法廷画単語

ホウテイガ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

法廷画とは、裁判中の法廷やそこでの被告・弁護人などの様子を表した絵のことである。「廷内スケッチ」等とも言う。

概要

裁判中の法廷の様子を撮することは法律で禁止されているため、法廷画という形で絵で表現することが多い。文章で表現しても問題はいのだが、テレビニュースで映すことを考えると裁判の様子の映像くなってしまうため、法廷画が頻繁に使われている。

ちなみに法廷画を描くのに特に資格は必要なく、マスコミ関係者で絵が上手い人が起用されることもある。ただし、ニュースですぐに流したい都合上、速性が最も評価される。

描き方は画によって様々だが、色鉛筆絵の具が使われていることが多く、被告人などを際立たせるため、背景の色は薄いことが多い。また、写実的に書かれているため、その画が普段描く絵とは雰囲気が異なっていることも多い。

著名な法廷画家

関連動画


関連静画

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/21(水) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/21(水) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP