津村健志 単語

61件

ツムラケンジ

1.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

津村健志とは、Magic: The Gatheringプロプレイヤーである。
正々堂々としたプレーをすることで知られるMTG界きっての善人。通称コガモ

概要

日本人では6人しかいないマジックプロツアー殿堂入りを果たしたプレイヤーであり、
プロツアーベスト8に6回入賞は日本人最多タイ
な戦績はその他に
2005年プレイヤーオブ・ジ・イヤー(最優秀選手賞)
グランプリ優勝2回を含むトップ8入賞13回
ワールドマジックカップ2015トップ8入賞など

一時期は専業のプロプレイヤーとして世界を巡っていたが大学進学のため第一線を退く。
学生時代は、プロプレイヤーとしての経験をもとにライターとして公式で記事を書くなど、
内のMTG界に貢献。

大学卒業後、かつて世界を巡っていた仲間斎藤に誘われ晴れる屋に入社。
斎藤と「Hareruya Pros」を結成しプロプレイヤーとして第一線に復帰した。

ニコニコ的には、晴れる屋チャンネル【津村健志のゴキゲン!MO生活】を定期的に配信している。
また、晴れる屋催のMTGの大会のベスト8の解説者として出演する。

MTG界きっての善玉

プロプレイヤーとしての実績以外にも伝説となっているエピソードとして「契約の支払い忘れの摘」がある。

時のらせんブロックのエキスパンション「未来予知」の収録カードに、
使用時はタダの代わりに自分のターンカードを引く前に(※)コストを支払う、払わなければ敗北する「契約」というシリーズカードがあった。
(※:アップキープフェイズ開始時)

グランプリモントリオール07に出場していたは支払い忘れて敗北するはず、すなわちそのままなら勝っていた相手に「支払い忘れ」を摘してコストを支払わせた。
それも本人は「4回の内3回しか摘できなかった」と述べている。

伝説の逸話として広まっているが、後にHareruya Prosを立ち上げるときのインタビューにて、
「最初の相手は「摘する義務もないし自己責任」だと思って摘しなかったが、それで優勝したり賞が得られても家族の前で胸って勝ったとは言えないと思った。勝つならきちんとマジックMTG)して勝ちたいと思って残りの3回は摘した」と振り返っている。

oyaoya

前述の通り、日本MTG界屈の実績と品格を兼ねる実者だが、
ゴキゲン生放送マジックオンラインの配信中のプレーからは、信じられないようなミスを連発し、
視聴者あるいは渡辺雄也から「oyaoya」とコメントされるのが常である。
本人も自覚があり、2015年度のワールドマジックカップ予選にてベスト8に残ったとき、
待ってろなべ君!Oyaoya Pros!!」とコメントし、そのまま優勝日本代表となった。

関連商品

津村健志に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
天外魔境II[単語]

提供: marronnier

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/25(土) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/25(土) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP