今注目のニュース
遺品整理から、日本全体が見えてくる 「孤独死のミニチュア」を作り続ける遺品整理人はなぜこの道を選んだのか?
橋本環奈、青髪になった姿にファン動揺 「何かヤバイ」
消費増税、20代独身者の過半数が「反対」 - 増収分は何に使ってほしい?

桂久武単語

カツラヒサタケ

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

桂久武とは幕末薩摩家老および明治時代の政治家

概要

保元年(1830年)、薩摩家老島津の五男に生まれる。長薩摩家老島津久徴(ひさなる)、次はお由羅騒動で自害した負。別名右衛門など。

安政2年(1855年)、久徴の養子になり、を相続。

安政4年1857年)からに出仕し、造士館演武係方などを務める。

文久元年(1861年)、長久徴の家老辞任の煽りを受け、奄美大島に転じられる。この時西郷隆盛と知り合い、事を談じ合う同志になる。

元治元年(1864年)、大付に任じられ、西郷大久保利通小松帯刀らに協

慶応元年(1865年)、家老加判役に昇進。

同年12月に上し、慶応2年(1866年)1月長同盟締結に立ち会う。2月末、坂本龍馬西郷小松らと鹿児島に帰還し、論を倒幕路線にまとめるため尽。翌慶応3年(1867年)、西郷と協して四侯会議を実現させる。

10月討幕の密勅が下されると内の佐幕を抑え、西郷の出兵を支援した。

維新鹿児島参政、都県参事、豊県権を歴任したが病気により辞任。鹿児島に戻り鉱山開発などを行った。

明治10年(1877年)、西南戦争が勃発すると、西郷の際に別れを告げるために訪れたがそのまま参戦し、大小二荷駄隊長を務める。

9月24日西郷らと共に山まで敗走し、西郷以下数十名と最後の進撃中に戦死。享年48

の記した『桂久武日記』は幕末維新史の重要な史料の一つとして知られている。

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2018/10/28(日) 11:44:51 ID: 3BXobiMKTK

    の記事がないのに
    特別な活躍もない久武の記事があって

急上昇ワード

最終更新:2019/09/21(土) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/21(土) 14:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP