今注目のニュース
飛行機「バードストライク」の実態 毎日のように発生も、ほぼ問題なく目的地へ到着
「にゃんだこれ……?」 人形を乗せられてもされるがままの猫ちゃん 困惑の表情がかわいくてツボる
好きな人には自分だけを見てほしい… 仕事で話すのさえ嫌がる事例も

次元幽閉単語

ジゲンユウヘイ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

次元幽閉とは、アニメ遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」に登場するカードである。
特別に正式名で呼称することがめられない場では、「閉」と略されて呼ばれることも多い。

概要

アモン・ガラムエド・フェニックスとのデュエルで使用したカードテキストは「相手モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。その攻撃モンスター1体をゲームから除外する。」(アニメGX第144話による)。

エドの「D-HEROレッドガイ」の攻撃に対して発動、破壊耐性を持っていたドレッドガイを除外した。
このときのアモンの「破壊ではない、除外してもらう。」という台詞は、このカードの強さを的確に表している。

このカードの発動時、エドはこのカードを「カウンタートラップ」と呼んでいたが、アニメで確認できるこのカードに、カウンターアイコンはなかった(後述のOCGでも通常)。攻撃に対するカウンターという意味だろうが、実際にある用を使ったために紛らわしいことになってしまった。

OCG版

ゲーム遊☆戯☆王デュエルモンスターズ WORLD CHAMPIONSHIP 2008」(2007年11月29日発売)の付録としてOCGに登場。

通常
相手モンスターの攻撃宣言時、攻撃モンスター1体を選択して発動できる。
選択した攻撃モンスターゲームから除外する。

※「ストラクチャデッキ-機-」収録のカードSD26-JP033)による

アニメとまったく同じ効果でOCG化された。

このカードに類似する、攻撃モンスター1体を破壊する効果を持つ「炸裂装甲」も存在する。
しかし、除外は破壊にべて対策が取りにくい。破壊は「スターダスト・ドラゴン」など、対策となるカードが多く存在し、破壊されても墓地へ行くために、「死者蘇生」などで再利用することも難しくないが、除外にはそのような対策となるカードが少なく、除外されたモンスターの再利用も難しい。そのため、除外はかなり有効な除去となる。

登場時には便利な除去カードとして、魔法で除去しつつガジェットで攻める【除去ガジェットデッキなどに迎えられた。

一方で、弱点も存在する。

攻撃宣言時に発動するのため、攻撃より前にこのカードを除去されてしまったらを発揮できない。近年は「大嵐」(後に禁止)や「ハーピィの羽根帚」、「サイクロン」などの規制が緩和されたこと、「ダーク・アームド・ドラゴン」をはじめ、攻撃前に簡単に除去効果が使えるモンスターを伸ばしていることなどから、このカードの採用を見送るケースが多い。特に最近は伏せカードへ対応しやすい甲虫装機の登場などもあり、このカードをはじめ攻撃反応にとっては厳しい状況が続いていた。
甲虫装機制限改訂の影弱体化したが、伏せカードが除去されやすいという状況が大きく変わったわけではない。ただし、現在は伏せ除去に対する抑止としてアーティファクトが存在するため、デッキ次第では除去されにくいかもしれない。

とはいえ、除外が有な除去であることには変わりないため、使われたら使われたで面倒なカードではある。特に近年は破壊耐性を持つエクシーズモンスターなどが数を増やしていることや、破壊されても再利用しやすいペンデュラムモンスターの登場などもあり、除外するメリットも大きくなっている。


また、破壊よりは面倒といえ、除外に対する対策も存在する。
特に「次元融合」が禁止定を受ける以前は、「次元融合」で除外したモンスターを特殊召喚されることを恐れて、このカードより「炸裂装甲」を優先するケースもあった。
次元融合」が禁止定を受けてからそのような事例はなくなったが、除外を防ぐ「王宮の鉄壁」や、除外されたカードを再利用する手段として「異次元からの埋葬」などは存在する。現在は「次元融合」と類似する「異次元からの帰還」も禁止定を受けているので、多少は再利用されにくくなっている。

積極的に除外カードを利用するデッキを相手にした場合、かえって除外しないほうがよいということもある。その脅威が「炸裂装甲」を優先して採用させるほどのものかはまた別の話であるが、相手のデッキ次第では除外利用カードを警する必要もあるだろう。


優秀なカードではあるが、初出がゲーム付録のため、入手は困難であった。そのためそれなりに値のカードではあったが、後に「ストラクチャデッキマシンナーズコマンド-」で再録されたことで入手が容易になった。現在ならば「ストラクチャデッキ-機-」からも入手可

同じく除外による除去を行えるカードとして「奈落の落とし穴」がある。タイミングが(特殊)召喚成功時なので、攻撃前に伏せカードを除去できる「ダーク・アームド・ドラゴン」などのモンスターに対してはそちらのほうが強い。こちらの利点は低攻撃モンスターにも使えることや、破壊を介さないため破壊耐性を回避できること。

イラストでは「放浪の勇者 フリード」と「ガガギゴ」が描かれている。様子を見るに、「ガガギゴ」の攻撃に対して発動されたのだろうか。

日本では後述のゲームリストを除き一度も規制を受けたことはないが、海外では2013年9月1日訂で準制限カード定された。海外では「大嵐」が禁止であり、伏せ除去の手段が少ないためか。しかし、2014年7月14日に解除されている。

その他の作品において

WORLD CHAMPIONSHIP 2008で配信されたオリジナルの禁止・制限リストである、スペシャルリスト及び世界大会用リストでは、このカードは準制限カード定されている。
2009年以降のWCSシリーズでは特に規制を受けていない。

D・チームゼアルではマスターイビル遊馬とのデュエルで使用。
No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ」の攻撃に対して発動し、除外しようとしたが、その前にビヨンド・ザ・ホープが自身の効果で除外されてしまった。


アニメ5D'sでは、このカードと似たような「次元均衡」というカードが登場した(OCG化はされていない)。チームユニコーンアンドレが使用しており、「サンダーユニコーン」が「ブラック・ローズ・ドラゴン」の攻撃を受けた際に発動された。
テキストは以下。

通常
自分フィールド上に存在するモンスター1体を選択して発動する。 
選択したモンスター戦闘によって破壊され墓地へ送られた場合、
選択したモンスターを破壊した相手の攻撃モンスター1体をゲームから除外し、
選択したモンスターを自分の墓地から特殊召喚する。
その後、バトルフェイズを終了する。

※「遊☆戯☆王ファイブディーズ」第99話による

 このカードと似たようなカードではあるが、以下のような相違点がある。

タッグフォース6でもこの「次元均衡」がオリジナルカードとして登場している。そちらは発動タイミングが「自分フィールド上に存在するモンスターが相手モンスターの攻撃によって破壊され墓地へ送られたとき」とされており、バトルフェイズ終了の効果は消されている。
単体で使い勝手のいい除去となる「次元幽閉」と違い、全にコンボを前提とした効果であるため、採用の際はよくデッキと相談する必要があるカードとなっている。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 10ななしのよっしん

    2015/06/11(木) 23:38:37 ID: D6bF/g51nb

    >>sm22442562exit_nicovideo


    これで遊戯王興味持ったんで次元幽閉には思い入れがあるんだよなぁ・・・

  • 11ななしのよっしん

    2018/08/03(金) 23:59:30 ID: DWbU3V9T9B

    こっちは破壊耐性持ちにも効くとはいえミラフォ制限になってるのもあって苦しい立場にあるよな
    書いてあることは間違いなく強いんだが

  • 12ななしのよっしん

    2019/03/11(月) 02:35:21 ID: rPYy/n8nFp

    ミラフォランチャー限復活できるし。
    そもそも自体がリブートだのなんだので厳しい。

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/19(土) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/19(土) 19:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP