今注目のニュース
『ダウンタウンなう』ノブコブ徳井が松本人志を金髪呼ばわりして視聴者爆笑
トイレの音聞きたいアイドル・BiSHメンバーに有吉共感 「俺もやった」
「鬼滅の刃」第19話の究極作画に伊之助役・松岡禎丞も感嘆「テレビでやるクオリティじゃない」

毛利小五郎単語

モウリコゴロウ

掲示板をみる(168)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

毛利小五郎とは、青山剛昌マンガ作品及びそれを原作とする『名探偵コナン』の中の架の人物。CV神谷明(~548話)→小山力也553話~)

概要

ほにゃ~

名前のモデル江戸川乱歩原作小説怪人十面相」に登場する探偵・明智小五郎。姓の毛利毛利蘭の名前のモデル作家モーリス・ルブランであることからの引用

毛利蘭。妻は妃英理。別居状態である為離婚したと勘違いされる事があるが、籍は残ったままで、長年別居しているにも関わらずお互いに気がある(どちらも素直になれず仲直り出来ていないだけ)。所轄の刑事で、目暮警部(当時は警部補)の部下として働いていたが、本編より10年前のとある事件をきっかけに退職。自宅に毛利探偵事務所を開き、私立探偵になる。

頭脳・探偵力

作品内の世界ではまるで眠っているかのような姿で名推理を披露するため「眠りの小五郎」と世間で評されるほどの名探偵である。しかし実際にはほとんど時計麻酔により眠らされ、ネクタイ機によって彼に成りすました江戸川コナン腹話術の要領で推理をっている。普段の彼の推理は「密室なら自殺」「すぐ矛盾が生じる推理で一同に突っ込まれる」と名探偵とはほど遠いものである……。

普段の推理は「探偵」という方が相応しい事も多く、刑事時代から迷宮入りさせた事件は多数あるらしい事が目暮警部の口からられている。全体的に視野が狭く、く結論を出そうと推理が短絡的であることが多いため、犯人の用意したミスリードにまんまと載せられてしまうなど、本作における「間違った推理」の担当であることがど。

が、彼にとって重要な人物が被害者・容疑者となった時には若干コナンサポートこそあってもコナンと同様、さらに一部においてコナンえる推理を展開する。(大人としての人生経験等、コナンい"強み"を活かす事も。)
この時の小五郎は「覚醒五郎」等と表現されており普段のギャップ燃もあってかすごくカッコいい。
特に水平線上の陰謀での活躍は凄まじく、推理は璧でコナンがフォローを入れたのは「ナイフ背中を刺した」というポイントのみ。(このナイフで刺したという情報が発覚した時すでに小五郎犯人を取り押さえるため船に潜伏していたため知りえない情報であった。)

「思い入れのある人物が関わっていて、即座に結論を出せない」場合等は特に強い為、やっぱり上述する短気さが探偵としての欠点なのかもしれない。

「どんな理由があっても殺人者の気持ちなんかわかりたくない」という信念を持っており、殺人を起こした人物に対しては同情の余地は持とうとしない。論それは旧友等、思い入れがあったり親しい人物に対しても同様である。また犯人に対して一することもある。

事件現場にコナンが介入する事を嫌い、よくゲンコツをお見舞いしていた。(500話以降は暴力表現として接触する事を防ぐ為か別の方法で退場させようとする)結果的にはコナンが事件解決するので全体からみれば足を引っる行為とも見えてしまうが、この行為は危険に巻き込まれる事を防ごうとしている彼なりの配慮である。(実際にコナンは事件介入した事で命の危機に面した事も多く、当のコナン少年探偵メンバーに対し事件介入を最小限にしようと配慮している。)

一方で劇場版第1弾にて爆弾事件に巻き込まれ、負傷入院したコナンを付きっきりに見守っていたり、不在の際に一緒に買い物をしたり外食をしたりする等、事件さえ絡まなければ案外コナンとの仲は良好であり、ギャグシーンでは実の親子以上のシンクロっぷりを見せたりする。

TVスペシャル版『ルパン三世vs名探偵コナン』では、事件に介入したコナン説教しつつもコナンが先に現地で仕入れた情報は信頼してお互いに情報提供を行っており、なんだかんだいいながらコナン探偵を信頼している一面が描かれておりルパンテロップで「名コンビ・・・」と示されていた。

新一君。よかったね。これなら未来の義父さんとも上手くやってけ・・・・・・

五郎「アァッ!?」

・・・・ゴメンナサイ

身体・体力

普段は過剰飲ヘビスモーカー運動不足(強草野球チームレギュラーであるが、ジョギング時にすぐ息切れを起こしてしまう)と生活習慣病予防生活どころか生活習慣病呼ぼう生活を送っており(実際に軽度ではあるがアルコール性肝機を患っている)、寿命が心配である。

一方、ならと言ったところか、学生時代の部活動として行っていた柔道の腕は衰え知らずであり、犯人確保に一役買っている(ただし、緊に弱いため大会では結果を残せなかった)。
特に劇場版第2弾の『14番目の標的』でのクライマックシーンでの劇場版メイン挿入歌『キミがいれば』をBGM相手へ決める一本背負い」は小五郎シーンの1つである。

刑事時代も、推理に関してはどうにも評価が低かったものの、柔道を用いて犯人確保に活躍した事の方が多かったらしい。
射撃の腕も一流であり警視庁でも1、2を争っていた。人質をにした犯人を撃ちぬいたこともある。

その他の人物像

ギャンブル好き(競馬等)であり、事も任せとあって、ダメ人間のように描かれる場合も多いが、よく(とコナン)を連れてレンタカー旅行に行ったりするなどしている(職業柄休暇が自由で時間を作りやすいというのもあるだろうが)。
作品初期には、素行調など、現実探偵らしい仕事も行ってはいたが、現在ではど見られない(あまりにも有名になったため尾行など秘密裏に行う仕事の依頼を受けづらいということもあるが)。また、普段の装に加えてサングラスをかけただけの状態で尾行するなど、こちらの方もすこしばかりお粗末であった。 

自身で料理をすることはく、が不在の時は外食する(探偵事務所のビル1Fにある"ポアロ"等)事も多いが、風邪を引いたコナンにおを作ってくれた事もある。

殺人事件の現場に"たまたま"居合わせる事から、目暮警部からは「死神」呼ばわりされている(しかし最近では目暮警部は「死神」なのはおっちゃんではなくコナンかもしれないと疑っている)。おっちゃんが悪いんやない。コナンが悪いんや。

横溝重悟警部からは「の小五郎」と言われ煙たがられている。

笑い方に特徴があり、「ナーハッハッハ!」という笑い方をする。

英語は苦手分野の様で、「ミスコン」を「ミステイクコンテスト」の事だと勘違いしたり、ロンドンへ行った時コナンが居なくなり一人になった時は困惑していた。

突然のCV交代

2009年9月18日に担当CVであった神谷明氏が自身のブログにて「役を解かれた」と表明し、降する事となった。

体調不良等の止むを得ない理由以外での不可解な降に対し納得出来ないファンが多く、名探偵コナン関連の動画上でも「戻ってきてほしい」というコメントが未だ投稿されている。

しかし、引き継いだ小山力也氏には何も問題はので、彼に対する批判コメントは筋違いである為くれぐれも注意願いたい。

後に前任の神谷2010年4月2日に同ブログにて「今日小山力也さんとお会いしました。そこで、ボクの小五郎にとらわれずに、自分の小五郎を作って欲しいとお願いしました。」と正式にバトンタッチ(題名より)を行ったことを表明している。

関連動画

 

関連商品

関連項目

掲示板

  • 166ななしのよっしん

    2019/03/20(水) 23:02:34 ID: kNQOU3BN4H

    おっちゃん本気出す回好き
    原作初期の同会の話が特に良い

  • 167ななしのよっしん

    2019/04/29(月) 01:46:45 ID: 0XMO3a+Y7s

    まさかこんな形で神谷明ボイスおっちゃんが復活するとは思わなかった…w
    >>sm34913340exit_nicovideo

  • 168ななしのよっしん

    2019/05/23(木) 19:12:12 ID: +GEjaVNVjg

    アニオリ設定だからか一時期アニメ高所恐怖症設定が消えたかのように見かけなくなってたけど
    小山時代になってから急に設定が復活したと感じたな、天空の難破船の時に怖がってる様子を見て懐かしいなと思ったよ

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP