今注目のニュース
『サザエさん』のタラちゃんの声優は78歳!驚きのご長寿声優たち
まっすぐに駆け付けてくるミミズクさんが可愛い てってってって…ボスッ
20代女子が好きなベンツはAよりB!その理由にカーマニアは驚愕しました

消火器単語

ショウカキ

掲示板をみる(97)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

 

消火器とは

  1. 初期火災鎮火のための消防用設備。
  2. ゲーム実況プレイ動画投稿者の一人。
    ゲーム実況プレイ動画のプレイヤーの一覧

本稿ではどちらについても説明する。

消火器(消防用設備)の概要

 消火器(しょうかき)とは、初期の火災を消すために用いられる可搬式、または半固定式の消防用設備のこと。注等による冷却により燃焼温度を奪って消火する『冷却作用』、酸素を遮断するか酸素濃度を薄くして消火する『窒息作用』、燃焼の反応を抑制して消火する『抑制作用』の三つの原理を応用して消火を行う。
 在宅用で最も普及しているであろう粉末消火器は『窒息作用』と『抑制作用』の性質を持っており、広範囲の火勢を抑えるが優れている。ただ、粉末に視界が遮られ、放出中は火元の確認が難しくなるのが欠点。冷却効果はいので、障物がある場合は消火剤が出火元に全に行き渡る様に放出しないと酸素全遮蔽できず再燃する可性がある。
 強化液消火器は『冷却作用』と『抑制作用』の2つの性質を持っている。粉末消火器とは違い視界が遮られる事はない。冷却による再燃防止効果があるため、A火災とB火災(後述)
に対して特に有効。

 消火器の内部構造について、加圧式と蓄圧式の物がある。
 加圧式消火器は旧タイプで、内部に密封された高圧ガスボンベがあり、レバーを引いてガスボンベを破封し、その圧消火剤を放出する方式である。構造上、一度レバーを引くと消火剤が出尽くすまで止めることが出来ない、1回限りの使い捨て。このタイプの消火器は老朽化などで本体が破裂する事故が多発しており、死亡者も出ている。
 蓄圧式消火器は新タイプで、本体容器に圧がかけられており、あらかじめ窒素ガスを蓄圧しておき、レバーを引くことでバルブを開き、消火剤を放出する方式である。加圧式とは違い、レバーを引いている間だけ消火剤が出る仕組みになっている。レバーの固さも加圧式の4分の1程度で、小さなでも簡単にレバー操作ができる。加圧式のような放射直後の反動い。レバーの側面には圧計が備え付けてあり、内部の圧視で確認することができる。消火器が老朽化しても、内部圧が上昇する事はく、の開いた場所からガスが少しずつ外に漏れていくだけなので、本体が破裂することはない。

 2013年10月頃までに全消火器メーカーが加圧式消火器の生産中止を発表しており、加圧式から蓄圧式への置き換えが急速に進んでいる。標準的な消火器の設計標準使用期限は製造後10年間と定められている。もしご庭内に使用期限切れの加圧式消火器があれば、安全のためにも蓄圧式消火器への置き換えを強く勧める。

適応消火器

 日本消防法では対応する火災により、以下三つの種類が消火器に表示されるようになっている。

  1. A火災(普通火災)用
     ・木・繊維・脂など、として固形物が燃える一般的な火災に適応するもの。
     円形の白色マーク印。
  2. B火災(油火災)用
     油・ガソリンによる火災に適応するもの。
     円形の黄色マーク印。
  3. C火災(電気火災)用
     電気設備の火災に適応するもの。
     円形の青色マーク印。

 必ずしも上記の適応消火器が実際の火災で効果を発揮するとは限らないが、マークに従えば火災を助長する最悪の結果を心配する必要はくなる。
 ちなみに、アメリカ消防法令ではA(普通火災。日本のA火災に相当)、B(ガソリンプロパンガス等の火災)、C(電気火災。日本のC火災に相当)、D(マグネシウムリチウム等の金属による急速化火災)、K(サラダ油等の調理火災)の五種類がある。

使用方法

 ここでは一般的な消火器の使用方法について述べる。大消火器、化学泡消火器の使用方法について知りたい方はこちらexitで確認を。

  • ホース付き消火器の場合

    ①消火器の安全栓(安全ピン)を上方へ向かって強く引く。
    ホースの先端ノズルをしっかり持ち、消火器本体から外してホースを火元へ向ける。
    ホースの外し方は消火器によって異なるため、それぞれの消火器を要確認。
    ③レバーを強く握り、消火剤を放射する。ホースが強く振られるため、しっかりと先端ノズルを握る。
    ※レバーを握り切れない場合は足下に置き、肘をっ直ぐ伸ばしたまま体重を掛けると良い。
    ④燃えている物を見極め、手前からで掃くようにホースを操作して消火する。
    ※この時は燃えている物から3~5メートル程度距離を取り、あまり近付き過ぎないように。
    ⑤火勢が弱まって来たら少しずつ近付き、火元へ向かって確実に消火剤を放射。
    ⑥火が消えたと思っても、消火剤を全て出し切るまで放射を続ける。
     
  • ノズル式消火器の場合

    ①消火器の安全栓(安全ピン)を上方げ向かって強く引く。
    ②片方の手で消火器の底を持ち、もう片方の手はレバーを握りノズルを火元へ向ける。
    ③火元からある程度離れた場所でレバーを強く握り、火元に向けて消火剤を放射する。
    ④火が消えたと思っても、消火剤を出し切るまで放射を続ける。
     

消火上の注意

 消火器による消火を行う際は、まず初めに避難経路の確保を行ってから消火にあたるようにする。また、消火器はあくまで初期消火に有効であるため、炎が天井に届く、または天井に燃え移った時点で消火器による消火は出来ないと判断し、消火栓の操作に切り替えるか、あるいは避難して119番通報を行い消防の到着を待つのが最善と言える。最悪なのは消火に拘るあまり避難経路まで炎で塞がれてしまい、人命を失ってしまうことである。出火時は静でいるのが難しい状況とはいえ、命あっての物種であることを忘れてはならない。

消火器設置のススメ

 業務用とは違い、一般庭に消火器を設置する義務はないが、万が一の失火のために各庭に一つは置いておくことをオススメしたい。消火器による初期消火の成功率は77.4%平成24年東京消防庁管内データより)と確実ではないものの、消火器しで消火活動にあたる場合とべれば心強い数値と言えるだろう。
 「い見たが嫌だ」という方は赤色の本体を簡易カバー等で見せない設置方法もある他、近年ではハローキティイラストをあしらった消火器も登場している。また、いのは大抵業務用であり(外面の25%以上が赤色でなければいけないため)、住宅用は色の制限がないために赤色以外の消火器もあるので、この記事を見たことを機に一度調べてみてはいかがだろうか。

関連商品

消火器(実況プレイヤー)の概要

2008年8月5日に「零~月蝕の仮面~を極怖がらずに実況プレイ」というタイトル初投稿
当初は投稿者名は決まっていなかった。のちに名前を決めるに当たってゲーム内でたびたび登場した消火器から名前を取った。

動画の題名には「極怖がらずに」と書かれているが実際はかなり怖がっている。
あくまで『極』である。本人く、「自分はあまりビビらない方だったがをやってからビビるようになった」らしい。
流歌背中のちろちろを大変気に入っている。

9月3日ノーマルクリア9月4日ハードのEDを投稿して「零~月蝕の仮面~」の実況プレイ事に終了した。

9月20日から2作として「零~刺青の聲~」をスタート

同年12月20日~22日未明にlivetube内で耐久実況を開催 事「零~刺青の聲~ノーマルクリア

また、不定期にラジオ投稿している。数回の「しけんほうそう」を経て、2008年09月10日より「消火器の極力らじお」として開始した。

2009年1月24日から3作として「FRAGILE-フラジール-~さよなら廃墟~」をスタート

なお、「消化器」ではないことに注意。

関連動画

月蝕の仮面

刺青の聲

フラジール

 

 ラジオ

※このシリーズマイリストはありません

関連リンク

http://syocaki.blog55.fc2.com/exit 消火器ブログ

コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 95ななしのよっしん

    2015/10/07(水) 09:31:17 ID: Qa8oPFZCep

    >>94の案でいいでしょう
    実況者)にするか(実況プレイヤー)にするかは作る人しだいですが

  • 96ななしのよっしん

    2016/02/14(日) 04:20:51 ID: uPBAoZ/f7b

    トリビアの泉消火器で飛ぶ(浮く?)実験やってたな
    ただそれだけ

  • 97ななしのよっしん

    2019/01/13(日) 12:41:06 ID: ryJ/1+m1An

    尚可喜(歴史上の人物)

急上昇ワード

最終更新:2019/08/25(日) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/25(日) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP