今注目のニュース
ブラック企業の酷すぎる仕打ち「給料が4か月未払い」「正社員登用された途端、給料10万円減額」「月180時間残業に手当なし」
「スーツにリュックはダサい」に反論多数「都内だと当たり前」「公式な場でもないし楽なほうがいいよ」
テーブル美術館第7弾、ムンクの叫びフィギュアが再販決定

沢村直樹単語

サワムラナオキ

掲示板をみる(506)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

概要

在日韓国朝鮮人が有するとされる特権の止をする団体で、内外の機関メディアから極右[1]排外[2][3][4]組織と評されることもある内最大級の右市民団体「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の福岡支部長を長らく務めていた。

現在は同支部の元メンバーらが結成した「日本人が本気で怒る会」の代表および在特会から分した複数団体の共闘組織である「日本保守同盟_チーム零」の共同代表を務める。また団体の活動とは別に、ニコニコ動画YouTube顔出し政治評論動画の配信を行っている。

基本的な姿勢として「反中嫌韓リベラル・左の糾弾」といった右ネットユーザー(いわゆる「ネット右翼」)や在特会を始めとする「行動する保守」の活動家と共通する部分はあるが、それ以上に本来の保守思想の観点から新自由主義グローバリズム批判している。

そのため政治評論や宣の場で、保守的なイメージを持ちながら実際には新自由主義的な政策を強に推し進める自民党安倍晋三首相を厳しく批判している。こうした姿勢は自民党支持者からはあまり快く思われておらず、在特会に彼の更迭をめる意見が寄せられたこともあったという。

経歴

在特会時代

政治活動を始めた時期は定かではないが、2010年5月には在特会福岡支部運営として登用されており、同年11月には宣・デモに参加して得た感動を在特会公式サイト上にっている[5]。翌年2月中島部長が辞任・退会すると後任の支部長に抜され、以後3年間に渡り福岡支部を率いていくことになった。

部長時代には福岡県内での宣・デモ等を現場責任者として取り仕切ると共に、遅くとも2012年末頃までには支部のアカウントを利用して自身の顔出し政治評論動画の配信を始めていた。ただ藤井義行・先崎の両副会長福岡県に在住していたため、実質的な支部内序列は第3位だった。

この頃から概要の項で述べた独自色を既に発揮しており、まだネット右翼層からの評価が較的高かった頃から橋下徹糾弾を率先して始めたり、安倍晋三首相事務所前で抗議宣を挙行したりと、単純な嫌韓・反リベラルに留まらない活動を展開した。ただこうした姿勢は在特会支持者の間でも評価が分かれており、批判の対となることも少なくなかった。

日本人が本気で怒る会時代

2014年3月沢村以下福岡支部運営は一斉に支部役職を辞任し、新団体「日本人が本気で怒る会」を設立。沢村が初代代表に就任した。また同様に集団辞任していた広島支部・大分支部の元運営らが立ち上げた新団体との共闘組織として「日本保守同盟_チーム零」が結成され、こちらの共同代表にも就任した。この集団移籍劇の背景には運営方針を巡る先崎副会長との確執があったとの説もあるが、実情はに包まれている。

新団体では従来通り「嫌中リベラル・左の糾弾」という大きなテーマは引き継ぎつつ、TPP道州制移民受け入れ構想などを「日本の解体に繋がるという点で中韓リベラルと同根である」と位置づけ、これらの政策に対する批判をより重点的に行う姿勢を見せている。

ユーザーアカウント

http://com.nicovideo.jp/community/co2485766?com_header=1exit_nicocommunity

https://twitter.com/iminnhantai?lang=jaexit

関連サイト

公式 http://u1.dsbit.net/m2508/exit

沢村 https://twitter.com/iminnhantaiexit

JP https://twitter.com/samuraiwasakijpexit

川上 http://bustershi.exblog.jpexit

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/22(月) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/22(月) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP