今注目のニュース
【吉本会見】高橋真麻「本質は"反社からお金を貰った"というところ」、箕輪厚介「全く違う問題が2つあることを認識すべき」
加藤浩次「僕は会社を辞める」発言でネット「かっこよすぎる」と話題に
『ゴールデンアイ 007』を「ピアノ」でプレイする海外ファンが登場。奏でられる音楽は意外にもゲームにマッチ

河嶋桃単語

カワシマモモ

掲示板をみる(442)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

河嶋桃(かわしま もも)とは、アニメガールズ&パンツァー」の登場人物である。CV植田佳奈

プロフィール

片眼鏡の策士として、あうんの呼吸で会長豪腕を支えている」                                                               ガールズ&パンツァー公式サイトよりexit

概要

桃ちゃん県立大洗女子学園普通科3年、役職は生徒会広報。
ツリ目片眼鏡をかけている。

生徒会長角谷杏干しいもを食べているばかりだけで働かないため、戦車に乗る際は操縦手以外のすべて(の乗降のための脚立代用を含む・後述)を担当している(上述の通り、一応名上は手と装填手を担当)。

開始数話で見せる知性を感じさせる貌と、公式サイトの紹介からクールな参謀タイプを思わせる。

・・・のであるが、その実非常に沸点が低く感情的になりやすい性格の持ち

そのせいか、話数が進む毎にメッキがボロボロ剥がれていく。
見たと中身のギャップがしい。だが、それがいい。

主な暴走活躍 (TVシリーズ)

  • 「フッフッフ、ここがお前らの死に場所だ!」と言っておきながら返り討ちに遭う。(3話)
  • 自分の立案した待ち伏せ作戦ツッコミを入れられてキレる。(3話)
  • 3話で自分が作戦を立案したのに、それを忘れたのか、姑息作戦だな」と文句を言う。(4話)
  • 戦闘中奮のあまりテンパってトリガーハッピーになってしまう。(4話ほか)
  • テンパるあまり、囮役の味方を敵と勘違いして誤射。撃つなと言われても撃ちまくる。この時の表情は必見。(4話)
  • 敵に包囲されてもとにかく射撃。「動く物は全て撃てぇぇぇぇ!」。(4話)
  • 西住みほ隊長の戦術的撤退「なにぃ!ゆるさんぞぉ!」スルーされる(4話)
  • 味方のピンチ颯爽と駆けつけるも、至近距離からの撃を外し袋叩きに遭う。「桃ちゃんここで外すぅ~?」(4話)
  • 敵に背後を突かれてピンチに陥った時、普段のトリガーハッピーぶりがウソの様に大人しくなり、もうだめだぁ・・・おしまいだぁだめだぁ・・・もう終わりだぁ・・・」と、どこぞの王子みたいにヘタレる(6話)
  • 敵の弾がっただけで涙目になり「ダメダァー!やられたぁー!」(6話)
  • 西住隊長からの「諦めたら負けなんです!」という励ましに皆が奮起する中、ひとりだけ「いやもうダメだよぉ、柚子ちゃぁぁん」と泣き言を言う。(6話)
  • なんやかんやあって逆転勝利を収めるものの、放心状態のままホヘーとしている。かわいい。(6話)  
  • ミーティングで全員に向けて「次も絶対に勝ち抜くのだ、いいな、抜け共!」・・・お前が言うな。(7話)
  • 校内新聞の見出しに「が校は圧倒的ではないか」と書かせ、インタビューではあたかも自身の緻密な戦略の下でみほが行動したなどと情報工作した形跡があり、その熱弁は一時間にも及んでいる(内容は新聞部の判断により7行にカットされた)。(7話)
  • その一方、柚子からは校内新聞のインタビューに「桃ちゃんはもっと練習したほうが良いと思います」と言われている(7話)
  • アンツィオ戦に備えての練習時にアヒルさんチームの挑発に容易く乗り、全に練習的を忘れている。沸点低すぎ。(OVA
  • アンツィオ戦で、地形的に地形成の可性も考慮して慎重に行動しようとしていたみほに対し、「アンツィオだぞ、そんな事はありえん!」と突撃を敢行しようとするなど相変わらずの武者っぷり。(OVA
  • みほによる陽動作戦カメさんチームが囮となり、柚子の運転技術でアンチョビを誘い出す事に成功したが、の射撃のヘタさがアンチョビ視点から痛々しいほどに見える。(OVA
  • 決勝戦前日の時点で頭の中は「負け」が大部分を占めていた。(10話)
  • 決勝戦の試合前の全員挨拶の時点で弱気。いつもの強気な表情はどこに行った。(10話)
  • マウスを倒す妙案に「いいからとっとと言え!」→「まさかこんな作戦とは・・・」(12話)
  • 決勝戦でみほとまほの、優勝を賭けた決着で皆が見守る中ただ一人失しかけ、優勝すると同時に昇天した。(12話)
  • みほに感謝の言葉を述べる途中、感極まって号泣。優勝旗を挙げる所では副隊長の身でありながら泣き顔を見られる恥ずかしさのあまりか、柚子の後ろに隠れていた。翌日も相変わらず泣き続けており、大洗町凱旋の時には泣き顔のまま凱旋している。(12話)

もうだめだ・・・おしまいだぁ・・・とはいえ、背が低くて戦車のハッチまで自で登れないのために自ら踏み台物理的な意味で)になったり、の考えている事を察してすぐに他校に練習試合を申し込むなど、生徒会長の右腕としてきちんと活躍しているところもあるので、一概にダメな子とは言い切れないだろう。

むしろ、戦闘中操縦手以外のどの役を一人でこなしている事を考えれば、優秀すぎるくらいである。・・・たぶん。

実際、9話でオーバーワークから解放された後、装填手として優れた腕前を見せた(2から3間隔)。

また、ヘッツァー仕様に38tが修された後も、角谷杏会長履帯破壊速射を阻しない程度には、75mm弾の装填に々に習熟している。想定内の対処問題に関しては、それなりにこなせる部類かもしれない。

ポンコツ」・「豆腐メンタル」、第1話の悪印などは確かに拭いがたいのであるが、終盤では「自分にできること」をきちんとこなそうとするまでに成長。何より本来は脆い人格なのに、本人に限れば卒業になんの支障もない学園艦校という苦行に対し、後輩たちのために、それなり以上に努し、ある程度の成果も出した苦労人とも言える。

・・・桃ちゃん、全大会優勝、とりあえずいろんな意味で本当にお疲れ様。

主な活躍(劇場版)

  • 聖グロリアーナプラウダとの親善試合では会長が再び干し芋食ってばかりで働かなくなったため、またしても操縦手以外の役割をほぼ全て兼任していた。
    そしてこの試合中、ついに自身初となる車両撃破を達成する(まぐれ当たりだけど)。ちなみに栄えある被撃破ローズヒップクルセイダーMk.Ⅲ
  • 大洗校から大学選抜との試合が決まるまでの間、会長不在の生徒会をまとめ上げ、各地に疎開する憂きにあった生徒たちの生活インフラ確保に奔走した。風紀委員会(カモさんチーム)がやさぐれていたのとは対照的である。
    会長の帰還直前、荷物を満載したリアカーを一人で頑って引いていた姿はこの時期の彼女を徴している。会長の姿を見た途端に泣き崩れるあたり、本質的には脆いが他人のためになら気丈に振る舞えるタイプなのだろう。
  • こういった彼女の頑りは戦車道チームの面々にも評価されていたらしく、このことが後の騒動の発端となっていく。

主な活躍(最終章)(ネタバレあり)

関連動画


関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP