観であることに注意)を拝聴し、機嫌が良くなったらあっけにとられるほど簡単に許可が下りる。
ただ、拝聴時間がかなり長く、2~3時間だという説もあれば、たっぷり6時間はかかる説もある。[要出典]
とにかく、これだけで1日潰れるとの覚悟は必要。

(※以下本項は松本零士の言からニコニコ動画的にネタになりそうなエピソードを抽出し、松本漫画的な脚色で記述しております。)

誕生

限に広がる大宇宙。そこにはさまざまな生命の営みがある。希望・野心・戦い。それは地球人類の営みとなんら変わることはない。そして、この大宇宙の一部、銀河系宇宙のはずれ、福岡県久留米市で一人の漫画家松本晟(まつもと・あきら)、のちの松本零士が生まれた。

地球はまだこの事実を知らなかった。時に、西暦1938年

概要

幼少時代は愛媛県疎開などしつつ、貧困に耐えながら過ごしたようである。進駐軍の配るキャンデーを食べたいと思いながらも食べず(父親が陸軍戦闘機疾風」の元パイロットであったため進駐軍を嫌っていた)、に刺されたと思えば『見てろ、たんぱく質を取り戻してやる』といきまいハチノコなどを食べて飢えをしのぎ調子に乗ってスズメバチを刺されて『もう死む~』とわめく、などとこの時代にありがちなハチャメチャ加減である。父親から星空の上を飛んだ時の話などをよく聞かされており、これがのちに創作ベースになっていた。父親との関係は非常に良好であったらしい。

少年時代には北九州市小倉北区)に移り住んでおり、小倉高校1年生ですでに雑誌に連載を持つなど、同人漫画家として東京でも名の知れた存在になっていた。高校卒業後に出版社から「東京に雄姿を見せてくれたまえ(さっさと上して連載を受け持て、という意味)」と催促され上

小倉駅から夜行列車に乗ったときの所持品は漫画用の具一式と現700円のみ。汽車賃とその他現を捻出するために、買い集めたレコードと書籍を全部売り払って『(成功するまで)二度と帰らんぞ』と決意しての路であったという。

後には手塚治虫らとトキワ荘に住み込み、フジテレビの番組、『トリビアの泉』にもトリビアNo.391として採り上げられたエピソードとして、手塚から「チョコレート入りうどん」を食わされるなどの悪戯を受けつつ、手広く漫画を描いていく事になる。[1]

後の活躍はご存じの通りである。(スタブ

広島県呉市中心部のアーケード「れんがどおり」に、松本零士所蔵資料を提供して展示する『松本零士ヤマトギャラリー(仮)』が開設予定である。[2]

発言集

お年を召してからの松本零士の発言にはいろいろとクスリとくるものがあるので紹介したい。本項で挙げるもの以外にも多くの名言を残しているので必見。ただし、ホントかウソかわからない自慢話も混じっている。

関連動画

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *トリビアの泉で沐浴 » Blog Archive » トリビアNo.385~391 トリビアの種No.035exit
    http://www.oride.net/trivia/trivia385-391.htmexit
  2. *松本零士関連ニュース [02/11] 広島県呉市に松本零士ヤマトギャラリーがオープン予定/ [02/11] 「宇宙戦艦ヤマト エネルギー充填 波動砲ライトストラップ」2月発売exit
    http://www.leiji.jp/news/20100211.htmlexit
  3. *実際は小倉駅前商店の反対に遭い、ビルへのモノレール路線の直結が遅れた。
    サンポート高松 鉄道2駅の連携は-四国新聞社exit
    http://www.shikoku-np.co.jp/feature/tuiseki/004/index.htmexit
  4. *主人公少年星野郎の抱く未知の世界への立ちへの意気込みや、999号のモティーフになったC62蒸気機関車と客の長の描写等と言う意味であろう。
この記事を編集する

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/07/12(日) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2020/07/12(日) 16:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP