流木野サキ単語

ルキノサキ

掲示板をみる(462)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

流木野サキとは、革命機ヴァルヴレイヴの登場人物である。 CV戸松遥
本編ではヒロイン外伝コミカライズ革命機ヴァルヴレイヴ 流星乙女」では主人公を務める。

概要

学園1年 学籍番号/CO427  部活/家庭科部 誕生日/9月4日 星座/乙女座 血液型/A型身長/163cm
体重/不明

ヴァルヴレイヴマギウスにして本作品のヒロインの一人。称は「サキ」または劇中歌の空耳より「ぽゆ」

活動休止中(実際は契約を解除させられており、事実引退)の元人気アイドル。学園内では常に他者と距離を置いており、理不尽なことがあれば、たとえ先輩相手にでもタメ口や不遜な態度も辞さない。

アニメ1話では人の輪から離れてWIREDを弄ってる姿が印的で、それでいて公式OPEDの扱いが大きかった為何故この子が?と思われたが、アニメ1話後半でドルシア軍の初襲撃を皮切りに、ハルトに積極的に(ハルト先輩なのだがタメ口の上、「ハルト」と呼び捨てで呼ぶ等)関わるまさかのアプローチぶりを発揮した。

ちなみにハルトがいきなりネット上で知られるようになったのは、彼女が彼のアカウントを教えたため(1話終盤)。 
もっとも、既にヴァルヴレイヴ戦闘状況がアキラの手によってネット拡散されており、彼女でなくとも他のかの手によってハルトの詳細が漏れていたであろう。

劇中にて200年後の未来世界ヴァルヴレイヴを駆るサキに酷似した人物の活躍が描かれており、サキ本人の可性があるが偽は不明。現在の性格とはやや異なり穏やかで性的な人物となっていた。

1st SEASON~及び人物像~

他人に干渉されることを嫌い何でも自分のでやって見せるという孤高とした性格だが、その一方で借りを作ることを好まず、自分を特別視せずに接してくれたアイナに心を開いており、初戦闘の際に恐怖に震えていた自分を率先して応援してくれたショーコへ手伝いを申し出たりするなど、自分に対して実に向き合う相手に対して儀な面を持ち合わせている。

この世間ズレした性格は幼いころより両親から苛虐待をされており、アイドルの時代にはやかな世界の裏側で競争相手の妬みを一身に受け、当時所属していた事務所からは一方的契約解除を迫られ(この契約解除の裏側にVVVスリーブイ)計画が絡んでいることがコミカライズより判明)それら全てに抗えなかった事に絶望しており両親、大人、ひいては世界に対して強い不信感を抱いている事による物である。
彼女の願い「有名になること」も延いては幼少期の貧乏最低の両親の手の届かないところまで逃れ、自分を馬鹿にした世界を見返し居場所を手に入れたいというところから来るものである。しかし他者を寄せ付けようとしないがゆえに自分の感情を素直に打ち明けることが出来ず疎外感を抱えており、たった1人、自分を受け入れてくれるかに大切にされたいという「ふたりぼっち」という関係に憧れ、それを望んでいる。

時縞ハルトとはドルシア軍の初襲撃の際にハルトヴァルヴレイヴIのマギウスとなり世界中に知られる存在となった事へ憧れを抱き、彼と共にヴァルヴレイヴIへ同乗するなど、彼の身体の異常を知る1人としては最も深く関わる事となった。彼がショーコへの告白を「自分が化け物になった」という理由から断念した一方、サキハルトの身体異常ヴァルヴレイヴについて深く関わる(エルエルフからハルトが一度死んだことも聞いている)どころか、そのに助言を与えたり、更にはハルトと二人でそれらの秘密を共有したりなど、急速に距離を縮めていった。
モジュール77の地下で発見したヴァルヴレイヴIVへ搭乗しマギウスとなってからは殊更顕著でハルトの身体をジャックして彼の知名度を自分の売名に利用したり素気ない態度を取るがその一方で、格納庫で彼にキスをする、自身の過去であると偽り煙に巻きながらもり素の表情を見せる、ハルトと親しげに話すショーコの姿や幼馴染という関係に嫉妬し不機嫌になるなど、明らかに彼に好意を寄せている描写が多く見られている。

様々な要因が絡み合った結果今まで以上に狂暴化したハルト強姦されてしまった。(放送当時、映像の流出事件がありその時点ではどうせ未遂で終わるという意見があるなど流出した画像に対して懐疑的な意見が多く見られたがまさかのガチSEXである)最初こそ拒絶するも、これが彼の恐れたマギウスの「呪い」であると理解し、恋人繋ぎだいしゅきホールドする等猛り狂う彼の成すがままにその行為を受け入れ犯された。あの、あなた15歳ですよね?後日、謝罪しようとするハルトをはぐらかしながら(傍から見れば)デートを堪し自身の願い「ふたりぼっち」を映画セリフになぞらえてを明かした後、再び開かれた戦端の中で彼からもが予想外プロポーズをされた。まさかのサキ大勝利展開である。しかし、その告白彼女が望む見返りのある好意よりも責任感が先立つ物であったため彼女はそれを断ると自身を蔑み、彼を諭して自らの行動ジレンマに苛まれながら身を引きショーコの救出を促して彼女1st SEASONは幕を下ろした…

などなど今後も修羅場すぎる展開複雑化していく人間関係からが離せない。

ヴァルヴレイヴIV "火ノ輪"

モジュール77深部にに格納されていたヴァルヴレイヴの一機。エルエルフの誘導によりハルトサキが発見。再び有名になるチャンスを得たとばかり、ハルトの制止を視しサキは嬉々として人間をやめ、マギウスとなる。ヴァルヴレイヴの呼称を男性的と気に入らなかったサキは、女吸血鬼の伝承にちなんで、「カーミラ」と名づけた。

兵装は両肩に装備したホイール形状のスピンドル、射出基部となるナックルのユニットで構成された「スピンドルナック」で、硬質残でこれを操っての近・中距離体とした機動を生かした強襲戦を得意とする。 また、部背面に装備する特装備「レッグ・スパイ」は通常時はを彷彿させるフレキシブルに可動する追加推進ユニットだが、展開させることで合計6本の新たな「」となる。先端部は刺突武器として使用できるほか、形成した円形の硬質残を蹴ることにより通常の3倍火人を上回る速度戦闘間を縦横尽に機動する。

200年後の世界でも稼働している描写がなされており、現在く染まった装甲が色へと変わっている他、機体を分身させ敵を多方向から連続攻撃する「断罪のミラージュ」を披露している。

2nd SEASONPVにて登場した際には中破して岩肌にもたれかかっておりどこはかとなくエロスを感じると評判。

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/08/01(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2021/08/01(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP