機械式時計単語

キカイシキトケイ

1.2千文字の記事
掲示板をみる(25)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

機械式時計とは、ムーブメントが機械式の時計のことである。

概要

一般的に、時計のムーブメントは機械式とクォーツ式に分類することができる。
クォーツ式は、文字通り水晶クオーツ)による調速を行う電池式の物であり、機械式はゼンマイを動にしテンプで調速を行う物である。

機械式に該当するのは、「手巻き」と、「自動巻き」である。

なお、ごく少数だが、音叉式を用いたムーブメントも存在する。

機構

巻かれたゼンマイが元に戻るを利用し、ゼンマイが収納されている香が回転、それにより二番(分針がついている)、三番、四番針がついている)と動が伝わる。

四番と噛み合っているのがガンギで、カンの回転がアンクルに伝わり、アンクルがテンプ(振り子)を左右に動かす。テンプの運動は一定の周期であるため、アンクルはそれに従い動くこととなる。テンプは1に6〜8回程度振動しており、ここが時計の正確さを握る心臓となる。

アンクルにはが二つあり、それらがゼンマイが勢いよく戻ろうとするを止め、ガンギの動きを制御している。また、アンクルとガンギは脱進器(エスケープメント)と呼ばれている。機械式時計の心地の良い音はアンクルの振れ幅を調節するピンとの衝突音であり、ここから出ている。

手巻き

手巻きとは、頭(リューズ)を手で回転させることにより、ゼンマイを巻き、それにより時計の動とする機構である。

自動巻き

自動巻きとは、腕の振動により(すい)が回転することによりゼンマイが巻かれ、それにより時計の動となる機構である。

オートマチックとも呼ばれる。

機能

機械式時計では、以下の機がついている場合がある。

当然ながら、複雑な機を有している時計は非常に高額となっている。

詳細については「複雑時計」の項を参照されたし。

長所と短所

機械式時計は電池が不要で、また電気回路を使用していないので、大事に使えば単位で後世残し伝えることができる。

しかし、精度に関してはクォーツ時計較して劣る他、オーバーホールに多額の費用を要することがある。

特に複雑な時計などでは、熟練された職人でないとオーバーホールができないということも考えられるので、その点についても考えた方がよいだろう。

これらの点を理解し機械式時計を用しているキャラとしてはゴルゴ13が居る。専属の時計職人に多額の契約料を払い特殊な機構をいくつも搭載した特殊モデル機械腕時計である。最も彼とて特殊な状況に応じては、機械式時計を使用しない事も多々あるようで、やはり拭えない短所は存在すると言う事か。

関連動画

関連商品

余談

最近では、ゼンマイを動クオーツで調速を「スプリンドライブ」なるトチ狂った代物もある。筆者としてはクォーツ式か機械式かハッキリさせて欲しい所である。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/25(月) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/25(月) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP