今注目のニュース
ストローになる「コロネクッキー」、ブルボンが開発
Nintendo Switch版『リトルバスターズ!Converted Edition』の発売日が4月23日に決定。予約特典にはスペシャルドラマCDが付属
「機動戦士ガンダム」の迷彩柄連邦軍マークが入ったジップパーカーが登場!

桃山みらい単語

モモヤマミライ

  • 14
  • 0
掲示板をみる(91)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(14)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

番宣みらいちゃん

桃山みらいとは、アニメおよびゲームキラッとプリ☆チャン』の登場人物である。誕生日7月12日デコレーションケーキの日)。
CV林鼓子

きらりヶ丘中学校1年生好奇心旺盛なわりに引っ込み思案で、自分からグイグイ前に出るのは苦手。幼なじみのえもに引っられて行動することが多い。人が普段は気づかない"キラッときめく良い所"を見つけるのが得意。趣味はヘタウマなイラストを描くこと。
口癖は「キラッ」。

~公式サイトキャラクター紹介(14話以前)より~exit

きらりヶ丘中学校1年生幼なじみのえも、同級生のりんかと3人でグループミラクルキラッツ」を結成する。
好奇心旺盛なわりに引っ込み思案なところがあるが、基本は前向きで明るい性格。
人が普段は気づかない“キラッときらめく良い所”を見つけるのが得意。
自分で考えたオリジナルキャラ「みらキャラ」を描くのが趣味
口癖は「キラッ」。

~公式サイトキャラクター紹介(15話以降)より~exit

きらりヶ丘中学校2年生。幼なじみのえも、同級生のりんかと3人でグループミラクルキラッツ」として活躍中。
人が普段は気づかない“キラッときらめく良い所”を見つけるのが得意。
自分から前に出ることは少ないが、いざという時にはみんなを引っぱっていける強さを持っている。
最近はコーデデザインにも興味が出てきた?
口癖は「キラッ」。

~公式サイトキャラクター紹介(2年目)より~exit

初登場は今年は映画タイミングがずれたので、直前に発売されたNintendo Switchソフトプリパラ オールアイドル パーフェクトステージ!』である。

キラッと☆私の概要書いてみた

きらりヶ丘中学校1年生→2年生(53話以降)で『キラッとプリ☆チャン』の主人公
なお家族構成は、ケーキ屋「パティスリーラペーシュ」の店を務める母親CV浅野真澄)、劇中ではだれも同一人物とは気づいていないが口笛が特徴の都市伝説ホイップさん」と化しているに不在の父親口笛担当:くちぶえ村の村長)、桃山ひかりの4人家族である。

どこにでもいる普通の中学生…のはずだったのだが、ひょんなことから幼馴染萌黄えも赤城あんなへの対抗心で「プリ☆チャン」を始めることを決意したために、一緒に「プリ☆チャン」を始めることとなった。

好奇心旺盛なわりに引っ込み思案、とあるように自分から積極的に行動に移るタイプではないが、えもがいざ「プリ☆チャンデビューという土壇場で緊し怖気づいてしまうと、緊をほぐして一緒に「プリ☆チャンデビューをする芯の強さも併せ持っている。

歴代の主人公勢と同様「キラッ」という口癖を持っている。また、前述したゲームでは他にも「~ッと」、「やってみた」、「キラメキ」、「ガクメキ[1]トキメかないの意であり、兵一歩と林鼓子の対談によると、シリーズ構成の兵一歩は本編でも使おうとは思ったもののあくまでもオーディション用の仮台詞だと捉え、最終的にネガティブな口癖はいらないとオミットしてゲームのみに残ったとのこと)」といったセリフボイス付きで収録されている。

趣味はヘタウマなイラストを描くことで、自分の生み出したキラッCHUをはじめとしたみらキャラには着を持っている。
また、他にも特技ともいえるキラースマイル大人をも笑わせるほど場を和ませる効果を持っている。
加えて、三半規管がずば抜けて強く、26話では絶叫マシンを一人だけノリノリで楽しんでいた、84話では宇宙飛行士訓練用の機械を笑いながら余裕でこなしていた、等の描写がある。

また、好きな食べ物はケーキうなぎ[2](「三森すずこアニソンパラダイス」での林鼓子の発言によると焼ではなく蒲焼らしい)である。

彼女の初登場作である『プリパラ オールアイドル パーフェクトステージ!』では、プリパラ世界に飛ばされることに。主人公プレイヤーキャラ)とともにプリパラ世界に煌めきを取り戻すという体験を通して、『プリパラ』、『アイドルタイムプリパラ』のアイドルたちから教えを受け自身をよりかせていくという、前作の真中らぁらも通った試練を課される。華園みあまっすぐさに感化されたり、ミーチルカリスマ性に惹かれてプーミン化したりとやや影を受けやすい側面も…?

私のこれまでについてまとめてみた

引っ込み思案だったみらいだったが、萌黄えも、のちに加わった青葉りんから『MiracleKiratts』の活動、そして時に友達時にライバルとして何かとちょっかいを出してくる赤城あんな緑川さら紫藤めるら『Meltic StAr』の3人との交流を通して、様々なことにチャレンジしていくこととなった。

その結果、当初は『でたとこ勝負』に「いまいち立たない」と分析されるほど手だったにもかかわらず、本来持っていた好奇心旺盛な側面が爆発。今まで挑戦しなかったことに積極的に「やってみた」しようとするようになる。

と、ここで憧れの存在だった白鳥アンジュがまさかの引退宣言をする。アンジュ本人に問いただそうとしても本心は聞けず、みらいはひとまず自分の思いを伝えようとアンジュとのライブ勝負に臨んでいく。そして『MiracleKiratts』、『Meltic StAr』の6人でついに奇跡を起こし、アンジュの説得に成功したのであった。

こうして新たなを歩き始めた各々であったが、みらいはこれまで以上に積極性を持った新たな自分にステップアップしていた。

キラッCHUについて紹介してみた

彼女が作ったみらキャラのうち、「MiracleKiratts」のマスコットを務めるため、劇中ではもっとも露出の多い存在である。現実世界においてもペアチア以来脈々と続く、プリティシリーズマスコットキャラクターを務める(なおグッズによっては他のみらキャラが一緒に描かれることもある)。

ただし、これまでのマスコットと異なるのは、『キラッとプリ☆チャン』における現実世界には存在しない、という点である。そのため、アニメ中ではこれまでと異なり、特に実体化してしゃべる、といったことはない(着ぐるみとして本来は存在しない手足をつけられ、パレードに参加するといったことはあるが)。

ところが、2年に入り七星あいらからデザインパレットを受け取ると、すっかり夢中になったみらいキラッCHUがガイドを務めるようUIを設定する。さらに66話にて、だいあからの誕生日プレゼントとしてこのキラッCHUは、デザインパレットから実体化する一種のAIとして魔改造され(Siriのように本当にAIなのか、ガワのみでかの制御下にあるのかは不明)、微妙に『キラッとプリ☆チャン世界にもいると言えなくもない存在と化した。

なお、こちらの現実世界ではライブ中の「SUPER CUTIE SUPER GIRL」のコールの予告を務めたり、『キラッとプリ☆チャン』第5弾「キラキラ!せかいのアンジュ」以降追加された『キラッCHUポイント』を獲得した際「キラッCHU」と鳴いたりするなど、セリフらしきものが存在する。

私の余談を書いてみた

私の関連動画紹介してみた

私の関連項目書いてみた

脚注

  1. *ゲームや筐体で確認できるように口癖設定があるにもかかわらず、アニメ中では一度も用いられていないことはスタッフからも気にはされているようだ
  2. *中の人である林鼓子浜松出身であることから来たようで、「プリ☆チャンラジオ」によると、設定があったにもかかわらず18話のでたとこ勝負の見せたプロフィールに記載がなかったことを林鼓子摘した結果、アニメでもたびたびアピールされるようになったとのこと

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/25(土) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/25(土) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP