今注目のニュース
リベンジポルノの被害者も低年齢化 11歳の少女が転校を余儀なくされる
マツコ・デラックス批判や崎陽軒不買について等 メンタリストDaiGoさんがN国党や立花孝志代表を心理学的に考察
トイレの音聞きたいアイドル・BiSHメンバーに有吉共感 「俺もやった」

浦和レッドダイヤモンズ単語

ウラワレッドダイヤモンズ

掲示板をみる(104)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

浦和レッドダイヤモンズとは、埼玉県さいたま市を本拠とするJリーグサッカークラブである。通称浦和レッズ

概要

Jリーグ発足時より参加している。もと三菱自動車工業フットボールクラブ[1]ホームタウン埼玉県さいたま市(旧浦和市)。ホームスタジアムは埼玉スタジアム2002および駒場スタジアムである。現在営業収入など日本最大規模のサッカークラブチーム

1991年に「オリジナル10」としてJリーグ初年度参戦チームに入った。Jリーグ戦でもあった1992年ナビスコ杯では5位。

そしてJリーグが開幕したが、初期の頃は弱小チームで、1999年にはJ2降格も経験。しかし2003年ナビスコ杯優勝からリーグの優勝争いを演じるようになり、2006年リーグ優勝、2007年にはACLを制した。以後は順位・観客動員とも伸び悩んでいて、2011年シーズンでは残留争いを繰り広げる順位にまで下がってしまった。(結果15位、ギリギリである)しかし依然としてJリーグで最大の観客動員数を誇る。翌年の2012年は3位に入り、再びACLの本戦出場権を手にした。2013年には大補強を敢行。リーグ優勝が期待されたが、終盤の守備崩壊などで6位に終わった。2014年は一時は首位になり再び優勝が期待されたが、前年同様終盤で失速し、2位で終わった。

2015年は「Jリーグスカパー! ニューイヤーカップ 鹿児島ラウンド」で優勝。2004年以来の2ステージ制となったJ1リーグでは、初試合から17試合連続敗(12勝5分)と言うJリーグ初の快挙を遂げ、1stステージ優勝。Jリーグチャンピオンシップへの出場を決定した。しかし、2ndステージでは勝ち点2位となり、最終的に3位で幕を閉じる。天皇杯では9年ぶりに決勝進出を果たすが、ガンバ大阪敗北した。

2016年1stステージでは優勝を逃し3位に終わったものの、2ndステージで巻き返し、2ndステージ優勝および年間首位を決めて、チャンピオンシップでは決勝進出を決める。また、ルヴァンカップ(旧ナビスコカップ)では3年ぶりに決勝進出し、13年ぶりに優勝を決めた。

2017年は10年ぶりにACLを制し、Jリーグクラブとして9年ぶり2度アジア王者となった。

浦和という土地がもともとサッカーどころということもあってか、熱狂的ファンが多い。良くも悪くもサポーターの一挙手一投足が取り上げられがちである。

所属したプレイヤーは、福田正博、ギド・ブッフバルト山田暢久、マルシオエメルソン・パッソスなど。

主なタイトル

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *なお、三菱自動車工業自体は2016年までトップパートナーとなっていたが、同年の燃費試験不正問題で公式サイトから削除されている。また、三菱自動車工業2016年中に日産自動車下となる予定であるが、日産自動車横浜F・マリノス式を保有している。このままでは日産自動車事実横浜F・マリノスと浦和レッズの式を保有する状態になるが、Jリーグ規約で性確保のため2クラブ以上の式大量保有が禁じられているため、親会社そのものが変更になる可性が浮上している。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP