殺し屋 単語

83件

コロシヤ

3.8千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

殺し屋とは、職業の一つ(?)。暗殺者アサシンとも言う。

人に頼まれて人を殺すのが仕事

萌え要素属性として描かれる場合もある。

似ているもの

暗殺自体は assassination(アサシネーション)。
殺し屋に限らず、殺人者そのものは murderer(マーダラー)。

若干の差異や混同される部分はあるが、殺された側からすればあまり関係ないかもしれない。

相手が善人/ド外道極悪人に関わらず、個人的な恨のあるわけでもない人間を報酬で意図的に殺すことから、副次的に殺人鬼サイコパスシリアルキラー、冷酷などと言われる場合もある。

概要

他人から報酬をもらって殺人を請け負う人。現在日本では、建前としては存在していない。裏社会は知らん。現在でも無法地帯治安の悪い地域や一部の外では実在する。お前らはなるなよ。

当然ながら、正当防衛でもない限りは犯罪である。

殺し屋の定義特定の手段や器は含まれないため、素手ナイフ拳銃狙撃銃ロープ・毒薬ガスまで多岐にわたる。複数の専門的な殺し屋が登場する作品も多い。実行前や実行時に周囲にバレないようサプレッサーや他の物品に偽装した暗器などを用いるものも。

プロの殺し屋などは、ターゲットに接近したり情報収集をする際に怪しまれないよう、TPOに応じた身なりや社交性殺人者の雰囲気を出さない顔や体格、疑われた際の咄嗟の機転、実行や実行後の緊ストレスで病まないための鋼メンタルなどもめられるかもしれない。非合法な武器の調達などは裏ルートも必要となる。そういった意味では若干スパイ重複する。

「詳しい事は殺し屋に聞いて下さい」と言いたいところだが、法律々以前に「殺し屋」で検索してすぐに出てきてしまったらその時点で殺し屋失格である。

もちろん、政府要人などは相手に関わらず警護を行うため実行は容易ではない。

の普及したではいちいち高額で殺し屋に依頼せず自分から報復に行ってしまうパターンもある。

フィクションにおける殺し屋

元軍人・元特殊部隊員・元傭兵といったガチそうな設定から、幼少時から両プロ直伝で暗殺技術を叩き込まれるなど幅広い。必ず複数発を撃ち込む、既に死亡していそうでもヘッドショットを決めるとプロっぽい。

単純に殺人の現場だけを描いても読者が飽きてしまうので、依頼者の背景事情、依頼実行までの一連の流れが描かれたり、殺し屋そのものをに嵌め数の暴力殺を試みる、悪vs悪、殺し屋vs殺し屋、逃亡劇といった展開もしくない。

女殺し屋は萌え要素属性でもある(マンガアニメでは大概美女なので。現実では知らん)。サイコパスだったり冷静沈着だったり表向きは好印幼女女子高生など描かれ方は様々。

さっさと殺せばいいのに流儀があるのか不意を突かずに一言を言う/言わせてから撃つか、言っている合間に邪魔が入るシーンあるある。「いいからく撃て」「撃ってから言え」とツッコミ所となる。あっさり殺したら話が終わってしまう、話が盛り上がらないので仕方ない。

変わった作品では権者が「××を殺してくれたら10億円払うぞ」と全広告を出し、そこらじゅうが半ば殺し屋だらけの状態になってしまうものも。(映画:藁の楯)

殺し屋が登場するが、ギャグブラックユーモアなどギャップを利用した作品もある。

割に合わない

「殺〇依頼請け負います、ひとり××万円から!」なんて
世間一般に募集すれば警察が来てしまうし、何も募集しなければ仕事が来ないという矛盾がある。

逮捕されれば死刑にならなくともそれなりの年数を刑務所に入れられてしまうので、その期間に稼げたはずの額は1円も入ってこない、前科がつき就職活動転職に悪相当額を貰わないと割に合わないといった悲しい欠点もある。

殺人罪は「死刑または期もしくは5年以上の有期懲役」であるため…毎手取り30万円の収入であっても年収360万円、5年で1800万円の収入を失うことに近い。厳密には刑務所内の作業でも報酬は出るが時給4円~60円程度。時給1000円学生アルバイトに5分も経たないうちに追い越される。

厳密には手取りからさらに生活費等が引かれるが、殺し屋をしている時点で生活費の心配をするのも何か悲しい気がする。刑務所なら生活費は全部負担してくれてラッキーとかそういう問題ではない。

気が抜けない

拠隠滅の手間もあり、少しでも気を抜くと物的拠や監視カメラ映像など情報の断片から容易に特定されてしまうため「やったはいいがいつ警察の手が伸びるか分からない」といった恐怖に怯えながら暮らすことになる。もちろん表情や姿勢に出てしまえば周囲に疑われる。

によっては給与支払いの遅延日常的など警察の買収も可だが、日本警察なのでほぼ通用しない。予備弾倉もない軽装備なので重装備なら撃退は容易かもしれないが、それをやるとガチで追跡してくるため賢い方法とは言えない。

狙われる側の人間悪人の場合はお前が言うなだが)もかに狙われるリスクも考えているもので、期に察知され逃亡されたり返り討ちにされてしまう可性もある。

信頼性の問題
  • 身分も成功率も不明な見ず知らずの人間に、前述のような高額を支払いたいか?そんなはあるか?
  • をくれたら殺人やるぜ」なんて人間は信用していいのか?

…といえばお察しください。極論、先払いでは実行せず持ち逃げされたり、後払いでは支払わない、返り討ちにされて逮捕されればづる式に自分が依頼したことがバレる、逆に脅迫される可性もあるなどリスクしかない。

アホ人間に頼んでしまい、容姿や部屋を間違えるなど、勘違いや人違いターゲットとは全く関係の人間を殺してくる迷惑極まりない事例もあるなどドジっ子では済まされない。

とある権者・大企業・組織団体などに雇われ、殺人事に成功して帰ってきたら口封じに殺されるパターンも考えられる。自首をしなくとも口を滑らせたり暴露されるリスクは0ではないため。

殺し屋ではないもの、曖昧なもの

報酬を貰うことや、玉砕や死亡的ではなく実行者の逃走も考慮する。

いずれにしても、殺される側からすればあまり変わらないかもしれない。

職業の分類(?)としては個人事業主かもしれないが開業届や人を出す人はいない。

殺し屋の一覧

加筆、大歓迎です。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/24(水) 08:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/24(水) 08:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP