横山富雄 単語

3件

ヨコヤマトミオ

2.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

横山富雄(よこやま とみお)とは、北海道町出身の元JRA所属の騎手調教助手のことである。

次男の横山典弘や典息子横山和生横山武史は現役の騎手である。

また、長男横山賀一は元騎手調教助手であり、現在競馬学校教官として活動している。

概要

横山富雄
よこやま とみお
基本情報
日本JPN
性別 男性
出身地 北海道
生年 1940年2月25日
2009年9月18日
騎手情報
所属 日本中央競馬会(JRA)
美浦T.C.
免許 1961年
免許区分 地・障害(-1971)
引退 1983年
重賞勝利 30勝/GI級12勝
通算成績 4,192戦559勝
騎手テンプレート

1940年2月20日に7人兄弟の三男として生まれる。実家農家であり、富雄のデビュー後には産も始めている。

実家の近所にダイナナホウシユウなどを生産した飯原牧場があり、幼い頃からよく遊びに行っていたのだが、そこの牧場長の勧めで騎手を志す。

なお、富雄自身は競馬騎手に対する憧れはそれほど強かったわけではなく、どちらかというと『東京への憧れ』のほうが強かった。

1955年15歳上京東京(関東)の小西喜蔵厩舎に子入り。騎手見習いとして働きながらの短期講習生となり、1961年3月騎手免許を取得[1]同期には後にマルゼンスキー騎手となる中野渡清一やミスターシービー騎手となる吉永正人らがいた。

1961年3月5日デビューし9着。翌週11日、ウシワカの騎乗しデビュー2戦で初勝利を挙げる。この年は10勝を挙げた。翌年は落事故で大怪を負ったため成績を伸ばせず。

3年に、乗り替わりで騎乗したフジノオー中山大障碍(秋)を制覇し重賞勝利。この年25勝を挙げ飛躍すると、翌年にはフジノオー中山大障碍制覇を達成、更に翌年にも斤量67kgを背負いながらもに大差をつけて圧勝し中山大障碍4連覇を達成

1966年には通算100勝を達成。1967年にはリコウでステイヤーズステークス勝利重賞勝利を挙げ、自己最多となる39勝、全リーディングも12位マーク

1968年にはフジホマレ中山大障碍(春)を制し同競走5度勝利記録。この年は年間勝利数の半分以上を障害競走で挙げた他、障害競走での勝率が4割、連対率も6割をえるなど名実ともに障害競走トップジョッキーとなり、『障害横山』の異名をほしいままにした。この年騎乗機会をめて独立し、当時としてはしいフリー騎手となり、フリー騎手の先駆けとなった[2]

1969年には代打騎乗となったメジロタイヨウでアルゼンチンジョッキークラブカップを制覇、この勝利で同戦の座を掴むと、には強が集まった天皇賞(秋)を制し八大競走勝利を挙げた。

1970年場に騎乗停止処分を受けた際に、メジロタイヨウの調教師であった八木沢勝美師の薦めでメジロ調教をつけに函館に遠征。これがきっかけとなりメジロムサシ騎手に抜され、以降、メジロ軍団に騎乗する事も多くなり『メジロ横山』と呼ばれるようになっていった。この年、地・障害両方で通算100勝を達成した。

障害競走で頭を現した横山だったが、翌1971年地に専念することを決断。この年メジロムサシ天皇賞(春)宝塚記念を制している。

1973年にはニットウチドリで桜花賞ビクトリアカップ勝利牝馬二冠と最優秀4歳に導いた。

1975年には、香港国際競走に招待され日本人騎手として初参戦。世界的名手たち相手に1勝を挙げた。には、アメリカに遠征しワシントンDCインターナショナルに参戦したものの1着から30身離された最下位に終わった。

1978年優駿牝馬にて抽選ファイホープ勝利ニットウチドリが勝てなかったレースを制したことで騎手として牝馬三冠競走での勝利を達成した。

1982年病に倒れ、翌年騎手引退、通算成績は559勝。

体調が回復した後、1985年から沢峰次厩舎の調教助手として活動し、2005年に定年を迎えるまで調教助手を勤めあげた。

2009年9月18日病気のため死去。享年69歳。

人物・エピソード

距離レースを得意としており、大舞台に強く、乗り替わりなどで得たチャンスをものにするなど勝負強さも持ち味としていた。田原成貴く「アグレッシブな騎乗をする人」。

ただ、有の騎乗で大外にあたるなど不運な面も持っていた。

息子横山典弘、孫の横山和生横山武史トップジョッキーとして活躍しており、子三代に渡り天皇賞春制覇という偉業を達成している。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

中央競馬三冠達成騎手
クラシック三冠 牡馬三冠 小西喜蔵蛯名五郎 | 栗田 | 保田隆芳増沢末夫武邦彦郷原洋行
田島良保 | 菅原泰夫中島啓之 | 吉永正人 | 岡部幸雄 | 柴田政人南井克巳 | 
武豊 | 河内洋四位洋文横山典弘池添謙一 | 内田博幸岩田康誠川田将雅
ミルコ・デムーロ | クリストフ・ルメール福永祐一 
牝馬三冠 前田長吉
変則三冠 前田長吉
中央競馬牝馬三冠 嶋田功 | 横山富雄河内洋 | 松永幹夫武豊幸英明 | 本田優 | 池添謙一
安藤勝己 | 蛯名正義 | 岩田康誠福永祐一クリストフ・ルメール | 松山弘平 | 
川田将雅
古馬三冠 春古馬 達成者
秋古馬 和田竜二 | オリビエ・ペリエ
は同一による達成者。変則三冠、古三冠は同一年達成者のみ。
騎手テンプレート

脚注

  1. *当時の制度では短期講習生は長期講習生より卒業に時間がかかる。
  2. *それまでフリー騎手渡辺正人小野定夫の2名のみ。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/21(日) 06:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/21(日) 06:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP