池添謙一 単語

239件

イケゾエケンイチ

4.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ikze

池添謙一(いけぞえ けんいち)とは、JRAに所属する騎手である。称はikze、ゾエなど。

概要・来歴

1979年7月23日生まれ。元騎手・元調教師池添兼雄をに持つ。奥さんは元タレントあかりだけでなく実池添学も調教師(ヴィクティファルスのスプリングSなど兄弟コンビでの勝利も複数。お互い「まー」「けん」と呼び合う仲だという[1])、実妹池添美幸もバレット騎手の助手)、甥の池添陽もポニー競馬東海チャンピオンと、一族は競馬・乗関係者いとなっている。

競馬学校に14期生として入学同期には白浜雄造酒井学などがいる。一期上の武幸四郎とは入学前に一緒に競馬場へ行ったり、乗センターに通うなどの付き合いがあった。二期上には福永祐一がおり、福永卒業時にプレゼントされている(その現在も勝負として用中。)

1998年騎手デビューデビュー年には最多新人騎手賞を獲得した。

2002年には桜花賞で13番人気アローキャリーに騎乗し、G1初制覇。その後、デュランダルスイープトウショウなどをG1制覇に導く。特にデュランダルに騎乗しG1制覇に導いたことが、後述するドリームジャーニーオルフェーヴル兄弟に騎乗するきっかけとなった。(サタうま!より)

2008年にそれまで蛯名正義武豊が騎乗してきたドリームジャーニー戦を任せられることになり、翌年2009年にはドリームジャーニーとのコンビ宝塚記念有馬記念グランプリG1を制覇。

2011年ドリームジャーニーの全オルフェーヴルとのコンビで、皐月賞日本ダービー菊花賞をすべて制覇。史上最年少の三冠ジョッキー(32歳3ヶ)にくと同時に、五大クラシックG1全制覇をも成し遂げた。更にカレンチャンスプリンターズステークスエイシンアポロンマイルチャンピオンシップオルフェーヴル有馬記念を制覇。武豊2005年)、安藤勝己2007年)に並んで当時の年間G1勝利最多タイ記録である6勝を挙げた(現在記録2018年C.ルメール記録した7勝)。

2014年重賞勝利に終わり、連続重賞勝利が14年で途切れた。

2015年には史上29人JRA通算1万回騎乗を達成、ジャパンカップではショウナンパンドラ勝利を挙げた。

2016年史上33人JRA通算1000勝を達成。

2018年有馬記念では、ブラストワンピースに騎乗し他の追撃をクビ差で勝利。この勝利グランリレース7勝となり、武豊記録に並んだ。

2019年マイルチャンピオンシップでは、騎乗停止福永祐一に変わりインディチャンプで出走し勝利。同レースの歴代最多勝利となる4勝を挙げた。

2020年安田記念ではグランアレグリアで出走。アーモンドアイインディチャンプノームコアアドマイヤマーズなど、錚々たる顔ぶれであったが見事に勝利を収める。
レース中には他キックバックで飛んできた芝の塊が右付近に直撃・負傷してしまい、右は見えず意識もあわや震盪という状態(本人く「頭の周りにが回ってるアレ」に近い感覚[1])であったが、気迫で勝利を掴んだ。レース後のインタビューでは、試合後のボクサーのように右を腫らしながらインタビューに答えていた(実際の写真exit)。

2022年安田記念において前年の桜花賞からコンビを組んでいたソングラインで丸2年ぶりのGI勝利。このコンビは前年のNHKマイルカップにて勝利前のハナ差でシュネルマイスターに惜敗した過去があったが、この年の安田記念では彼相手に同じコースでクビ差勝利を掴み、見事リベンジを果たすという熱い展開となった。

騎乗スタイル・人物

ドリームジャーニーオルフェーヴル兄弟スイープトウショウデュランダルとのコンビにおけるレースぶりから、追い込みが巧いジョッキーというイメージが強い。その他、ヤマカツスズランカレンチャンなど、先行競馬を持ち味とするでも結果を残している。
また大舞台に強く、グランリレースである宝塚記念有馬記念で合計7勝を挙げており、有馬記念4勝は最多記録。「平成グランプリ男」とも呼ばれている。

パドックの騎乗前にはジャンプをする習慣を持っているが、これは本人く肩の抜くためだそうで、友人松井競艇選手から学んだルーティンだという[1]

どうも気性難のに縁があり、スイープトウショウはじめ気性難たちに手こずらされたエピソードは数知れず。本人は「そんなばっかり回ってくるんですよね……[2]」と愚痴をこぼしているが、それはそうしたたちをしっかり導いて結果を出しているからこそ。重賞勝利まで導くことも多々あるため、気性難の駆け込み寺と苦労人としての評判は年々色濃くなりつつある。NHK番組の「アスリートの」でも「気性の荒い定評がある。」と紹介されており、YouTubeの「netkeiba ネットケイバ公式」チャンネルの「クセ馬図鑑」シリーズexitでは、レギュラーとは言われていないはずだが毎回ゲストとして登場。騎乗経験のあるオルフェーヴルスイープトウショウデュランダルメイケイエール、ハギノモーリス、ビジンを全5回に渡り解説を行った。
また、クラシック三冠制覇のパートナーであり、騎乗した気性難の代表格として挙げられるオルフェーヴルには、新馬戦菊花賞ゴール後に振り落とされるという事まで経験させられた。本人の話では日本ダービー直後にもラチに突っ込まれそうになったらしい。

好物はスープカレーで、苦手なものは生のトマト[1]

かなり脆く、GI勝ちの後に泣いてるシーンが良く映る。最近でいうと、2009年有馬記念勝利後の大号泣が有名。あとレースの大小に関わらず、勝利後にガッツポーズ等をする姿がよく見られる。GI勝利時は必ず差すポーズを取るが、これは亡くなった祖おじ葬儀の時に約束したことなんだとか[2]
これらの見ようによっては大げさ過ぎるパフォーマンスや、2008年オークスにおける斜行事件などの悪いイメージが災いしてか、動画コメント2chでは「キモい」とか「キモ添」とか散々な事を言われていたりする。ただし顔そのものがキモいかというと別にそうでもなく、芸能人でいうと堂本剛っぽい感じである。

本人結婚するなら乗りやすく大人しく美人レースに問題ないのでカレンチャン。(メイケイエールはヨイショすればいいので彼女までなら、スイープトウショウはわがままなので彼女にするのは嫌)

2018年北海道STVローカルワイドショーどさんこワイド179」の人気コーナー「お絵描きですよ!」に一般男性として出演。通りがかりにたまたまをかけられたとかではなく、勝浦正樹に連れられて自分から出演しに行ったそうな。制限時間内にお題の絵を描いて電話を掛けた相手に答えてもらうというコーナーなのだが、札幌競馬場調整ルーム電話を掛けて丸山元気に答えてもらっていた(ちなみに描いたのは「あんみつ」。丸山は当てられず、「絵心が本当にない」と言われたそうな)。なお、STVスタッフは最後まで騎手だと気付いていなかったらしい。

GⅠ/JpnⅠ勝ち鞍

中央競馬
高松宮記念 カレンチャン(2012) sm17378955exit_nicovideo
桜花賞 アローキャリー(2002)
レーヌミノル(2017)
sm3793209exit_nicovideo
sm30996961exit_nicovideo
皐月賞 オルフェーヴル(2011) sm14254781exit_nicovideo
優駿牝馬(オークス) トールポピー(2008)
シンハライト(2016)
sm3437491exit_nicovideo
sm28897361exit_nicovideo
東京優駿(日本ダービー) オルフェーヴル(2011) sm14595698exit_nicovideo
安田記念 グランアレグリア(2020)
ソングライン(2022)
sm36992860exit_nicovideo
sm40576193exit_nicovideo
宝塚記念 スイープトウショウ(2005)
ドリームジャーニー(2009)
オルフェーヴル(2012)
sm3784828exit_nicovideo
sm7476493exit_nicovideo
sm18899458exit_nicovideo
スプリンターズステークス デュランダル(2003)
カレンチャン(2011)
sm16017052exit_nicovideo
sm15778052exit_nicovideo
秋華賞 スイープトウショウ(2004) sm40716261exit_nicovideo
菊花賞 オルフェーヴル(2011) sm15973341exit_nicovideo
エリザベス女王杯 スイープトウショウ(2005) sm267426exit_nicovideo
マイルチャンピオンシップ デュランダル(2003)
デュランダル(2004)
エイシンアポロン(2011)
インディチャンプ(2019)
sm4470565exit_nicovideo
sm5854249exit_nicovideo(13:04~)
sm16221590exit_nicovideo
sm35968347exit_nicovideo
ジャパンカップ ショウナンパンドラ(2015) sm27693575exit_nicovideo
阪神ジュベナイルフィリーズ トールポピー(2007) sm40716304exit_nicovideo
有馬記念 ドリームジャーニー(2009)
オルフェーヴル(2011)
オルフェーヴル(2013)
ブラストワンピース(2018)
sm9215424exit_nicovideo
sm16530615exit_nicovideo
sm22505433exit_nicovideo
sm34361301exit_nicovideo
地方競馬
全日本2歳優駿 プライドキム(2004) 動画なし)

関連動画

関連リンク

関連項目

中央競馬三冠達成騎手
クラシック三冠 牡馬三冠 小西喜蔵蛯名五郎 | 栗田 | 保田隆芳増沢末夫武邦彦郷原洋行
田島良保 | 菅原泰夫中島啓之 | 吉永正人 | 岡部幸雄 | 柴田政人南井克巳 | 
武豊 | 河内洋四位洋文横山典弘池添謙一 | 内田博幸岩田康誠川田将雅
ミルコ・デムーロ | クリストフ・ルメール福永祐一 
牝馬三冠 前田長吉
変則三冠 前田長吉
中央競馬牝馬三冠 嶋田功 | 横山富雄河内洋 | 松永幹夫武豊幸英明 | 本田優 | 池添謙一
安藤勝己 | 蛯名正義 | 岩田康誠福永祐一クリストフ・ルメール | 松山弘平 | 
川田将雅
古馬三冠 春古馬 達成者
秋古馬 和田竜二 | オリビエ・ペリエ
は同一による達成者。変則三冠、古三冠は同一年達成者のみ。
騎手テンプレート

脚注

  1. *BS11BSイレブン競馬中継」2023年1月29日放送分より。
  2. *フジテレビ系列「馬好王国」2022年7月24日放送分exitより。
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/27(月) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/27(月) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP