今注目のニュース
「ツンデレ」風味のビールって何なの... 設定が難解すぎる群馬の地ビールが話題に
バイトテロから作業員まで! 人生が変わるほど大炎上した“不適切動画”のその後
もし「同性愛」と「異性愛」が逆だったら? 概念を逆転させた漫画が考えさせられる

武田義信単語

タケダヨシノブ

掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

武田義信(たけだ・よしのぶ 1538 ~ 1567)とは、甲斐戦国武将である。

概要

武田信玄長男であり、武田勝頼らの

甲斐武田氏の後継者であったが、謀叛を企てた疑いにより嫡・閉され、30歳でこの世を去った。ある意味狭間のとばっちりを一番食らった人物かもしれない。

彼の死により、諏訪氏を継ぐはずだった勝頼が後継者に名される事になる。

生涯

武田の後継者として

甲斐戦国大名武田信玄信)、はその正室である三条の方。『義』の字は13代将軍・足利義輝から賜ったもの。

1554年、甲相駿三国同盟完成し、その一環として今川義元・嶺院を妻に迎えている。三組の夫婦の中では最もく、1552年に結婚した。(ちなみに嶺院のは信玄のなので、二人はいとこ同士)

1554年に17歳初陣を飾り、1561年の第四次中島の戦いでは上杉謙信の本を奇襲するなどの功を挙げたという。

こうして甲斐源氏嫡流たる武田氏の後継者に相応しい人生を順調に歩んでいる、かに見えた。だがその一方で、戦国の情勢は大きく変化しつつあった…その渦に義信は巻き込まれていく。

義信事件

1560年、桶狭間の戦い今川義元が討死した事から始まる。義元の突然の死により、今川は大混乱に陥った。特に三河では松平元康(のちの徳川家康)が自立して、1562年には織田信長と清同盟を結び、今川領を侵食し始める。

一方武田はというと、1561年の第四次中島の戦いをもって北信濃の争いが収拾へと向かっていた。越後の上杉謙信(政虎)は関東管領の座を継ぎ、関東の北条征伐に注するようになる。

こうした状況から、武田中では「遠い北信・越後への出兵は止め、近くの駿河をく」という新たな方針が浮かび上がっていた。だがそれは当然、三同盟からの脱退を意味する。

武田信玄駿河侵攻を基本路線と考えていたが、それに反発する親今川臣も存在しており、今川から妻を迎えていた義信もまた親今川の立場にあったと考えられている。実際に義信自身がどれくらい積極的に信玄と対立していたのかは今となっては分からないが、少なくとも親今川の旗頭に据えられていた事は、この後の展開から見ても間違いなさそうである。

1565年。信玄は織田信長と同盟を成立させ、四男・諏訪勝頼の妻に信長の養女を迎え入れた。そして同年10月、義信は信玄暗殺計画に関わった疑いから閉されてしまう。駿河侵攻は決定的なものとなった。

同時期に、義信の側近を務めていた飯富虎長坂五郎近習六人衆の一人・長坂であるとも別人とも)、曽根周防守(近習六人衆の一人・曽根世の子とされる)といった面々が信玄暗殺計画の首謀者として誅殺・粛清された。この計画の存在を信玄に伝えたのは飯富虎、のちの山県昌景であったと言われている。

閉された義信は2年後の1567年に死去した。病死であるとも自害であるとも言われ、確はない。彼の死に伴い、嶺院は駿河へと戻され、出した。

その後

1568年、ガタガタの今川を支えていたゴッドマザー寿桂尼も死去。信玄は北条氏に今川領の分割を提案するが、北条氏はこれを拒絶し、武田・北条間の同盟も手切れとなる。信玄は徳)氏と組む方針に転換し、同年末から駿河侵攻が始まった。

1569年に戦国大名今川氏は滅亡し、1570年には北条の援軍も追い返して駿河を支配下に置いたが、一方で上杉謙信北条氏政が越相同盟を結んでおり、また武田織田・徳との関係も悪化させてしまい、孤立状態に陥ってしまう。

海野芳は盲目、三世していたため、四武田勝頼が新たに後継者に名されるが…。

義信事件推考

義信事件については当時の史料がほとんど残されておらず、その内情は不明な部分がとても多い。

結果的に彼の死後に駿河侵攻が本格化した事もあって、正面から信玄と反発していたイメージを持たれている。信玄自身、(義信にとっては祖)・武田信虎を追放して当となっている事もあり、それと重ねられている部分もあるだろう。

同時期に勝頼が信長の養女(実遠山氏)を妻に迎えている事も、勝頼を新たな後継とする事が既定路線であるかのような印を与えている。ただ、元々勝頼は諏訪氏の後継として信濃・高遠に拠っていたので、西の抑えとして信長との関係を結ばせるのは自然といえば自然なのだが。

義信の死というのも信玄が望んでいた結果なのか、それすら分からない。親今川の首謀者たちは即粛清されているが、義信については閉止まりというこの扱いをどう判断すべきか。想像の余地は広い。

まあ、そもそも義信が後継者としての素質に優れていたかどうかについても不明な部分が多いので、結局のところ議論するだけ不毛になってしまう。結果としては、武田信玄息子も自ら排除した人物という事になり、こうした少々強引な拡大策の積み重ねが最終的に武田の首を絞めた、という点は間違いなさそうだが…。

子孫など

院との間には女子が一人または二人いたといわれるが詳細も消息も不明。嶺院自身は1612年に死去したが、駿河帰後の後半生については不明。

また、熊本細川に仕えた岩間正成(六兵衛)という人物は武田信玄の孫とされており、そのは義信という説と、武田信清(信玄七男)という説がある。勝頼の臣である岩間正頼の養子となって、武田滅亡後に小笠原秀政に仕えた後、秀政の細川忠利ぐ際(1609年)に付き従い、そのまま代々細川に仕えたという。『肥後要系図』に拠れば、1647年に死去。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける武田義信の力一覧。

シリーズ皆勤賞。勝頼とはどっこいどっこいの値という時期が長かったのだが、あたりからガクッとを落とされてしまった。「創造」では勝頼にも仁科盛信にも全で負けてしまっている…。しかし評価しようにも、上述の通り実働期間が短すぎて評価しづらいのも事実

義信事件は多くの作品でイベントとして登場する。作品によっては、イベント発生直後にCPU武田今川が同盟を結び直してしまい「義信とは何だったのか」プレイヤー然とさせてしまう事もあるw

ちなみに「戦国立志伝」で彼をプレイヤーに選択して1562年シナリオ(織徳同盟)を開始すると、開始翌に義信事件が発生 → 問答用で死亡、という厳しすぎる現実が待っている(最速でEDを見る事が出来る、といわれる)。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 76 政治 55 92 野望 77
武将風雲録(S1) 戦闘 68 政治 64 79 野望 20 教養 67
覇王 采配 75 戦闘 73 智謀 32 政治 64 野望 20
天翔記 戦才 154(A) 智才 104(C) 政才 138(B) 78 野望 60
将星 戦闘 80 智謀 59 政治 62
烈風 采配 79 戦闘 75 智謀 46 政治 54
世記 采配 69 智謀 24 政治 39 野望 68
蒼天 統率 72 知略 24 政治 40
下創世 統率 72 知略 25 政治 40 教養 61
革新 統率 80 武勇 79 知略 30 政治 45
統率 68 武勇 62 知略 30 政治 45
創造 統率 65 武勇 58 知略 38 政治 48

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 2ななしのよっしん

    2017/05/25(木) 11:12:10 ID: WTCn2KBMum

    おんなでは今川氏真覚醒させる役回りだった

  • 3ななしのよっしん

    2018/06/03(日) 12:23:59 ID: QKta7AedaK

    武辺者だった逸話が結構あるのに、何故か戦闘力を下げられる一方の不憫な人

  • 4ななしのよっしん

    2018/11/22(木) 23:18:32 ID: JAa9vBFmbh

    >>3
    勝頼のageとは対照的だよね…
    最近の信長の野望のステは前作とべて
    なんで下げた(上げた)のか?って根拠がよくわからん修正が多い気がする

急上昇ワード

最終更新:2019/07/16(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/16(火) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP