構造化定理単語

コウゾウカテイリ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

構造化定理(structure theorem)とは、アルゴリズムの根底を支える定理である。

概要

構造化定理とは、すべてのアルゴリズムは「逐次」「反復」「分岐」の組み合わせにより実現できるという定理である。

gotoいらない子

逐次

逐次とは、プログラムが最初の行から順番に処理されることである。宣言型プログラミングとかを考えなければ、ほとんどのプログラミング言語で当然のことともいえる。

反復

ある条件が満たされるまで所定の処理を繰り返すことである。多くのプログラミング言語にあるfor文やwhile文がこれにあたる。関数型プログラミングでは再帰による実装を推奨する向きもあるがそれはまた別の話。

分岐

ある条件が満たされればA、そうでなければBの処理を行うことである。if文がこれにあたる。言によってはswitch文やパターンマッチなどでも実現されている。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/16(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/16(火) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP