今注目のニュース
映画『トップガン』敵はどこの軍だったのか?劇中情報と当時の世界情勢を考察した結果
旅客機の胴体なぜ丸いのか?JAL機長 当選確率1%以下「SNSファン感謝イベント」で語る
松本人志、島田紳助さんのYouTube出演にコメント

歌ってみろ単語

ウタッテミロ

  • 12
  • 0
掲示板をみる(244)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(12)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

歌ってみろ(ウタッテミロ)とは、以下のような作品に付けられるタグである。

  1. 一般的に歌うことが非常に困難であるとされる作品
  2. 内容は歌・楽曲として成立しているが明らかに歌唱には適さない作品
  3. 下ネタの連発など歌うのがはばかられる作品
  4. 昭和歌謡や懐メロなど現在歌い手があまり歌わない作品
  5. 歌ってみたへの批判や皮などをテーマにした作品

言ってしまえば「歌ってみたタグ化したもじりであるが、歌ってみたタグ登録が増え続けている現状では、ニコニコ動画内の歌い手への挑戦とも取れる。

概要

純粋に歌うことが難しい曲

オペラの難曲など、歌曲として作られ、実際にプロオペラ歌手などによって歌われてもいるが、その難易度が非常に高く、特殊な訓練を受けていない素人にはとても気軽に「歌ってみる」ことは不可能であろうとされる楽曲。

もちろんこのような楽曲を歌う人は少ないだろうが、これらの楽曲にこのタグが付けられた場合には、純にその曲を歌ってほしいという期待よりも、どうせ理だろうという挑発的な意味合いや、間接的にその曲の難易度の高さを表しているものと思われる。

歌唱には適さない作品

前項とかぶる部分もあるが、特徴として「奇高音域が続く」「歌詞を口に出来ない」「曲自体が長すぎる」「テンポがすごく速い」「そもそも歌として作られた作品ではない」などがある。

歌とは縁だった作品を用いたMADや、生身の人間では不可能な歌唱をVOCALOIDによって実現した作品が多くみられる。

実際に歌っちゃった人の動画には、その栄誉を称え「何故歌ったシリーズ」「何故歌えた」のタグが贈られる場合もある。

下ネタなどの連発

もともとの作品を作っている人はPCヘッドホンをしていれば外部に音が漏れることはなく、家族や近所に聞かれる心配はない。

しかし、そうした作品を歌う場合にはに出さなければならないため、自宅で収録している場合には家族や近所に聞かれてしまう危険性がある。また、カラオケボックスなどの収録でも隣室に漏れてしまう可性がある。そこで「そうした危険を顧みずに歌えるかな?」ということでこのタグがつけられることが多い。

しかし、実際にはなく歌う歌い手が多いのも事実である。

懐メロなど

ニコニコ動画ではアニソンVOCALOIDオリジナル曲を歌う人は多いが、懐メロ昭和歌謡などに関しては歌う人が極端に少ない。そこで名曲とされる楽曲のオフボーカル動画などが上がるとこのタグをつけることでそうした状況を揶揄する人も存在する。

なお、自作カラオケであれば、原盤権には触れないため、JASRACなどと包括契約をしているニコニコ動画で歌唱動画アップロードするのは問題がない。

歌ってみた批判

歌ってみたからメジャーデビューしたプロ歌い手が登場するなど、注を集める一方で様々な不祥事や問題点が日々摘されている。こうした内容を直接あるいは間接的に風刺した作品もまたニコニコ動画では多数発表されている。こうした作品を歌うことは自己否定にもつながるため、「どうせ歌わないんだろう?」という皮を込めてこのタグが付けられる。

こうしたテーマの作品はあまり歌われることはないが、まれに多くの歌い手によって歌われることもある。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/19(日) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/19(日) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP