今注目のニュース
誰も死なせない!『オーバーウォッチ』マーシーがfigma化
迷子の犬や猫を救え!アメリカのピザ屋がピザの箱に迷子ペットのチラシを貼って宅配するという試みが開始される
猫って贈り物が好きな生き物やから...動物の死骸を持ってきた猫の侵入を防ぐ猫用ドアが開発される

楽器単語

ガッキ

掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

楽器とは、音楽演奏するために用いられる具である。

楽器の種類

簡単なのは手やや棒等で木片などの塊をたたくものをはじめ、塊を加工してパイプ状にして息を吹きかけたりふいごで大量に空気を送って音を出すもの、等に弦や膜をってそれをたたいたりこすったりはじいたりするものなどがある。ピアノのように複雑に機構化され、で押すだけで正確な音を奏する楽器もある。エレクトーンシンセサイザーなどのように各種回路によって電気的に音を発生させるようなものも楽器として扱われる。

通常演奏専用に作られたものを楽器と称するが、ルロイ・アンダーソンタイプライターモノサシストの奏でる名曲を聴けばわかるように、この世のものは全て楽器になりうる。人間帯が楽器になることはいうまでもないが、シンセサイザーやサンプラーが楽器扱いされることからも、歌い手を含めたあらゆる作り手 (あらゆる素材を意のままに操る人力ボーカロイドをはじめとしたMAD職人) も「楽器」となりうる (職人は「具」ではなくかに操作されて作っているわけでもないので楽器という表現はおかしいかもしれないが、多くの素材ニコニコ動画利用者、果ては「ニコニコ」という何かによって想像モチベーションを駆り立てられ奏でているというき弁的解釈もできる)。

楽器の名称

西洋音楽の楽器名のうち、形となる楽器の多くは英語圏の発音に影を受けたものである。たとえばヴァイオリン英語Violinの発音をそのまま借用したものである (ドイツ語ではVioline [ヴィオリーネ、vをフと発音しない単のひとつ] 、フランス語ではViolon [ヴィオロン] 、イタリア語ではViolino [ヴィオリーノ] と発音する) 。また、チェロは本来ヴィオロチェロ省略形だが、この略形はVioloncelloという言葉が英語に入った際広まったものであり、日本語に借用されるときはこの省略形のまま入ってきた。他にもフルートトランペットといった楽器名も英語準拠と言える。

一方であまり立たなアカデミックな楽器の呼称は、英語以外の発音に基づいていることが多い。英語の発音と乖離している楽器名としてだったものは、ホルン (ドイツ語Horn英語ホーンhornに相当する) やコントラバス (ドイツ語) などがある。また英語名で通っている楽器名を様々な理由 (伝統的にそう呼んでいる、来日してるプレイヤーに通じやすくする、単にかっこいいから、&c.) によりアカデミックな場面では呼び変えることもある。イングリッシュホルンコーラングレバスーンファゴットと呼ぶ例が代表的である。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP