今注目のニュース
薬剤師は単なる「袋詰め職人」か 居酒屋と同じ顧客満足が求められる現実と「真の役割」
ある寿司屋さんのレシートがチャラすぎると話題に
森会長の「マスクなしで頑張る」発言に“精神論”と厳しい声続出

池永正明単語

イケナガマサアキ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

池永正明1946年8月18日~)とは、西鉄ライオンズに所属していた元プロ野球選手であり、投手として5年間で99勝を挙げるほど優れた才を持ちながら「黒い霧事件」によって文字通りその存在をかき消されてしまった悲運の投手である。

現在は様々な人たちの活動によって復権し、導者や解説者として活動することが可となっている。

概要

OB
池永正明
基本情報
出身地 山口県豊北町
生年 1946年8月18日
身長
体重
175cm
77kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 投手
プロ入り 1965年
引退 1970年
経歴
選手歴
プロ野球選手テンプレート

高校時代は下関商業高校エースとして、2年生時63年にはの選抜で完封勝利を挙げるなどの活躍で見事優勝では県大会全試合で完封と圧倒的な甲子園に乗り込み、順調に決勝まで勝ちあがるが、決勝ではの大会で1回戦で破った明星高校に1-2と僅差で敗れ連覇は逃した。
64年のの選抜ではを痛めていたため2回戦で敗退し、も県大会で敗れた。
池永はその活躍ぶりから様々な球団から勧誘されるが、関門峡を隔てた先にある西鉄ライオンズに入団を決める。(同期入団に64年の選抜を制した徳島海南エースであったジャンボ尾崎こと尾崎将司がいる。)

65年、西鉄入りした池永はその素質を感じ取っていた稲尾和久中西太にかわいがられ、シーズンでも高卒一年にもかかわらずいきなり20勝を挙げ新人王を獲得、前年5位に転落した西鉄を3位に引き上げる原動となる。
ちなみに高卒ルーキーの20勝達成は西鉄では稲尾和久以来で、リーグ全体でも池永を最後に出ておらず、大卒・社会人を含めても80年の木田勇22勝)と99年の上原浩治(20勝)のみであるため、池永の突出度がうかがえる。

66年は15勝、67年には23勝でリーグ最多勝を獲得し、すでに衰えが見え長いイニングを投げることが出来なくなっていた稲尾に代わり西鉄エースとして君臨、68年・69年もチームは5位と低迷する中でそれぞれ23勝・18勝とチームを支え続け、ファンも「稲尾の再来」として池永に大きな期待を寄せていた。

しかし69年のオフ池永と同じく西鉄に所属していた永易将之が暴力団から銭を受け取り公式戦で敗退行為を行う八百長をしていたことが発覚、永易はコミッショナー裁定で永久追放処分となり、この騒動で選手兼任監督だった中西太監督を退任する。
そして翌70年、姿をくらましていた永易のが録音されたテープがテレビで流され、八百長にかかわった選手として6名の名前が挙げられた。
その選手は野手が船田和秀、村上康、基満男、投手が与田順欣、益田昭雄、そして池永正明の名前が挙げられていた。
当初6人の選手は皆八百長を否定したが、与田と益田即出場停止、船田・基・村上銭を受け取ったことを認める供述をするなか、池永は「は預かったが先輩であった田中勉からの頼みであり断れなかった、八百長は絶対にしていない。」と関与を否定し続けたが、銭を受け取ったことを報告しなかったなどの理由で、5月25日のコミッショナー裁定により、池永・与田・益田永久追放処分に、船田・村上シーズン中出場停止、基は厳重注意という処分となり、池永70年途中の4勝を含めると5年弱で103勝を挙げる活躍をし、これからというところで野球界から永久追放という23歳だった若者にはあまりにも重すぎる処分を下されてしまった。
しかし似たような罪状であった基が厳重注意という軽い処分になっているにもかかわらず、池永永久追放とあまりにも差があるため、きっかけとなった西鉄とその他の選手たちにたいしての「見せしめ」に使われたのではないかという意見も多かった。

永久追放後はバーを経営するなどしていたが、90年代から稲尾和久豊田西鉄OBが池永の復権をめる活動を始め、2001年にはプロ野球OBによって結成されたマスターリーグに参加(マスターリーグプロ野球機構とは関係ないため問題なし)、実に31年ぶりの登板を果たす。

池永の復権運動まさかのナベツネこと渡辺恒雄が問題提起したこともあって徐々に大きくなっていき、ついに2005年4月25日池永永久追放処分を解除され、晴れプロ野球関係の仕事に関わることが許されるようになったが、35年という年はあまりにも長く、また当時のコミッショナー会議のいいかげんな対応も非難されている。

現在2013年時点でバー閉店し、福岡で静かに暮らしている。本人く「に2度のゴルフと野暮用ばかり」という暮らしだが、野球は見続けており、また新人王のトロフィーなども大切に飾っている。

人物・プレースタイル

当時のプロ野球選手としては抜群の身体を持ち、投手としての活躍はもちろん打者としても5年弱の現役期間で13本塁打を放っており、守備でも機敏な動きを見せていた。

本人によれば球速140キロ程度だが、稲尾和久のようなかかとを上げて投げるフォームからキレのいいストレートを投げ、「野武士軍団」と言われた西鉄に身を置いていたためか度胸も据わっており、度々死球になりそうなボールを他球団の強打者に投げ込んでいた。なお最大の被害者と思われる野村克也には「あんなエースとは認めねえ!(要約)」と根に持たれている模様。

通算成績

通算:6年 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
NPB 238 92 24 103 65 -- -- .613 1477.1 362 793 458 388 2.36 1.06

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 6sage

    2018/06/16(土) 00:33:52 ID: 8HcgdTU6oS

    時代が違うにせよ、投手が5年で13本て何事だ

  • 7ななしのよっしん

    2018/12/23(日) 21:13:28 ID: cWS7YHb3jW

    現在2013年時点でバー閉店し、福岡で静かに暮らしている。
    本人く「に2度のゴルフと野暮用ばかり」という暮らしだが(以下略

    2のゴルフの時にサプライズでこっそり尾崎将司呼んだらどうだろうw

  • 8ななしのよっしん

    2020/02/13(木) 14:54:34 ID: drKknILeAS

    先日亡くなったノムさんは、「球を受けた投手の中でが一番だったか」との質問に対して、池永さんの名前を即答していた。

急上昇ワード

最終更新:2020/02/23(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/23(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP