水野忠邦単語

ミズノタダクニ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

水野忠邦17941851)とは、江戸時代後期に活躍した大名である。

概要

徳川家康の生の出身である水野氏の衣鉢を継ぐ。宗水野勝成の系統ではなく、水野忠之らを輩出した分の系統。保の革の推進者。

文化4年(1807年)に従五位下式部少に叙任され、文化9年(1812年)に肥前6万石の和泉守となる。このころ唐も窮乏しており、出奔が相次いでいたため、水野忠邦は革の決意をするが、後々のことを踏まえるとまだ消極的ととらえられるものだったようだ。一方でこのころすでに幕政の枢要への参加を志し、これこそが水野忠邦の「青雲の要路」であった。

文化12年(1815年)に老中就任への登竜門であった奏者番に任じられる。文化14年(1816年)には寺社奉行兼、左近将監、遠江浜松6万石への転封を命じられる。これは唐長崎警備の重責があるため、老中になることができないことからも、願ったりかなったりであった。しかし唐浜松では実収に大きく格差があり、臣団は反対したとも。

文政8年(1825年)には従四位下かつ大坂城代となり、文政9年(1826年)には京都代かつ従・越前守に。そしてついに文政11年(1828年)には西丸老中になり、保5年(1834年)にようやく本丸老中になることができた。

その後徳川家斉大御所時代が斉の死によって終わると、保12年(1841年)についに保の革を開始する。が、保14年(1843年)に発布した上知が強い反発を呼び、水野忠邦はあっけなく老中を罷免されてしまった。諸大名に対して「御革の儀、御代々の思召は論の儀、取り分け、享保、寛政、の御趣意に遠はざる様、思召しには、何も厚く心得、相勤むべし」とまず伝えた彼の革は失敗に終わったのであった。

保の革とは、特徴としては享保の革や寛政の革を標とした復古理想義的なものであり、人返しの法や上知など幕府権の強化をしていた。しかし「白河打つに引き換えて浜松の音のしさ」、「引いて十里四方はもとの土」、とまで批判されたほど、諸層の不満は募り、ついに幕府権威は低下してしまうのである。

その後の水野忠邦は、化元年(1844年)に再び老中首座となるが、化2年(1845年)には辞職。さらにこの年に謹役中の不正が露見し、罰を与えられた。そして嘉永4年(1851年)には赦免が発表されたものの、この5日前にすでに亡くなっていたのであった。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/06(土) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/06(土) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP