江田行義単語

エダユキヨシ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

江田行義(?~?)とは、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将である。

概要

江田氏は、岩氏と並ぶ新田氏の有であった世良田氏の庶流である。

江田行義は1333年の新田義貞起にしたがい、極楽坂方面の大将に任じられた。迎撃に出た大仏貞直を敗走させ討幕に貢献し、建武政権では武者所三番頭人に任じられている。

1335年の中先代の乱以降足利尊氏建武政権から離反すると、江田行義は新田義貞とともに足利尊氏軍にあたった。さらに名和長年結城親光とともに近江に出し、丹後・但方面から南下してきた足利方にあたっている。

その後足利尊氏が敗走すると新田義貞とともに赤松則村を攻め、美作東部を制圧している。しかし足利尊氏の上の際の戦いで楠木正成が破れると敗走。堀口貞満など尊氏方との和に反抗する一門が多い中、新田一族の北陸方面軍には従わず、後醍醐天皇行動を共にし、入した。

しかしやがて天皇吉野に逃れると丹波に向かい、足立氏、本氏らとともに高山にこもって足利方に抵抗した。その後歴史の表舞台からは消えている。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/12(水) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/12(水) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP