今注目のニュース
フワちゃん、『ZIP』出演時の様子を公式に謝罪 「これは放送事故」の声も
「むやみやたらと数を増やせば、困る人たちがいる」PCR検査をめぐる議論にカンニング竹山が違和感
“猫”っぽくなってきたカワウソさん!? 猫と一緒に猫じゃらしを狙う姿がほほえましい

森崎有三単語

モリサキユウゾウ

  • 14
  • 0
掲示板をみる(192)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(14)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

そう何度も抜かれてたまるかー!

森崎有三とは、漫画キャプテン翼』に登場するSGGKである。

概要

に住んでおり、修哲小のメンバーである。アニメのJのみ越小となっている。
アニメ版の声優上村典子(初代)、阪口大助(J、小学校時代)、上田祐司(J、中学校以降)、近藤隆2001年版)、畠中祐2018年版)。

小学生編 マッハシュート(他称)によるトラウマ

若林の怪の療養の為に先発出場した初戦の島田小との試合で守備との連携が上手く取れず失点してしまい、南選手の油断、等の悪条件が重なり、さらに追加点を奪われ苦戦するが、それ以上の失点は許さなかった。

地区大会決勝、若林の怪が悪化してしまった為、予選ブロック以降は正ゴールキーパーを任される。
日向小次郎森崎の顔面めがけて撃ったシュートにより、ボールに対する恐怖症を植えつけられたが、大の「ボール友達」発言をきっかけに見事している。
若林が戻ってきた時も「ここまでゴールを守ってきたのはお前だから」と背番号1は譲らなかった。
だが、よくゴールを割った。

余談だが、作中初めての魔球と言える立花兄弟トライアングルシュートイチかバチかで防いでいる。

中学生編 優秀なGKとしてV3に貢献

中学生編においては南中の正GKとして活躍する。
シュートはどんどんゴールされてしまうものの、示一つでカミソシュートを止めるなど、才があるんだかいんだかわからないような実を発揮する。

反町クラスならノーマークから打たれたシュートでも止め、必殺技も二枚ミソリ、相手チームコンビプレイタイガーショットを防いでいる。大会優秀選手に選ばれるほどの活躍で南中のV3に大きく貢献した。

森崎の強さ・しぶとさは学習の高さによるものと見られている。
だが、よくゴールを割った。

Jrユース編 

Jrユース編において、ハンブルグとの親善試合でシュナイダーシュートで負傷した若島津に代わり途中出場。しかしシュナイダーにはが立たず、失点を喫する。続くブレーメンとの親善試合ではシェスター、マーガスらに計3失点を許すも、彼らが去って以降は失点を許さなかった。
の療養を終えた若島津の活躍もあり、本戦への出場はいまま終わっている。
島津の怪の再発で一出れるチャンスがあった決勝のドイツ戦では、見上監督の判断で若林が抜される。この時、片桐に「森崎では荷が重い」と言われているが、実際大会前の練習試合でシュナイダーが立たなかったので仕方のい事だった。
大会中は憎まれ役を演じていた若林は、決勝戦だけの出場を渋ったものの、森崎をはじめチームメイト達の説得もあって出場を決め、若林ドイツを2点に抑えて全日本は優勝を成し遂げた。

ここで注すべきは、森崎自身も若林の説得に回ったことである。控えキーパーである森崎の立場からすれば、若林の出場を認めず自分が出ると言いっても良かったはずであるが、そんな自分を差し置いて実のある若林を立てようとしたのだ。自分の損得を考えずチームのために行動できる、大変できた人間だと言える。どこかのカラテ野郎とはえらい違いである。出場してもボコボコにされるだけなので恥をかきたくないだけという可性もあるが。

森崎ある意味日本優勝に導いた・・・のかも知れない。

ワールドユース編以降

ヘタレな印の強いキャラクターながら、若林、若島津に次ぐ第3のゴールキーパーとして常に控えており、今回は予選から出場。若林の怪、若島津の反心による離脱で、予選では消去法で正ゴールキーパーに選ばれる。

ここでもリアルジャパン7、タイのコンサワット三兄弟+ブンナークに多くの失点を許すが、タイ戦では4失点を喫しながらも勝負を諦めず、が抜けたチームを鼓舞し、以降は自身の体を削りながらも若林バトンを繋いだ。

そこで彼が見たものは、

S=スーパー
G=頑
G=ゴール
K=キーパー

命名 若林源三

ふざけてんのか

留年覚悟でワールドユースに参加するがタイ戦以降は出番タイ戦以降は若島津復帰までサブキーパーとしてベンチに入っており、また中国戦では若林が両腕を再度負傷したため、後半途中から再びフィールドへと立った。その後は若島津復帰もあって、ベンチからも外されてしまった。

その後、清水エスパルスに入団している。

Golden-23

散々ゴールを割ってきた森崎ではあったが、オリンピックアジア予選ではミシェル山田中西を差し置いてサブキーパーの座を獲得。さらに若島津のFWコンバートもあって第2GKの立場を獲得。若林が合流後はベンチを温めるも、オーストラリア戦で若林が負傷したために出番が回ってきた。オーストラリア戦ではわずかの時間で3失点を喫するという失態を見せてしまう(うち1失点は石崎オウンゴール)。

しかしその後は人が変わったように活躍する。
かつて戦った強敵サウジアラビアまさかの失点で抑え、その次のベトナム戦でも失点で抑え、かつてザルキーパーと呼ばれた彼の姿はどこにもかった。それどころか決戦舞台であるオーストラリアとの再戦ではわずか1失点で抑えるという活躍を見せ、見事日本オリンピック行きに貢献した。

……だが、残念なことに、これらの試合は詳細な描写がダイジェスト。各選手の活躍シーンがまばらに描かれる中に、「敵エースの必殺シュートを見事にキャッチする森崎」という姿はく、実際に森崎が何をやったかは分からない。ひょっとしたら岬・三松山たちの大活躍で敵はまともにシュートを撃つ事すらできず、森崎はただ立ってただけなのかもしれないのだ。

なお「スーパーゴールキーパー」の異名は浸透しているらしく、また観客から応援を見る限りは日本国内では少なからず実者として認められている節がある。

ライジングサン

オリンピックの決勝トーナメント1回戦、相手はシュナイダー率いるドイツ。
たちが2点のリードを奪い、若林異常なほどの堅守で失点に抑え続けるという有利な展開。
だがFWに転向した若島津が負傷して交代、続いて若林までもが重傷を負って病院に運ばれる。
かくして日本GK森崎が務めることになった。

試合時間残り15分。2点差を守り切れば日本が勝てる。
森崎はグラウンドに残っていた若林帽子に必勝を誓う。

この大舞台にも緊する事なくチームメイト示を出し、見事なゴールキックから試合再開……と思いきや、試合場の強を考えていなかったためボールは外に出てしまい、労せずしてドイツボールが渡ってしまう。
即座に繰り出されたタイガーボラン雷獣シュートは味方DF井川クリアしてくれたが、続いてカルツ、シェスター、マーガスシュナイダーと繋いだ連携からのファイヤーショットであっけなく失点。若林退場からわずか3分であった。
さらにシュナイダーロングシュートく間に同点に追いつかれてしまう。

なおも続くドイツの猛攻。再びマーガスボールが渡るも今度はシュナイダーへのパスコースが塞ぎ、マーガス自身のブラストヘッドディングもDFが阻む。ここでマーガスは伏兵ゲーテにボールを渡し、ついに日本の守備森崎しか残っていない絶体絶命の大ピンチに。
代表に選ばれなかった中西日本GKたちの応援の中、森崎必死にゲーテの突破を阻止。さらにこぼれ球を前線にクリアする。今度はボールに押し流されるという失態も犯さず、ボールは正確にと岬の元へ……新必殺技ハイスピードトルネードスカイアルファを狙う絶好の位置へのロングパスとなった!
残念ながらこの絶好機はドイツ守備の反則で防がれてしまったが、ついに森崎が実日本ゴールを守りきった姿が描かれたのである。

結局この大チャンス日向新田が外してしまい、ドイツの反撃に。松山を攻撃に使ってしまったので守りが一枚手薄な日本守備田が上手くカミソリタックルを決めたかと思いきやボールシュナイダー正面に転がるという最悪の事態に。ファイヤーショット心臓に喰らった三は絶命。さらにオーバーヘッドファイヤーショット日本ゴールに突き刺さった。
かくして、三が命まで捨てて守ろうとした日本ゴールは脆くも陥落。若林が守り続けた2点のリードはついにドイツの1点リードに変わってしまった。残り15分で3失点と言う事は、もしも90フル森崎が出場していたら18失点というペースである。ザコの攻撃はなんとか防げても、シュナイダーが相手ではどうにもならなかった……。

かくして逆転リードを奪ったドイツは残り試合時間を底守備で逃げ切りを図る。アディショナルタイムは8分と長く取られた。死亡した三は、天国に魂を連れていこうとする天使たちをミカエルが退散させたため息を吹き返し、事に試合続行。ドイツゴール前で日本攻撃ドイツ守備しい攻防が繰り広げられる。そしてボールドイツ側に渡ると、反転攻勢を開始。森崎ゴールからかなり前の位置に出ていたのを見たシュナイダーは即座にロングシュートを放つが、全を込めたファイヤーショットではかったためか、森崎なんとかパンチングで外に弾いた。外に出たのでドイツ側のコーナーキックになったが、とにかく森崎シュナイダーシュートを防いだ。
森崎シュナイダーシュートを防いだ。
森崎シュナイダーシュートを防いだ。
これはシュナイダーにとって一生の恥ジュニアユース編の練習試合での惨敗、決勝戦では「荷が重い」と外され、この試合ではあっさり3失点を喫して逆転された森崎にとって、ついにシュナイダーに一矢報いた奇跡間であった。

ドイツ戦延長戦

……そして、ここから森崎は別人のように覚醒していく。

新田が同点ゴールを決めて試合は延長戦へ。
松山たちがシュナイダーの動きを封じているためドイツはゲーテがシュートを撃ち込むが、シュナイダーにさんざんやられてきた森崎はゲーテのシュートなら遅く見えるようになっていたためダイビングキャッチ成功。

森崎の助けも借りず、先のシュナイダーのように相手側に問題があったわけでもなく、ごく普通にきちんと敵のシュートを押さえたのはいったい何年ぶりの事なのだろう(史上初かも)?
そしてゲーテはボッシと並ぶ海外勢最弱FWの地位が確定した。

それから日本は一気に3点リードを奪う猛攻を見せる。
ドイツの反撃で繰り出された、センターサークル付近からのファイヤーショットオーバーラップしてきたミューラーのヘディング、コーナーキックからダイレクトゴールを狙うシェスターシュートをことごとく森崎阻止。続くファイヤーショットの軌をカルツが直前で変化させた奇襲でとうとう失点を喫してしまったが、これまでの森崎とは別人のような健闘ぶりを見せた。

これまで森崎ゴールを守った描写は、中学時代の二枚ミソシュートは「が飛ぶ方向を示してくれたから」、立花兄弟のツインシュートは「森崎一人では駄で、石崎が守ったから」、タイガーショットは「が身を挺してタイガーショットの威森崎ですら止められるくらいにまで減衰してくれたから」、オリンピックでのゲーテは「相手が雑魚だったから」、シュナイダーは「ファイヤーショットではかったから」と、必ずこれは森崎の実ではく、本来なら森崎が防げるわけがかったという描写が付けられていた。
それが今度は明確にファイヤーショットを防ぎ(ロングシュートとは言え、若林相手でもPA外から50%確率ゴールできるのだから距離は言い訳にならない)、ミューラー、シェスターと言った大物キャラシュートを防ぎ、ファイヤーショットでも正面であれば止められると確信した上で守備にあたり、失点したのはそのコースを変えられたため(つまりカルツも森崎ファイヤーショットを止めると判断した)である。これは他の選手の協があったためではなく、全て森崎自身の実なのだ。

出場時点では確かにザルキーパーだったが、強と戦わせているうちに急成長する素質があったのではいだろうか。そしてその素質は「森崎では荷が重い」と起用をためらっているうちに眠らせてしまい、これまで開する機会が得られなかっただけなのではいだろうか。
信じがたい話だがファイヤーショットを止める可性がある時点で、今の森崎は若島津やサリナスより上のGKである。次回の描写でまたすぐこの評価は覆る可性はあるが

受賞暦

意外にすごい。タナボタ的な受賞も多いが。

証明した森崎の人気

25周年記念の際に行われた人気投票で7位に入っている。
ファンに相当なコア層がいるのは間違いいであろう。

ゲームでは

テクモ版『キャプテン翼』

テクモ版では5作すべてに登場する。高校では2回も全制覇を経験。大学にも進学している。
彼が宙を舞う「もりさきくん ふっとばされた!」というシーンはこのゲームから生まれた。

「そうなんどもぬかれてたまるかー!」クリティカル発生。本来は期待が持てるはず)
 → 「もりさきくん ふっとばされた!」なんとかボールに触れる事はできたがやっぱり駄

という展開は彼を代表する名場面であり、ファンから広くされているキャラクターとして知られている。

また、森崎自身は駄でもカバーに入った選手が守ってくれたり、シュートゴールポストに当たって失点を免れたりする場合もあり、特に後者SGGPスーパーグレートゴールポスト)と呼ばれて、最後の頼みの綱としてプレイヤーの窮地を救っている。
その信頼度は「ポストの方がまだマシだぜ」となじられるキーパーが出てくる始末。本当にそうだから仕方がい。

キャプテン翼1(FC)

ゲーム1試合からプレーヤー側選手として登場。経験値稼ぎをしなければ名の敵選手のシュートも通してしまうほど弱い。

事実ゲームセンターCX #142ロスタイム・・・?「キャプテン翼 』においてもJr.ユース大会第2試合ウルグアイ戦では、ガッツのなくなった若島津に代わりGKとして出場するも実は相変わらずで、挙句の果てにはナレーション管Pに

「とめろ森崎・・・でもやっぱ理」

「打たれたら最後、森崎では荷が重過ぎる」

「見事なザルっぷり」

とまで言われる始末であった。

キャプテン翼2(FC)

ブラジル森崎」ことレナートが登場するも森崎より強い。本物は違う。

は前作と変わらず、敵の必殺シュートを食らって吹き飛ぶのが仕事である。

キャプテン翼3(SFC)

全日本代表として中盤より登場。前2作と較すれば相当マシな強さである。しかも、今回は序盤のチョイ役GKジュスト君が森崎より弱いので、プレーヤー側選手最弱を免れている。

残念ながら、新たに実装された「オールスターモード」に選抜されていない。「森崎に飛ばして楽しみたかった」と残念がるファンも。

キャプテン翼4(SFC)

大学最高のGKという評価のようであり、大学選抜にも選ばれている。しかも今回はアモロレナートより強い。良かったな、森崎

だが全キーパー中最弱格なのは変わらない。しかも日本人選手中最弱。あと中西のほうが強い。そもそも大学チームには森崎中西より優秀なGKゴロゴロしており、どうしてこので代表入りしないのか理解に苦しむほどの強GKもいる。森崎大学最高のGKという触れ込みはいったい何だったのか……。

ストーリーの分岐によっては初めて敵として戦うことができる。との勝負でかっこいいシーンが見られるので、森崎が好きならば必ずクリアしよう。

キャプテン翼5(SFC)

ついに値で中西に勝った。(むしろ中西劣化したと言うか)

だが、再びレナートアモロのほうが強く設定されている。相変わらずキーパー中最弱格だが、が所属するレッチェには森崎より弱いブルノが登場。おとなしローマに入団すれば良かったのに……。

がんばれ森崎お前晩成だ。

キャプテン翼VS(GB)

原作小学生時代をなぞるストーリーで登場。

若林値が異様に低いが、それでも森崎より強い。原作若林は怪の療養中なので、それを反映しているとしたら、どれだけ製作者から弱いと思われているんだ、森崎

サカつく2002 Jリーグ プロサッカークラブをつくろう!

キャプテン翼公式ゲームではいが、サカつく2002では、特殊エディット選手という形でゲームに参戦する。

的には同じ特殊エディット選手である若島津健若林源三には一歩劣るが、魅的なのは成長タイプ晩成30後半に成長のピークを迎える)であり、非常に育てやすいキャラである。(キャプテン翼の特殊エディット選手はどの選手の成長タイプ熟か熟Aと、20歳を待たずに成長ピークを迎えるので少々扱いにくい)

連載当時では、まだ森崎は20歳前後だったのに、この成長にしたスタッフは非常に分かっていると言える。

関連動画

森崎は広くされている。

プレイ動画


ザコオンリーにはPart13から登場。数々の名場面を演出してきた。

他にも数多くのプレイ動画投稿されている。

創作・MADなど


MADも作られている。にJを素材とした物が多いようである。


↑楽曲のアレンジ動画だが回を増すごとに森崎MADとしての顔を覗かせてくる。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 190ななしのよっしん

    2020/02/28(金) 02:06:23 ID: V66nv84o/+

    森崎シュナイダーに一矢報いたというより
    森崎の守備がガバいからシュナイダーがついゴールを狙いたくなってミスったというべきではなかろうか

  • 191ななしのよっしん

    2020/06/04(木) 17:35:22 ID: QTOTWguaum

    てきの○ばん相手なら余裕
    名前付きの敵でも通常シュートなら止めれる
    ファイヤーショットでも遠ければ防げる

    もう立に一軍が務まるよ……
    遅咲きだが、世界に通用する男に成長した

  • 192ななしのよっしん

    2020/06/05(金) 08:32:56 ID: GXDIz4YPAY

    成長人かよってくらいの変貌ぶりだなw
    これに加えて今まで怪してないから最強じゃないか
    これだけ凄いと逆に「こんなの森崎じゃない」て意見が出てきそう

おすすめトレンド

急上昇ワード

最終更新:2020/08/05(水) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2020/08/05(水) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP