今注目のニュース
キッズウィークの認知度、働く主婦の8割「知らない」 「親の方が休みにくい。子供が一人で留守番することになるのでは?」
アニメ好き女子アナ・藤田かんな「女子校出身の私は共感だらけ」 新作「女子高生の無駄づかい」
吉本興業社長、パワハラ発言は「和ませようと」「冗談で」 しどろもどろ会見にネットでは批判相次ぐ

桃太郎伝説単語

モモタロウデンセツ

掲示板をみる(88)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

もしかして: 桃太郎電鉄

『桃太郎伝説』とは、ハドソンから発売されたファミコンRPGである。発売日は1987年。『ボンバーキング』『ファザナドゥ』と共に、「マルシリーズ」の一本として売り出された。

概要

桃太郎伝説記念すべき桃太郎伝説シリーズの1作。構想そのものは『桃太郎電鉄』の方が先であったが、「まず一本作ってみないか?」というハドソンの提案をさくまあきら氏が受け入れ、本作の制作スタートした。

しかしさくま氏にはRPG製作のノウハウが全くなく、当時広告代理店に勤務してハドソンを担当していた桝田省治氏を強引に製作に参加させ、ついに完成にこぎつけたというエピソードがある。

導入部分・大筋は御伽噺「桃太郎」のものだが、他の物語金太郎浦島太郎かぐや姫他多数)なども混ざっており、それらの登場人物も出てくる。
登場する敵もだけではなく、妖怪動物も出てくる。倒すと「○○をこらしめた」と表示される。

当時のコンピューターRPGファンタジー作品が多かったため、この作品の世界観はしく人気を博した。のちにシリーズ化される。

基本的にギャグパロディが多く、「微笑みの大地」では名前と容貌が明らかにおかしい敵や、その地にある「微笑みの村」では当時人気のあったドラクエパロディまで出てくる。

和風世界観のため、レベルは段(最大45)、HPは体MPは技(体/技の数共に最大255)、経験値は心の数と表示される。他にも年齢があり、最初は6歳から始まり時間の経過と共に年を取っていく。
また呪文の代わりに「術」が登場する。これは各地にいる仙人の元へ行き、修行に耐えることで身に着けることができる(一定のお金を払う事で覚えられる術もある)。
バックアップはなく、「天の声」というパスワードを用いている。

ちなみにファミコン版の移植作としてX68000版桃太郎伝説がある。
移植作なのでファミコン版と基本的には同じだが、グラフィックや音質の向上があったり、データの記録方法は「天の声」ではなくセーブ方式のバックアップだったり、福のクイズに正解した時に「ピンポン」と効果音が鳴ったり、ファミコン版での那由他の仙人のふゆうの術が簡単に覚えられる方法等いくつかのバグが取り除かれているなど細かな違いがある。

リメイクとアニメ化

PCエンジンで『桃太郎伝説ターボ』という名前でリメイクされた。パスワード天の声はそのままだが、外部記憶装置(天の声2)を使用するとセーブが可になる。
さらにGBCにて「ターボ」と続編の『桃太郎伝説Ⅱ』を一つにした『桃太郎伝説1→2(1から2)』も発売されたが、文字の表示速度が変更不可・移動速度が遅い・メニューを開く/閉じる際に一々暗転が発生する等の問題点があるため評価は宜しくない。

また計二作アニメ化されている。『桃太郎伝説 PEACHBOY LEGEND』として1989年10月から一年間放送され、その後宇宙舞台にした続編『PEACH COMMAND 新桃太郎伝説』が半年間放映された。ちなみに、アニメ版を制作したナックは、この作品を最後にテレビアニメ制作を撤退した。

アニメオリジナルレギュラーキャラとして龍神太郎が登場する他、オリジナル要素として、戦闘時に桃太郎たちが「変化テクターと呼ばれるプロクターを身につけるという設定がある。当時流行していたクロス物の流れをんだとされる(鎧伝サムライトルーパーに影されたとの事)が、その姿はどちらかと言えば(同じく当時流だった)SDガンダムに似ている。中盤からはお伴の動物合体することでさらにパワーアップし、「」ではよりヒロイック「Gメタルが登場した。
タカラ(現タカラトミー)から桃太郎金太郎の変化テクター着脱フィギュアが発売されたほか、童友社から変化テクターとGメタルプラモデルが発売された。成形色が滅なのはご敬。

なお、第一期「桃太郎伝説」のほうは51話中24話までしかビデオ化されていない。
アニメ部分はWikipediaより)
2010年に全51話を収録したDVD-BOX2巻が発売されるというニュースがありファンの間で話題になったが、販売会社が発売前に倒産(正確には民事再生法適用)したため発売中止となってしまった。
さくまあきら氏によると、販売を予定していた会社は、版権元に許可を取らず勝手にDVD化して販売しようとしていたらしく、もし発売されていたらされていたで権利関係がややこしくなっていた可性があるらしい。)

作画崩壊話題に上がる事が多いナックだが本作は全体的に準的なクオリティが保たれており、変身シーン作画演出も含めて一見の価値あり。全裸(ち○こ丸見え)になるのが、ごく一部で話題になったらしい。
放送終了後もサンテレビなどで何度も再放送されていたため知っている人は意外と多い。
OPテーマ変化で行こう!」はさくまあきら5分くらいで作った曲らしい。

プレイステーション・Windows版 

1998年12月23日プレイステーション版が5800円で 発売され、後にWindowsにも同じ内容で移植された。
(1999年11月18日には【廉価版】The Best for Family として2800円、 2002年07月11日には【廉価版】PS one Books として1800円で発売されている。)
ストーリーは一作FC版に準拠しているが、 PCエンジン版「桃太郎伝説II」の内容も含まれるようにリメイクされている。FC版・PCエンジン版の「伝」ファンや、「桃鉄ファンには新鮮な気持ちでプレイできると思われる出来になっているが、システムストーリーに対して賛否両論である。ここでは、旧作と異なる点を長所・短所に関わらず記述する。 

モバイル版

2011年携帯電話版の桃太郎伝説モバイルが配信されている。当初は4月18日配信のDoCoMoのi-モード4月28日ソフトバンクの配信のみの配信だったが、遅れること8月11日auでも配信された。 配信されているのはフューチャーフォン、(ガラケー)のみでスマートフォンでは配信されていない。

その他

  • 最強パスワード「ふ」(1文字)、サウンドテストパスワード「す」(1文字)、「すべてのてき」(画像閲覧モード)など変わったパスワードがある
  • 最強の術「だだぢぢ」よりも、必ず会心の一撃が出る「ろっかく」の方が使い勝手が良い
  • 術の会得方法は変わっていて、「きんたんの術(体を回復する)」を教えてくれる「いっかく仙人」や「ろっかくの術」を教えてくれる「だいちの仙人」など普通なもの(戦闘勝利)から長い話を聞き続けなければならない「ダメ仙人(まんきんたんの術)」、10000両支払うと「ほうひの術」を教えてもらえる「ひとりでも仙人」などがいる。
    • しかも「ほうひの術」はクリアに絶対必須(これを会得しないと重要アイテムが入手できない)。
    • また「だだぢぢの術」を授けてくれる「むげん仙人」は話しかけると別の場所へ3回飛ばしてくる(4回でやっと教えてもらえる)
  • 一部の状態異常はきんたん(まんきんたん)の術で回復できる。
  • ラスボスは全快アイテムを使ってくる。FCDQ2シドーDQ5ミルドラースと同じ。
  • マップが広いのにドラクエと異なり「船」がいので移動が大変。洞窟もとても広い。子供向けとは思えない難易度
  • クリア後に速移動+上移動できるおまけモードがある(電を切るまで有効)。
  • 年齢が一定値以下(8歳以下)だと希望の都にある「女湯」に入ることが出来る。

エピソード

モバイル版がリリースされた記念として、2011年4月26日ニコニコ生放送公式の番組「帰ってきた『桃太郎伝説』~8時半だョ!全員集合~」が放送されていたが、この番組内の22分付近で、さくまあきら自身がファミコン版で有名な「ふ」の天の声は狙って作ったものではなく、単なるバグであったと発言している。

また番組内で堀井雄二が協者として関ってると発言しているが、依頼の手順は企画書に協者として名前を載せハドソン企画を通したその後に、事後報告として協の依頼をしていた。
ちなみに堀井雄二ドラクエ3製作期間中にテスターやデバッガーをしていたらしい。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP