今注目のニュース
「ペロペロが止められないにゃん!」 ハミガキ粉の味がどうしても気になっちゃう猫ちゃん
「家に大きな氷があると楽しい」という人生の裏ワザ 氷を使った遊び方を解説した漫画に「ワクワクする」
「ジョジョ」第35話、ナランチャの死に視聴者呆然「胸が痛い」「涙が止まらへん」

法月綸太郎単語

ノリヅキリンタロウ

掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

法月綸太郎(のりづき りんたろう)とは、日本ミステリー作家である。評論も手掛ける。
よく間違われるが、太郎ではなく太郎である。苗字読みも「ほうげつ」ではないので本屋で探すときは注意。

綾辻行人いわく、『悩める自由業者』。ファンからの称は「のりりん」。

概要

綾辻行人我孫子武丸と同じく京大ミステリ研出身で、1988年に『密閉教室』でデビューペンネーム小栗太郎小説に登場する探偵・法太郎……ではなく吉川英治『鳴門秘』に登場する隠密・法弦之島田荘司の助言で決まった。なお、『密閉教室』は末尾に謎の手が添付されているが、講談社BOX等のノーカット版ではそれに説明がされている。

警視である父親から持ち込まれる事件を、万年スランプな推理作家名探偵・法月綸太郎が解決する《法月綸太郎シリーズ》が作品の中心。なお、作者と同名の探偵父親が警視という設定は、エラリー・クイーンシリーズと同じである。代表作は、長編では『誰彼』『頼子のために』『一の悲劇』『生首に聞いてみろ』『キングを探せ』、短編では「死刑パズル」「背信の交点」「都市伝説パズル」あたりか。

人格から小説の内容までがアメリカ作家エラリー・クイーンに影を受けたために似ている。その作は事件に悩み解決に悩み、ときにはハードボイルド調になりつつも論理を駆使する探偵犯人当てである。あまりに論理を重んじるため、彼の解説は数学が混ざる。「後期クイーン的問題」と呼ばれる、推理小説特有の論理限界作家自身も悩みながら執筆を続けている。そのためか、初期はともかく90年代半ば以降の作品は短編集が多い。

法月綸太郎シリーズは、話自体はそれぞれ独立しているものの、長編では作中で過去の作品の出来事について言及されることが多いので、なるべく刊行順に読むのを勧めたい。特に『頼子のために』『一の悲劇』『ふたたび悪夢』『二の悲劇』の4作は法月綸太郎の悩みと迷いの遍歴でもあるので、刊行順に読むのを強く推奨する。

2002年、短編「都市伝説パズル」で第55日本推理作家協会賞を受賞。2005年、『生首に聞いてみろ』で第5回本格ミステリ大賞受賞。2013年から2017年まで、本格ミステリ作家クラブ第4代会長を務めた。最近はSF方面に傾斜しており、SF作家としてSF創作講座の講師をしたりもしている。

小説と並行してミステリー評論も行っており、探偵小説研究会に所属。文庫解説もよく書いており、評論の著作も何冊かある。

またネコ大好き人間で知られ、の中はネコグッズであふれている。その情は数匹の飼い猫が集まって戯れる短編「巡礼」を執筆するほどである(短編集『しらみつぶしの時計』に収録)。

2016年、『一の悲劇』が長谷川博己演でドラマ化。法作品では初の映像化になる。

作品リスト

小説

印は法月綸太郎シリーズ

  1. 密閉教室1988年講談社ノベルス1991年講談社文庫→2002年講談社[ノーカット版]→2007年講談社BOX[ノーカット版]→2008年講談社文庫[通常版の新装版])
  2. 密室1989年講談社ノベルス1992年講談社文庫)
  3. 誰彼1989年講談社ノベルス1992年講談社文庫)
  4. 頼子のために1990年講談社ノベルス1993年講談社文庫→2017年講談社文庫[新装版])
  5. 一の悲劇1991年、ノン・ノベル1996年祥伝社文庫)
  6. ふたたび悪夢1992年講談社ノベルス1995年講談社文庫)
  7. 法月綸太郎の冒険1992年講談社ノベルス1995年講談社文庫)
  8. 二の悲劇1994年、ノン・ノベル1997年祥伝社文庫)
  9. パズル崩壊1996年集英社1998年講談社ノベルス1999年集英社文庫)
  10. 法月綸太郎の新冒険1999年講談社ノベルス2002年講談社文庫)
  11. 法月綸太郎の功績2002年講談社ノベルス2005年講談社文庫)
  12. 生首に聞いてみろ2004年角川書店2007年角川文庫
  13. 怪盗リフィン、絶体絶命2006年講談社ミステリーランド2012年講談社ノベルス2014年講談社文庫)
  14. 犯罪ホロスコープI 六人の女王の問題2008年カッパノベルス2010年光文社文庫)
  15. しらみつぶしの時計2008年祥伝社2011年、ノン・ノベル2013年祥伝社文庫)
  16. キングを探せ2011年講談社2013年講談社ノベルス2015年講談社文庫)
  17. 犯罪ホロスコープII 三人の女神の問題2012年カッパノベルス2015年光文社文庫)
  18. ノックスマシン2013年角川書店2015年角川文庫
  19. 怪盗リフィン対ラトウィッジ機関2015年講談社2017年講談社文庫)
  20. 挑戦者たち2016年新潮社

評論

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 5ななしのよっしん

    2014/08/19(火) 14:51:36 ID: U+6O/rUoe0

    >>2
    でも意識してない訳ないよなあw

  • 6ななしのよっしん

    2016/01/21(木) 13:44:18 ID: MS0CfuJ4EJ





    >>lv248758589exit_nicolive

  • 7ななしのよっしん

    2017/09/05(火) 12:53:52 ID: m+LyzlxAGS

    >>6
    そして、思い出してもらえない由利太郎(ここまでテンプレ)

急上昇ワード

最終更新:2019/06/25(火) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/25(火) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP