殺陣単語

タテ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

殺陣(たて、さつじん)とは、徒手拳での格闘やを使ってのチャンバラシーンのことである。

概要

擬闘、技斗、擬斗ともいう。時代劇歌舞伎、現代劇ドラマ演劇などにおいて徒手拳での格闘シーンや撃でのチャンバラシーンのこと。なお、読み方は「さつじん」でも誤りではないが、「殺人」と発音が同じになるため「たて」が普通

当然、これらの撮影に使われる銀色に染めた模擬だったり、寸止めだったりするわけだが、剣道のように防具を着るわけにはいかないので人体の急所に当ててしまえば死亡事故もありえる危険を伴う分野である。このため、特殊な技術を身につけたスタントマンスーツアクターなどが俳優女優の代わりに演じることもあるが、俳優本人がやることもある。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/12(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/12(水) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP