橋本紡単語

ハシモトツムグ

1.3千文字の記事
掲示板をみる(161)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

橋本紡はしもと つむぐ)とは、日本小説家男性ライトノベル作家で、現在は一般文芸で活動している。

概要

何ということのない日常スケッチする、穏やかな青春小説日常小説定評のある作家類の好きで、作中には頻繁にが割と重要な形で登場する。料理好きでもあり、美味しそうな料理描写にも定評がある

1998年、『猫目狩り』で第4回電撃ゲーム小説大賞賞を受賞しデビューする。ちなみに同期上遠野浩平太郎であり、2人がデビュー作をシリーズ化して電撃文庫初期の看作家になる中でひっそりと沈黙する。

2000年から『バトルシップガールシリーズを開始、全6巻にSPも出る人気シリーズとなって一定の立ち位置を確保する。そんな中、電撃hpに発表した読み切り短編「毛布おばけ金曜日の階段」が彼の作家人生を大きく変えることになる。それまでのSF系の作とは異なる、ライトノベルとしては異色の“ファンタジー要素の限りなく薄い日常系青春小説”が意外な好評を博し、続編が書かれ2002年文庫化された。それと行して展開された『リバーズ・エンド』全6巻はSF要素が話の軸になっているものの、後の橋本紡の作に連なる青春小説の色が濃く見え始めている。

2003年2月電撃hpに掲載した「半分の月がのぼる空」が好評を博し、9月文庫化され人気シリーズとなる。ドラマ化やアニメ化もなされ、ファンタジー要素の青春小説ライトノベルでも成功することを明した。同時期には桜庭一樹ビンゴといった青春小説の書き手が台頭し、この系統の作品が静かなブームとなる。

2005年にはメディアワークスの推進していた電撃の単行本の一冊として『泥棒木曜日のキッチン』を発表。2006年2月には新潮社から『流れ星が消えないうちに』を刊行して、活動の中心を一般文芸にシフト。『半分の月がのぼる空』の完結以降は全にライトノベルからは離れ、『ひかりをすくう』『ヒッチハイカー』『月光スイッチ』『ちゃんのお告げ』『九つの、物語』『をめぐる』などの作品をハードカバーで発表している。

2009年、『もうすぐ』で山本周五郎賞補となるが落選。2010年には『半分の月がのぼる空』が実写映画化され、それに合わせて作中の台詞伊勢弁に変更するなど全面的にリライトした完全版上下巻が刊行された。

流れ星が消えないうちに』や、『をめぐる』は模試や中学入試高校入試の試験問題として使用された。

桜庭一樹と同様に、ライトノベルから一般文芸に転向して成功した作家であり、ライトノベル時代はほぼ黒歴史となっていることも共通。初期作品は現在では入手困難となっているものもあるが、『半分の月がのぼる空』以降の正史としての橋本紡しか知らない人には、是非初期作品にも触れて「人に歴史あり」ということを感じていただきたい。『猫目』『BSG』はともかく、『リバーズ・エンド』あたりは若い人には割とおすすめである。 

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 159ななしのよっしん

    2020/05/20(水) 23:35:01 ID: 1gAhUdDtv+

    支倉凍砂橋本に謝ったのか?

  • 160ななしのよっしん

    2021/04/13(火) 23:23:24 ID: S2jUR80bZK

    記事がファン線で客観性を書く。こんなのただの推薦文で宣伝じゃん。

  • 161ななしのよっしん

    2021/06/28(月) 07:04:44 ID: U1Up0WllXL

    >>157
    それ含めてリバーエンドはそれを含めて好きな作品だった
    後味があんまよろしくないのも含めて好きな作家だったんだけどな、当時は

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/07(金) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/07(金) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP