今注目のニュース
デーブ・スペクター、闇営業芸人に「知ろうとしなかったことが問題」と指摘 共感集まる
クロちゃん加工アプリで「女体化」結果!→あの人にソックリ
グラドルが“45歳ファン”と交際告白、彼氏いないは嘘

機龍警察単語

キリュウケイサツ

掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

機龍警察(POLICE DRAGOON)とは、月村了衛著作の近未来警察小説である。

警察ミステリー、またはSF小説にもカテゴライズされるが、著者である月村了衛は冒険小説としている。
後述の受賞歴やランキング入りからもわかるように、いずれのジャンルいても非常に高い評価を得ている。

概要

ノワール」「円盤皇女ワるきゅーレ」など、多数のアニメの原案・脚本を務めた月村了衛が創り出した作品群。

上記受賞歴以外でも、「このミステリーがすごい!」や「SF読みたい!」などのブックガイドなどで、度々年間ベストテンランクインしている。

タイトルで損をしていると言われることもある。ちなみにタイトルの「機」とはパワードスーツ機兵」の事をしているのであって、メカゴジラではない。「読んだことないけどメカゴジラおまわりさんをする話だろ?」と思っている人も居るかもしれないが、そんなことはない。

シリーズ書誌の刊行、賞歴の時系列

2010年、長篇第一作「機龍警察」ハヤカワ文庫JAより刊行、本作が月村了衛小説家としての処女作となる。

2011年、長篇第二作「機龍警察 自爆条項」がハヤカワ・ミステリワールドより刊行。

2012年「機龍警察 自爆条項」が第33回日本SF大賞を受賞。同年9月、長篇第三作「機龍警察 暗市場が刊行。

2013年「機龍警察 暗市場吉川英治文学新人賞受賞。

2014年、長篇第四作「機龍警察 未亡団」が刊行。同年11月、長篇第一作に大幅な評論・解説を増補した「機龍警察 〔完全版〕」 また12月、初の短篇集となる「機龍警察 火宅」が刊行。

2015年、長篇第五作「機龍警察 眼殺手」早川書房の隔刊誌『ミステリマガジン2016年1月号(11月25日刊行)より連載開始。これが本作品群、初の連載形式となる。

2016年、長篇第二作を加筆し、短編集の自作解題を増補した「機龍警察 自爆条項 〔完全版〕」が刊行。

2017年、長篇第一作と第二作の増補版「機龍警察 〔完全版〕」「機龍警察 自爆条項〔完全版〕」が文庫化。そして、前述の連載をめた長篇第五作「機龍警察 眼殺手」が刊行、過去最大のページ数となる。

ストーリー

テロリズム犯罪と内戦・地域紛争の化と大量破壊兵器の衰退に伴い台頭した、二足歩行軍用有人兵器体系・機甲兵装が普及した近未来

新設された警視庁特捜部は機兵(ドラグーン)」と呼称される次世代機甲兵装を導入し、
搭乗要員として3人の傭兵・元警官・テロリスト契約した…

これは孤立援の中、続発する事件とその背後に潜む巨大な闇と対峙する凄絶な暗闘を描いた作品である。

登場人物

※注意!一部ネタバレが含まれています

旬一郎

警視庁特捜部長 階級:警視長 年齢:推定40代前半

極めて異例な外務省から警視庁への出向により関係官庁の様々な圧の中、特捜部設立の立役者となった官僚。
落たデザイン眼鏡を掛け、テーラーメイド瀟洒な高級スーツを身にい、
正確なまでに明晰な頭い知れぬ豪腕を以って特捜部の揮を執る恐るべき切れ者。
愛煙であり、キューバ産の葉巻好する。常喫銘柄はモンテ・クリストのミニガリロ。  

特捜部理事官 階級:警視 年齢:30

部長であるの右腕として、特捜部内の揮・調整を行う理事官の1人。
キャリア官僚でありながら現場捜員や外部契約を交わしている部付警部と分け隔てなく接する等、
極めて温和な性格をしており、これからの犯罪は特捜部が軸となり、
民の生命財産を守るという理想義的な考えをもつ。東京大学法学部卒業
父親は政官財の各界に影を持つ重鎮、衆議院議員であり若くして政権与党の幹部という名の出身。
しかし、それ故に自身の特捜部配属に関してはに対して少なからず劣等感を抱いている。
特捜部内の女性人気を由起と二分する程の子然とした美形でもある。

宮近浩次

特捜部理事官 階級:警視 30

木とは異なり、察庁(警察庁)からの理事官。会議では説明をこなす機会が多い。
木とは同期であり親友。警察官僚のである妻とくに結婚し、を1人もうけている。
官僚機構の常識を重視し、逸脱と例外を極度に嫌うという典的なキャリア官僚的思考を持ち、
警察内部で厄介者として疎んじられている特捜部への配属を出世への悪影と考えている。
突入要員である部付警部達、特に姿の自由奔放とした振る舞いに手を焼き、
めいた存在であるにも警心を持つ。東京大学経済学部卒業

姿俊之

特捜部付警部 機兵搭乗要員 コールサインPD1 籍不明 日本人 年齢:推定30代前半

特捜部加入前は世界各地の紛争地帯を渡り歩いていたとされているが、
その経歴・出自は未だ多くのに包まれている白髪傭兵
所構わず軽口をく飄々とした態度が反感を買う一方、常に冷静沈着に任務を遂行する特級の戦闘を有し、
プロフェッショナルとしての強い持を持つ。本職兵士である為、特捜部内にける軍事顧問的存在。
趣味嗜好として珈琲に対する造詣が深く、その他の雑学にも精通しており度々作中で薀蓄を並べる。

搭乗する機甲兵装は兵戦特化機兵「フィアボルグ」  

重大なネタバレ事項(文字反転)→機兵搭乗要員としての契約事項にける自爆条項」一の代理執行者
自爆条項」とは、「機兵が第三者に奪取、ないしはそれに準ずる事態が発生した際、契約者(搭乗要員)は速やかに機兵を爆破しなければならない」という契約上の絶対事項。これこそ、機兵搭乗要員を現職の警察官から抜することが不可能だった事由である。(「搭乗要員と同時に」爆破、と記載な点は「搭乗要員諸共自爆を行う」
というニュアンスを糊塗する官僚的レトリックである)
しかし彼の契約条項の文面にのみ、「搭乗要員が機兵爆破が困難・不可能となった場合、甲・姿俊之は機兵破壊を代行しなければならない」とされている。故に搭乗要員3人の中で、最も高額な契約を交わしている。

伝説傭兵集団ディアボロス」一の生き残り。

ユーリ・オズノフ 本名:ユーリ・ミハイロヴィッチ・オズノフ

特捜部付警部 機兵搭乗要員 コールサインPD2 ロシア連邦モスクワ出身 年齢:推定30代前半

元々はモスクワにて警察官を務めていたが腐敗官僚の計略によって濡れ衣を着せられ、
ロシアン・マフィアに身を潜めながらアジア各地の裏社会を転々とし、犯罪行為に手を染める。
その後、紆余曲折の末に外務省時代のによってスカウトされ現在に至る。
特捜部の内外、延いては日本警察を含めた根深い警察への不信を抱きながらも、
かつて刑事であった自己の持を捨てられない葛に苦悩する。
モスクワ民警の敏腕刑事であった父親の元に育ち、警察官時代の上・同僚との経験や自身の才からされた
極めて高度に洗練された観察眼・洞察を有し、状況によっては捜班との連携を可とする柔軟性を併せ持つ。

搭乗する機甲兵装は機動性特化機兵バーゲスト

ライザ・ラードナー 本名:ライザ・マクブレイド

特捜部付警部 機兵搭乗要員 コールサインPD3 北アイルランド(英領)・ベルファスト出身 年齢:20代後半

情勢不安となった北アイルランドにて台頭したIRAアイルランド共和軍)最悪の生組織IRFのテロリスト
組織内では処刑人と呼ばれる暗殺に従事するポジションに身を置いていた、通称「死神
20代半ばにして高度な戦闘技術を持つが、過去の経験から精面での脆弱性が存在する。
ブロンドヘアーにモデルのような長身美人だが、それを掻き消すかの如く陰な影を身にっている。

搭乗する機甲兵装は重武装特化機兵バンシー

ネタバレ事項・過去の経験について(文字反転)→IRFが引き起こした大規模テロいて、他ならぬ自分が設置した爆弾によって最実妹死亡させるという忌まわしい過去を持つ。以降、IRFの戦線より離脱。
IRF参謀本部から裏切りと断定され、世界各地を転々とした末に潜伏先のベネズエラスカウトされる。

由起志郎

特捜部捜主任 階級:警部補 山口県下関市出身 年齢:29歳

特捜部にいて現場捜の実働を担当する捜班の主任
幼少期は非常に荒んだ生活を送っていたが、警察官であった叔父の計らいで自身も職を同じくする。
穏やかな物女性子供などの弱者への配慮を欠かさない好青年であるが、稀に凄愴な面を覗かせる。
現場の捜官として正義感に溢れ、日本治安世界情勢と警察構造体質に憤りを感じている。
面」と称される程の色白で、端正な顔立ちをしている美形である。

特捜部捜主任 階級:警部補 岩手県出身 年齢:29歳

由起と同じく、捜班の主任。由起とは警察学校時代の同期であり親友。
元々は警視庁一課に所属していたが、卓越した現場捜の実からに引き抜かれた。
特捜部への加入と同時に昇進した為に、かつての同僚・後輩達に「裏切り者」と罵詈雑言を浴びせられ、
深い心痛に胸を痛める中で捜を遂行している。
色白な由起とは対照的に浅い肌に刈りという貌だが、後輩想いの温厚な性格である。
学生時代、インターハイ優勝を果たす程の柔道の達人。

特捜部技術班主任 階級:警部補 年齢:20代後半

MIT(マサチューセッツ工科大学)出身の才媛。
弱冠20代にして特捜部が保有する機兵の設備全般を担当する技術官。
過去IRFが引き起こした大規模テロによって両親とを失う過去を持ち、
自身が置かれた立場と元IRFのテロリストであるライザに対して極めて複雑な心情を持っている。

特捜部庶務班主任 階級:警部補 年齢:30

いつも穏やかな笑みを絶やさず、木と共に特捜部内にける「気配りの双璧」と称される
内部管理部門である警務警察出身の才媛。
「私の情報女子井戸会議だけ。」と自称するが、人の振る舞いや身のこなしから
他者の心情を読み取る、優れた想像を有している。

類似コンセプトとの比較

未来SF警察ものとして、漫画アニメ作品「機動警察パトレイバー」と較されることもある。警察組織内や庁間のセクショナリズムが描かれる点などが、確かに「パトレイバー」と(特に押井守監督を務めた『劇場版パトレイバー』と)似通った部分もある。
しかし、本作品はパトレイバーよりも雰囲気が暗く、ハードボイルドノワール小説に似通っている。その意味では、アニメ映画作品「人狼 JIN-ROH」(上記パトレイバー劇場版監督を務めた押井守が脚本)などに通ずるかもしれない。

一方で士郎正宗原作漫画作品「攻殻機動隊」を連想するとのもある。こちらも、どこか明るい雰囲気も漂う原作漫画攻殻機動隊」ではなく、神山健治監督作であるテレビアニメ版「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」の方が近いかもしれない。

また、1991年に『機甲警察メタルジャック』という「パワードスーツを用いる警察官」が活躍するアニメ作品にいて、著者である月村了衛脚本家の一員として加わっている。作品の対層としては小学生以下の児童層ではあるが、当該作品とのコンセプトの類似が摘されており、一説では機龍警察の直接的原案ではないかとされている。

尚、筆者である月村了衛は自身の著書全般に対する執筆動機について、次の様に述べている。

「私が学生だった70年代80年代には冒険小説というジャンルに対する共通認識があったと思うんです。次々と巨匠デビューし、日本推理作家協会賞々と取っていた時代だったんです。サスペンスエスピオナージュ、ポリティルフィクションなど幅広い内容を含む、非常に豊かなジャンルだったはず。ところが、この10年でその認識が失われてしまいました。もう今では“冒険小説”が通用しなくなっている。一般の人に聞いても、海賊モノやインディ・ジョーンズしかイメージしないと思う。20年も30年も後退してしまった」

「今は、本来の冒険小説を次の世代につなげていきたいという思いが非常にあります。作家デビューするまではそこまでは自覚的ではありませんでしたけど、デビューしてみると、冒険小説とは何かを皆が知っていて当然だと思っていたのが、そうじゃないことがわかり、にわか危機感を抱きました。冒険小説という言葉そのものを何か他の言葉に変えた方がいいんじゃないか、とさえ思うくらい切迫したものを感じています」

嗜好と文化 vol.52 月村了衛http://mainichi.jp/sp/shikou/52/01.html

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

機龍警察に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/27(木) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/27(木) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP