橘朔也 単語

144件

ダディャーナザァン

7.9千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

うわああああああああああああああああああああ

橘朔也たちばな さくや)とは、特撮ドラマ仮面ライダー剣』の登場人物であり、仮面ライダーギャレンに変身する伝説を塗り替えた青年である。

演:天野浩成 / 角田二郎クライマックスヒーローズ

俺の概要はボロボロだ!

元は主人公剣崎一真の頼れる先輩ライダーという設定だったが、頼れる一面を見せないまま、第1話で所属していた組織BOARDを本当に裏切り、上烏丸所長拉致して消息を絶つ。

ナズェミテルンディス!!

その後はライダーシステムの欠陥によって体調を崩したり(弱い心が生んだ思い込みだった)、ライダーとして戦おうと剣崎の加勢にやってくるがアンデッドを前にすると恐怖心で戦闘不能になったり、剣崎に「その優しさを利用されるな」と忠告したのに当の自分が利用されまくっていたり、助けに来たつもりが逆に剣崎に助けられたり、上級アンデッド伊坂に誘拐・洗脳されて敵に回ったりと、様々な方法でことごとく剣崎の足を引っり続けた。特に第6話のアバンで「ライダーシステムの不調で倒れかけたギャレンの元に駆けつけたブレイドを不意打ち気味に撃、撃たれたブレイドオープニングに移行」の一連の流れは視聴者の間でとなっている。

しかし、同級生であり想い人の深沢小夜子伊坂殺されるとしい怒りによって復活を果たし、それまで最強を誇っていた伊坂を撃破、主人公たちの味方に舞い戻った。

仲間に戻ってからも頼れる先輩としての一面を見せることは少なく、むしろ同僚の広瀬からは(始の処遇を巡って対立していたからだが)橘さんは頼りにならないと言われたり、一人食べられないほど辛いスパゲティを「コレクッテモイイカナ?」と言って満面の笑みでおかわりしたり、バッティングセンターでチソ訓練を始めたり(( 0M0)3!)、鈴鹿サーキットスリップストリームに気づいたり、チベットから送られてきた小包で喜び勇んで強化変身したり、後期OPで1人だけウロウロしたり、虎太郎牛乳を勝手に「ゴチソウサン」したり、「やはりそういうことか!」と言いながら唐突に歩きで登場したりと視聴者の心を癒し続けた。

また、劇場版MISSING ACE』では新世代ライダーを率いる指揮官として登場。平和ボケしていた他の登場人物とは異なり、現役ベテランライダーとして熟練した戦いぶりを見せる。しかし、新世代ライダーの人選に関して致命的なミスを犯しており、結果的に新世代ライダー全滅し、巨大邪神14が復活するという最悪の事態を招いてしまった。

そんな頼りない橘さんだが、先代ギャレン桐生のような因縁ある相手や、最後のカテゴリーキング居のようなストーリー上で重要な位置を占める者との決戦では凄まじい強さを発揮している。これはライダーシステムに「怒りや闘争心に応じて性が向上する」という特性があるためである。つまりストーリーが盛り上がればそれだけ強くなれるのが仮面ライダーギャレンなのである。ファンによってはこれを「確変」と呼ぶ。この特性のためか、強敵を打ち倒す時はもっぱら最弱のノーマルフォームであり、手に入れて喜んでいた強化フォームで覚しい活躍をしたことは少ないという、一見すると矛盾しているような事態が多く発生している。そのため、ギャレンジャックフォームは俗に「弱フォーム」とも呼ばれている。後年、各種動画サイト仮面ライダー剣が配信された頃から「肝心な時にしか役に立たない男」という新たなあだ名が増えた。

寡黙で冷な印を受けることも多いが、地の性格は非常に正義感の強い男である。多少他人の言葉にを受けやすく、メンタル的にも不安定な部分が多いため、一見しただけではヘタレに見えることも多いが、人や信じていた組織を失うという悲惨な遇と、前述の通りやるときはやるキャラから、彼のファンは多い。シリーズが進むにつれ、メンタル的に不安定なキャラは彼の後輩上城睦月に受け継がれていく。

序盤の迷走ぶりや常日頃からの頼りなさから、平成ライダー第二作「仮面ライダーアギト」の仮面ライダーG3氷川誠、前作「仮面ライダー555」に登場した仮面ライダーデルタ三原修二と並び「平成ライダーに出てくる銃使いは弱い」というイメージを生み出した要因であるとも言われる(一説によると、仮面ライダーBLACK RXのロボライダーが発端とも)。

しかし、仮面ライダーG3仮面ライダーG3-Xに強化され汚名を返上したことや、仮面ライダーデルタも装着者がまっとうならば最強の強さを誇っていたこと、前々作「仮面ライダー龍騎」の仮面ライダーゾルダが強かった事のように、単純に銃ライダーが弱いわけではなく、彼もまたムラがとてもしいだけで弱い男なのではない。「普通に」強いとは言えないだけである。

なお、最終回の数十年後を描いた公式小説『たそがれ』では本編登場人物の後世がられるのだが、本編では17歳だった睦月が既に死亡し、10歳だった栗原天音が老いて病床にあるにも関わらず100歳をえる高齢になりながらも自分の研究所にて現役で研究を続けており、天音の治療にも貢献しているらしい。
小説を書いた脚本家會川昇はこの件について『は自分の体を実験台にして様々な実験を行ったところ、かえって長い寿命を得てしまった』とtwitterで発言している。

仮面ライダーギャレン(0M0)

身長:200cm
体重:104kg
パンチ:260AP (2.6t)
キック:450AP (4.5t)
ジャンプ:ひと飛び38m
100mを5.4

が劇中で変身するライダーの名称。「醒ギャレンラウザー」(初期AP:5500)による攻撃を体とする。ラウズカードスート(マーク)はダイヤ
基調色はの色はA「CHANGE」のカードに封印されているスタッグビートルアンデッド融合することで変身する。札幌市く、燃やせないごみ

作中に登場する中で最初期のライダーシステムであり、実質的な1号ライダーである。そのため事実上作中で最も性の低いライダーであるが、普段のヘタレ方と前述の「確変」による異常な強さのために、その設定は鳴りを潜めている。

本項の横についている(0M0)は、ギャレンマスク文字で表したAAである。他の3人同様、非常に再現度が高いうえに簡単に作れるので、ぜひ覚えてほしい。

ジャックフォーム(0M0)

身長:200cm
体重:114kg
パンチ330AP (3.3t)
キック:520AP (5.2t)
ジャンプ:ひと飛び118m
100mを4.2
飛行速度250km/h
飛行高度:6km

上述の通りチベット烏丸所長から郵送されたこれで皆さんの今後もより良くなる「ラウズアブゾーバー」と、人のJ「FUSION」と鯛焼き名人アルティメットフォームにやられたQ「ABSORB」のカードを使用することで変身する強化形態。ブレイドと同様頭部の仮面色に変化し、背中に六枚の羽根が生えて飛べるようになり、当時アクション監督がどう使うか頭を抱えたディアマンテエッジで強化されたギャレンラウザー(初期AP:7900)で敵を攻撃する。
…のだが、強化形態の割に活躍がいまいちで「弱フォーム」など微妙な扱いをされがちである。演じた天野氏にも「あんまり強くならなかった」と評されていたりする。

キングフォーム

ギャレンブレイド同様キングフォームへの変身も可なはずだが、ギラファアンデッドを封印しK「EVOLUTION」を入手したのが最終盤かつバックルが破損していたため、とうとう劇中では登場しなかった。
S.I.C.『HERO SAGA SPECIAL EDITION』誌上ではオリジナルとしてギャレンキングフォームが登場し、後にフィギュアが販売された。(下項の関連商品を参照)
剣崎のようなアンデッド13体融合ではなく烏丸所長の想定していたカテゴリーキングのみと融合した姿という設定で、武器ギャレンラウザーが強化された重醒キングラウザー(初期AP:9500)、胸部のハイグレイシンボル以外にアンデッドクレストは出現せず、カードギルドラウズカードに変化していない。

身長:200cm
体重:135kg
パンチ:400AP (4t)
キック:600AP (6t)
ジャンプ:ひと飛び28m
100mを6.2

(0M0)<ラウズカード!

ダイヤ

カテゴリー 名称 FP/MP/EP 特殊の効果 封印されているアンデッド 入手時期
A(エース) CHANGE ライダー変身させる タッグビートルアンデッド 初期所持
2 BULLET 400 弾丸の威アップさせる アルマジロアンデッド 初期所持
3 UPPER 600 アッパーの破壊を高める フロッグアンデッド 初期所持
4 RAPID 800 撃の速射を高める ペッカーアンデッド 28話
5 DROP 1000 ドロップキックの破壊を高める エールアンデッド 初期所持
6 FIRE 1000 技に火属性を付与/炎を放つ ファイアフライアンデッド 初期所持
7 ROCK 1400 石化させる(未使用) トータスアンデッド 30話
8 SCOPE 1200 索敵を高める(未使用) バットアンデッド 1話
9 GEMINI 1400 分身体を生成する ゼブラアンデッド 10話
10 THIEF 1600 武器カードを奪う(未使用) カメレオンアンデッド 44話
J(ジャック) FUSION +2400 ライダー融合を高める ピーコックアンデッド 15話
Q(クイーン) ABSORB +2000 ライダー進化を助ける サーペントアンデッド 30話
K(キング) EVOLUTION +4000 ライダー進化させる(未使用) ギラファアンデッド 47話

ハート

カテゴリー 名称 FP/MP/EP 特殊の効果 封印されているアンデッド 入手時期
K(キング) EVOLUTION +2800 ライダー進化させる パラドキサアンデッド 37話

クラブ

カテゴリー 名称 FP/MP/EP 特殊の効果 封印されているアンデッド 入手時期
A(エース) CHANGE ライダー変身させる スパイダーアンデッド 14話

(0M0)<コンボワザ!

他のライダーと違い3枚コンボを2種類有しており、さらに正規のコンボでない組み合わせも2つ使用している。一方、後輩である剣崎はがむしゃらファイトスタイル体で、自作コンボは全く使わなかった。二人合わせて元祖仮面ライダーと同様の「技の1号2号」として位置づけられているための差異だろう。

  1. 5「DROP」+6「FIRE」=バーニングスマッシュ
    脚部に炎をって大きく跳躍、前宙をしながら身体を180度ひねりこみ、相手と上下逆に向き合った状態で先を振り下ろし頭部を2連続で蹴りつける。2000AP
    使用するカード名から連想されるドロップキックとはかけ離れた、ライダーシリーズの中でも特異なキック技である。ジャックフォームでの使用時にはオーソドックスな飛び蹴りになる。
    第1話冒頭において使用され、バットアンデッドを封印。ウルフアンデッド戦では剣崎と協し、ダブルライダーキックを放つ際にこの技が使われている。
  2. 2「BULLET」+6「FIRE
    正規のコンボ技ではなく、を強化するバレットと攻撃に炎を付加するファイアを併用する技。児童誌掲載の漫画では「ファイアバレット」という技名が与えられていた。
  3. 3「UPPER」+6「FIRE
    バレットファイアと同様にパンチ技のカードフロッグアッパー」に炎を付加する技。一部媒体では「ファイアアッパー」とも。ゼブラアンデッドを封印する決め手となった。
  4. 5「DROP」+6「FIRE」+9「GEMINI」=バーニングディバイド
    バーニングスマッシュに「ゼブラジェミニ」の分身効果を組み合わせたギャレン最強必殺技3400AP
    作中初の3枚コンボ技の1つで、初使用の13話では当時敵か味方か怪しかったカリスに容赦なくぶちかまし底へと沈めた。その後もスパイダーアンデッド桐生レンゲルといった強敵をこのコンボで打ち破っている。初期は分身を攪乱として使用していたが(融合係数が低かったためと思われる)、後に分身との同時攻撃となる。伊坂ピーコックアンデッドに止めを刺した一撃は、俗に「バーニングザヨゴ」と呼ばれる。
  5. 2「BULLET」+4「RAPID」+6「FIRE」=バーニングショット
    高く舞い上がり、火炎の弾丸を連射する技。ジャックフォームの際はこちらを多用する。2200AP
    初使用の30話が夏のギャグ回で、その後剣崎を食い止めようとした時にも使用したがさっぱり通用しなかった。その上ジャックフォーム自体が大して活躍しないなど不憫な技という印が強い。しかし、劇場版では因縁深い敵であるスパイダーアンデッドゼロ距離からのバーニングショットで撃破してみせ、闘の日々と4年の歳橘さんが熟練の戦士へと変わったことを示した。

『仮面ライダーディケイド』での仮面ライダーギャレン

ブレイド世界」や「融合する世界」などに登場。ここでは「ブレイド世界」に登場した(0M0)を紹介する。

大企業である「BOARD」内に存在する三種のチームのうち、「ダイヤ」のカテゴリーA=ライダーになる資格を持つ者である「菱形サクヤ」が変身
なお、門矢士を「派遣ライダーか?」と尋ねたのは彼である。 

ガンバライド!?クラヒ!?やはりそういうことか!!

本編での活躍、そして『ディケイド』での客演を経た後、思いもよらない方面から橘さんオファーが来た。データカードダス仮面ライダーバトル ガンバライド』である。

きっかけは2010年9月まで遡る。ガンバライドが大バージョンアップを迎え、ナンバリングを一新したのを記念してアンケートexitを行った。その際、ファンからの新規参戦希望ライダー筆頭として選ばれたのが、橘さん-仮面ライダーギャレンだったのだ。もう一人選出されたのが仮面ライダー電王最強フォームだったことを考えれば、橘さんが規格外であることを明する事件とすら言えよう。

それから4か2011年1月20日稼働のガンバライド003弾で、晴れて仮面ライダーギャレンの正式参戦が決定した。しかも、最高レアリティであるLR(レジェンドレア)カードを迎えての厚遇。カード自体のスペックも驚くほど高く、ライダースキル(いわゆる特殊)なしでもスキル発動中の仮面ライダーG3-Xぎ、スキル「怒りの」も強な万強化。スロットムラがあるため安定しないと言う弱点も持つが、それを補って余りあり過ぎるほどのスペックとなっている。そしてLR版の必殺技もが見た「バーニングディバイド」である。おまけ必殺技の演出もかなり凝っており、「この距離ならバリアれないな!」からのラウズ→必殺技ザヨゴ-!!の流れはまさにギャレンの格好よさを凝縮した演出と言っても過言ではない。003弾稼働のには、新参ライダー達に容赦なくバーニングディバイドブチ込む姿が見られるだろう。 

……とか言ってたら003弾ではEXステージに登場。必殺技が出易く攻略の難しい技属性EXと言う事もあり、全ガンバライダーボーナス合わせて必殺威3450(サヨコ)のバーニングディバイドを容赦なく叩き込み悪夢を見せていた。現在更新されEXステージでの出番は終了している。

肝心の組との相性はと言うと、001弾に登場したブレイドのCPや、後の004弾で参戦したカリスとの相性がうまく噛み合い、原作再現デッキにうってつけの存在といえる。レンゲルの参戦が待たれる。

ちなみに004弾にもカードレアリティSR(スーパーレア)に落ちたものの引き続き登場。絵柄はバーニングディバイドを繰り出し分身した間を描いたもので、カードをひっくり返すと物凄い勢いで二人のギャレンスキップをしているように見える。 おまけライダースキルは「ザヨゴー!小夜子ーッ!」と、もはや公式が病気とも言えるされっぷりを垣間見る事ができる。

弾が進みギャレンカードレアリティが下がったが、今度は「攻撃・防御・体力・必殺」のステータスをそれぞれ足すと合計が3450(サヨコ)になるという小ネタが発見された。

また、クライマックスヒーローズシリーズの三作オーズでは事前告知されなかった隠しキャラクターとして参戦。どうやらTVシリーズ初期の恐怖心でボドボドになっていた頃のキャラクター設定をされているようで、ブレイドとの対戦前の掛け合いはそれが如実に表れていた。
翌年発売されたフォーゼではついに超必殺技を取得。ガンバライド同様バーニングディバイドであるのだが、モーションが違う。というかどう見てもバーニングザヨゴそのものです。本当にありがとうございました
また、前作オーズでのブレイド「本当に裏切ったんですかー!?」に続きバーニングザヨゴで腕を構えるシーンでは低確率ザヨゴオオオオオオオオオオオオオ!と叫ぶ。

さらに、「オール仮面ライダー ライダージェネレーション2」以降のゲーム作品では天野浩成氏がを担当しており、「超クライマックスヒーローズ」では本人ボイスによるザヨゴオオオオオオオオオオオオオ!が堪できる。どうやらバンダイナムコ開発部門には橘さん衛隊がいるようだ。

謎の男のピースは…俺が飲み込んだ。

どこかのユーザーコラージュライダー変身者として橘朔也を仕立て上げた際の名称。
論、彼とは一切関係ない。

~例~

また、フォーゼ世界では校長先生をやっているとの情報も。星に願いを

大変だ! 関連動画があった! ウニもあったぞ!

あんな関連静画何故庇う!!

関連項目食ってもいいかな?

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP