機動戦士ガンダムF91単語

キドウセンシガンダムフォーミュラーナインティワン

  • 5
  • 0
掲示板をみる(339)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

『機動戦士ガンダムF91』とは、1991年開の富野由悠季監督劇場アニメである。宇宙世紀ガンダムシリーズの一つ。

概要

監督 富野由悠季
脚本 伊東恒久
富野由悠季
音楽 門倉聡
制作 サンライズ
製作 サンライズ
栄二
配給 松竹

初代機動戦士ガンダム宇宙世紀0079年から40年以上経過した宇宙世紀0123年が舞台。前作「逆襲のシャア」で、初代ガンダムから続いていた連邦ジオンアムロシャアの争いに一区切りをつけ、大きく時代が進み、前作までのキャラを一切登場させないなど、リニューアルの意味を含めた作品でもある。

当初は新しいガンダムシリーズの旗揚げ的な存在としての企画だった。
や雰囲気、構成なども今までのガンダムシリーズと意図的に大きく変えているとされる。これは本作以降の「Vガンダム」「ブレンパワード」「∀ガンダム」にも共通する、宇宙移民という1stガンダムの頃からのSF思考に代わって環境問題や人種差別宗教などのテーマ舞台にするという富野由悠季監督の意図したものだという。実際、本作の時代背景宇宙世紀となってから100年以上経った後の物語であり、人類が十分宇宙染んだ時代ということ、人間宇宙に住む事で人が革新するのか?というNT論争も前作で片付いたことなどもあって、宇宙世紀自体も大きな転換期に入った、ガンダム新時代の物語ということになる(「Vガンダム」も同様。ガイア・ギア?知らん。)。故に、こういった新な部分に惹かれるガンダムファンも多い。

全体の作品テーマは「家族論」。前作の逆襲のシャアべると分かりやすく、身近な部分に作品テーマをあてており、シーブックセシリードラマを中心に描いていたこともあって、富野監督は本作を「ストーリー的には成功」ともっている。
また、戦争描写もフロンティア1という一般人と身近な舞台メインにしている為、戦闘に巻き込まれ子供を残して死ぬ母親アーサーなんだぜ?、自殺戮兵器バグ』の存在など、生々しく殺伐とした描写も多い。 

スタッフは初代機動戦士ガンダムを手がけた複数のスタッフが再び集まっている。(富野由悠季 安彦良和 大河原邦男 他)

元々この映画TVシリーズの1クール(12話分)として企画されていて、放映後は本作の続編のTVシリーズ企画されていたが、頓挫したという経緯がある(単体映画にもかかわらずシーン毎の作画ムラがある、などという摘も一部にあるが、それは元々この映画フィルム自体が当初はTV版用に製作されたもであるからという説もある)。そのためかエンドクレジットはなく「To be continued」で終了しており、今もなお直接の続編などで『F91』の詳細な結末は描かれずにいるままとなっている。
だが、富野監督は「機動戦士Vガンダム」の企画段階において、本作のTVシリーズ化後の構想の一部を取り入れている事をVガンダム放送開始前のインタビューで明かしている。そちらは当該記事を参照のこと。

なお、劇場版の話の前後の状況は富野由悠季による小説版「機動戦士ガンダムF91前編・後編」(角川スニーカー文庫刊)にられているので、興味の持たれた方は一読を薦める。(映画だけでは分からない部分も小説で補されている)
主題歌が売れた事と、長谷川裕一漫画作品「機動戦士クロスボーン・ガンダム」に繋がったのが救い。

オープニングコロニーのハッチが切り裂かれ、弾け飛ぶハッチからクロスボーンバンガードモビルスーツコロニーに侵入するシーンは劇中でタイトルバックが挿入される場面であるほか、予告編などでも使われたことなどから有名なシーンである。

あらすじ

地球連邦政府が腐敗し地球コロニーの関係は悪化していた。 そんな中、一部の高人間が人類を導くべきであるとする、 コスモ貴族主義を掲げるマイッツアーロナは、私設軍隊クロスボーンバンガードを創設してコロニー制圧を着手した。

コロニー「フロンティアIV」で友人達と学園祭を楽しんでいたシーブック・アノーは、コロニーに侵入してきたクロスボーンバンガードと、連邦軍の戦いに巻き込まれてしまう。友人らと共にコロニーから脱出しようとする避難するシーブック達だったが……。

主な登場人物

シーブック・アノー - 辻谷耕史
主人公ニュータイプコロニー「フロンティアIV」の工業学科の学生クロスボーンの侵攻で避難した避難民だが、F91の開発スタッフだった事から、「親が作ったなら相性がいいだろう」と言う酷い理由でF91に搭乗させられた。ただし初搭乗したモビルスーツは、博物館に展示されていたガンタンクR44である。
名前の由来はシー(See=見る) ブック(book=本)で、「見本」だとか。その名の通り、一癖も二癖もあるガンダムパイロットの中では優等生的な性格。
カロッゾ・ロナ鉄仮面- 前田
ロナ婿。妻にはを連れて、しかも間男と逃げられている。
人類の10分の9を殺しろと言われて人を殺すだけの機械バグ」などを開発。鉄仮面をかぶる。強化人間として改造されたと言う説が有で、生身で宇宙空間を移動できるなど人間離れしている。
セシリー・フェアチャイルドベラ・ロナ- 冬馬由美
ヒロイン。本人も知らない事だったが、カロッゾ・ロナナディアロナとシオ・フェアチイルドとともに出奔し、パン屋のとして暮らしていた。
避難中にクロスボーン軍に回収され、クロスボーンバンガードの旗頭「ベラ・ロナ」として祭り上げられてしまう。
ビルギット・ピリヨ - 塩屋翼
連邦軍のパイロットヘビーガンに乗り新米パイロットシーブックを良く補佐したが、クロスボーン兵器バグの餌食となり、戦死。
ザビーネ・シャル - 梁田清之
眼帯を付けたクロスボーンエースパイロットで、カラーリングが施された「の部隊」と言うモビルスーツ部隊を率いる。
鉄仮面とは思想が異なるが立貴族義者で、ベラ・ロナクロスボーンバンガードシンボルに仕立て上げようとした。
いわゆるライバルキャラクターながらシーブックとは因縁が薄いが、後のクロスボーン・ガンダムでは死闘を演じる。

ボンボン版

大まかなストーリー映画版に沿っているのだが、シーブックの性格がおかしい事になっている。
例を挙げると

ついでに言うと、作者グロ過ぎる事で有名なボンボンの怪作「はじけてザック!」の作者と同じであり、そのせいかバグによる虐殺シーンアニメ以上に濃く描写されている。
こんな作品ではあるが、これでも ボンボン版Vガンダムよりは変は少ない方である。あとドレルは全にチョイ役、ザビーネがカマセ役。

主な楽曲

ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~ - 主題歌
歌:森口博子 / 作詞西脇 / 作曲西脇・緒里原洋子 / 編曲門倉聡
この曲はNHK紅白歌合戦にて歌われた3つのガンダム曲のうちの1つである。
1991年。2つ2004年度出場『SDガンダムフォース』の「ココロオドル」。3つ2015年度『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の「オルフェンズの涙」。)…が、純シングル売り上げでは「RHYTHM EMOTION」が最高であるとの話がある(ソース要)
君を見つめて -The time I'm seeing you-
歌:森口博子 / 作詞井荻麟、茂村泰 / 作曲:茂村泰 / 編曲門倉聡
上記のカップリング曲。劇中では使われていないが人気がある。
もともとはこちらが主題歌ETERNAL WINDが挿入歌として使われる予定だった。

関連動画

漫画版の解説動画

関連商品

関連項目

ガンダムシリーズ映像作品)
1st - Z - ZZ - V - G - W - X - - - 種運命 - 00 - AGE - BF - Gレコ - BFT - 鉄血 - BD - BDR
CCA - F91 - 0080 - 0083 - 08 - G-SAVIOUR - EVOLVE - IGLOO - STARGAZER -
UC - GPB - ORIGIN - サンダーボルト - Twilight AXIS - NT
この記事を編集する

掲示板

  • 337ななしのよっしん

    2020/10/02(金) 13:28:02 ID: PK/uITBLT3

    「抵抗するんじゃない!イッちゃえよ!」って台詞マジで言うべきではなかった

  • 338ななしのよっしん

    2020/10/08(木) 16:51:01 ID: AxKArhwRf2

    リアル中学生の時に初視聴した第一印は「敵が怖い」だった
    クロスボーンバンガードバックボーンとか全然わからないし
    化け物じみた鉄仮面と敵モビルスーツがお染みのモノアイじゃなかったから
    未知のものに対する恐怖というのを初めて思い知らされた

  • 339ななしのよっしん

    2020/10/08(木) 19:46:34 ID: DrZu7v9f2+

    バグがやたら怖かったな、バスぶった切りとかよりも隠れててもビームで焼かれるシーンが心底怖かった

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/29(木) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/29(木) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP