今注目のニュース
なぜ日本では「男女の賃金格差」がまだあるのか
ヒトならぬ豊満な肉体!背徳的で美しいお姉ちゃんは如何ーー『姉なるもの』より「千夜 悪魔style」のスケールフィギュアが登場
手術後の人体と糖分が大好き。病院で繁殖する恐怖の細菌が発見される(英研究)

泣きゲー単語

ナキゲー

掲示板をみる(196)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

泣きゲーとは、ギャルゲーアダルトゲームなどの美少女ゲームにおいて、プレイすることで感動を呼び起こされ、結果、泣かされるゲームす言葉。そのカテゴリーであり、ジャンルに冠される言葉である。

概要

泣きゲーとは一言で言えば「泣かされるゲーム」であるが、何によってどのように泣かされるかは、実際にゲームプレイしたプレイヤー自身にしか感じ取れないことである。

泣きゲーという言葉は、美少女ゲームに感動を売りにした作品が急増した1990年代終わりから2000年代初めに使われるようになった。

基本的にこの時代から発売されたものに泣きゲーという定義がなれされることが多い。

ジャンルのできるまでの経緯としては、94年に物語の中心に少女の悲劇性を配してユーザーを泣かせた「DESIRE背徳の螺旋」、「EVE burst error」がヒットし、95年にélfから発売された「同級生2」の桜子シナリオは、ヒロインの難病による悲哀がプレイヤーの涙を誘い、これらがアダルトゲーム界に大きなインパクトを与え、のちの泣きゲーのストーリーリングの基本的子となた。

96年にはélfから「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」が発売され大ヒット作となり、泣きゲーに大きな影を及ぼすことになる。

恋愛ADVにおいて主人公は複数のヒロインと結ばれる、マルチシナリオが用いられるが、現実には不自然なことでありプレイヤー違和感を誘い、ゲーム世界への没入を阻するが、その解消のため平行世界を導入して物語を描く作品が増えた。

また96年にはleafから「」「」(「トゥールエンド」の概念を生み出した)といった個性的なシナリオビジュアルノベルが発売され、続く97年、第3弾となる「To Heart」が発売されたが、そのヒロインマルチシナリオユーザー萌え心を刺し涙を誘った。

To Heartは、ご褒美的なポルノグラフック削除したPS版も大ヒットし、ポルノ的要素を特に必要とせずとも、泣きの要素とがあれば美少女ゲームとしてヒットし、プレイヤーも十分満足感が得られるということを明確に製作者側に気づかせた。

このTo Heartの反を受けて制作されたTacticsの「ONE ~輝く季節へ~」 は、発売時こそあまり注はされていなかったものの、じわじわと評価をあげていき、難解な内容であるにも関わらず高い人気を得た。

その後、ONE制作メンバーどが移籍して立ち上げた新ブランドKeyが発表した「Kanon」、D.O.山田一田中ロミオ)によるシナリオの「加奈~いもうと~」の成功により、泣きゲーは美少女ゲーム流と言って良いほどの盛を見せ、以降90年代後半から2000年代は、泣きゲーの全盛時代となり、keyから「AIR」などの泣きゲーの徴的作品の発表が続いた。

泣きゲー最大の大作となった「CLANNAD」に至っては最ポルノ要素も不要となっている。

とはいえ時系列を追って見ればわかる通り、泣きゲーの歴史とはつまりエロゲー歴史ともいえ、泣きゲーにおいてポルノ的要素が全く不要だとする考えも極論であることも留意すべきだろう。

実際Keyも、その泣きゲー作品は、全年齢版とアダルト版を交互に出す傾向にあり、ポルノ全に切り離すことは出来ていない。

美少女ゲームは、かつてアニメ漫画に強く影を受ける側であったが、泣きゲーの盛により、逆にアニメ小説漫画に影を与える側となっていった。

90年代から2000年代起こったストーリー優先のエロゲギャルゲの勃は、日本サブカルチャー不可逆的で決定的な影を与え、アニメライトノベル漫画が模倣するストーリーテングの古典とすらなっている。

最後に泣きゲーという呼称は、そう呼べば分類しやすい場合もあるという俗称であり、必ずしもジャンルの実体を正確に表すものではいことも留意してもらいたい。

関連商品

関連動画

関連作品(発売日順)

1998年
ONE 〜輝く季節へ〜 (Tactics5月29日)
1999年
Kanon (Key6月4日)
加奈〜いもうと〜 (D.O.6月25日)
2000年
銀色 (ねこねこソフト8月31日)
AIR (Key9月8日)
2001年
君が望む永遠 (âge8月3日)
家族計画 (D.O.11月2日)
2002年
うたわれるもの (Leaf4月26日発売)
神無ノ鳥(すたじおみりす11月29日)
2003年
SNOW (スタジオメビウス1月31日)
マブラヴ (âge2月28日)
朱 -Aka-(ねこねこソフト6月13日)
CROSS†CHANNEL(FlyingShine9月26日)
こなたよりかなたまで (F&C12月12日)
沙耶の唄 (ニトロプラス12月26日)
2004年
CLANNAD (Key4月28日)
2005年
ゆのはな (PULLTOP3月25日)
パルフェ ~ショコラ second blew~(戯画3月25日)
車輪の国、向日葵の少女 (あかべぇそふとつぅ11月25日)
智代アフターIt's a Wonderful Life〜 (Key11月25日)
2006年
マブラヴ オルタネイティヴ (âge2月24日)
もしも明日が晴れならば (ぱれっと2月24日)
この青空に約束を― (戯画3月31日)
D.C.II 〜ダ・カーポII〜 (CIRCUS5月26日)
遥かに仰ぎ、麗しの (PULLTOP11月24日)
2007年
カタハネ (Tarte、1月26日)
リトルバスターズ! (Key7月27日)
ピアノの森の満開の下 (ぱじゃまソフト8月24日)
そして明日の世界より―― (etude11月22日)
2008年
G線上の魔王 (あかべぇそふとつぅ5月29日)
ef - the latter tale. (minori5月30日)
2009年
2010年
L@ve once (Maid meets Cat9月30日)
失われた未来を求めて (TRUMPLE、11月26日)
2011年
WHITE ALBUM2 -closing chapter- (Leaf12月22日)
2012年
はつゆきさくら (SAGA PLANETS2月24日)

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP