武者小路 単語

1件

ムシャノコウジ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

武者小路(むしゃこうじ、むしゃのこうじ)とは、日本苗字、地名である。

平安京に武者小路があった(現在京都市武者小路通)。苗字としては公家苗字として知られる。江戸時代初期に三条西実条の子、種が武者小路を称した。同じ三条西の分、西郊から養子に入った2代当武者小路実陰は歌人として才を発揮し、霊元上皇より「古今和歌集」の伝授を受けた。武者小路は後も歌で優れた人材を発揮し、維新後は子爵となる。小説家武者小路実篤も一族の一人である。

曖昧さ回避

人名

実在の人物

その他

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/25(木) 10:00

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP