橘桔平 単語

145件

タチバナキッペイ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

橘桔平とは、テニスの王子様の登場人物である。

CV川原慶久テニミュでのキャスト菅原卓磨→YOHYOH及び北代高士。2ndシーズンでは上田介。

概要

東京都市立不動峰中学校テニス部に所属する3年生。部長。額に黒子がある。
不動峰女子テニス部に所属するひとつ下のがいる。

昨年までは熊本の獅子楽中テニス部に所属し、千歳千里と共に「九州」と並び称されていた。
九州時代は金髪の長で菊丸には「ライオン大仏」と呼ばれていた。

獅子楽時代は立海の切原ばりの攻撃的なスタイルだったが、練習中に千歳の右に打球を当て彼を再起不能にしてしまい、責任を感じて獅子楽中テニス部を退部し頭を丸めて不動峰転校した。

不動峰転校した上級生のいじめと顧問の横暴に苦しむ下級生達(神尾ら後の2年生)を見かねて新テニス部創設を提案するが、それを聞いた上級生達に下級生達がリンチを受け、尚も上級生達の味方をする顧問についにがキレ、暴力沙汰の末に下級生達からなる新生テニス部として活動を再開した。

地区予選青学戦ではシングルス2で決着がついたため出番がかったが手塚が認める実者として描かれ、都大会氷帝戦では宍戸勝、しかし関東大会準決勝の立海戦で切原に敗れやられ役イメージが強くなってしまう。

実は千歳の一件以降本来の野性味溢れるテニスが出来なくなったうえに部内にライバルがいないことから伸び悩み実を発揮できずにいたが、不二との野試合で本来のスタイルを取り戻した。全大会四天宝寺戦では復活した千歳と再戦。5-7と惜敗するもわざと打球を右で受ける、千歳の右側を狙わないなどしており実は互と思われる。

本気になると口調が熊本弁になり、色の「猛オーラ」を放ち「あばれ獅子」と呼ばれる攻撃テニスを展開する。必殺技コート全体に分身するブレ球「あばれ球」。

続編「新テニスの王子様」にもU-17選抜に特別参加を許された中学生50人の一人として登場する。

大仏のような容姿から彼の登場する動画では賽銭が飛び交う。

関連動画


関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/22(月) 14:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/22(月) 13:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP