今注目のニュース
娘がお弁当を全部残してきた… 判明した「学校でのやり取り」に同情の声
渋谷区でハロウィーン路上飲酒規制条例が成立 「安全で快適な秩序をもってこの街で楽しんでいただくため」
やっぱ外見よりも中身ってやつ?内臓がまるわかりな人体解剖水着が販売されている件

深水黎一郎単語

フカミレイイチロウ

掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

深水黎一郎(ふかみ れいいちろう)とは、日本推理小説同人作家名取旦那である。1963年生まれ、山形県出身。

2007年に『ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ!』で第36回メフィスト賞を受賞しデビュー
フランスへの留学歴があり、大学教員との兼業をしている。

概要

デビュー作(文庫版は『最後のトリック』に題)はタイトルにもあるとおり「読者犯人」に挑戦した意欲作であり、その試みはある程度成功しているもののアイデアとしては単発で、いわゆる「一発屋」だと思われていた。しかし、2作の『エコール・ド・パリ殺人事件 レザルティスト・モウディ』から、芸術論と推理を融合した小説として評価は高まることになる。

メインは密室で発見された画商の死体のだが、随所に『パリ』と呼ばれる画の評論がはさまれ、やがて解決部にはいると意外な形で相に関わってくる。融合の試みは3作トスカ接吻 オペラミステリオーザ』にも続き、こちらはオペラ舞台中に観客の前ですりかえられた本物のナイフ俳優が刺殺される事件を追う話だが、捜中に自然オペラ概要や裏話、歴史を知ることになる。名探偵一郎が活躍するこの《芸術探偵シリーズは、その後『シャガールの黙示』(文庫版で『天使たちの殺意』に題)、ジークフリート』、世界でひとつだけの殺し方』『ストラディヴァリウスを上手に盗む方法』『虚像のアラベスク』と続いている。

2011年、短編「人間の尊厳と八〇〇メートル」で第64日本推理作家協会賞短編部門を受賞。

2014年、『ウルチモ・トルッコ』が『最後のトリック』と題されて河出文庫から文庫化されると、「読者全員犯人」という趣向がめて話題を呼び、20万部をえるベストセラーとなる。

2015年、多重解決ミステリの極北と評された『ミステリーアリーナ』で「本格ミステリベスト10」1位く。他のランキングでも「このミステリーがすごい!」6位、「週刊文春ミステリーベスト10」4位、「ミステリ読みたい!」3位と上位に入り、本格ミステリ大賞は逃したが、名実ともに代表作となった。

芸術探偵シリーズでは端正な本格ミステリを書く一方、『ジークフリート』や『美人薄命』などでは普通小説スタイルミステリを書くという試みに挑み、『大癋見警部の事件簿』や『ミステリーアリーナ』では恐ろしくマニアックな趣向を追及することでジャンル批評・マニア批評をも展開するなど、様々な方向性で挑戦的な作品を送り出している。

……と書くと新進気鋭のインテリ系本格ミステリ作家のように見えるが、実はこのオッサン、かなり重度のオタクである。山形新聞に「ヤワネタ!」という隔連載コラムを持っているのだが、そこでは初音ミクアニメについてやたら楽しそうに書いている。特に2013年12月のそのコラムで「艦隊これくしょん~艦これ~」を取り上げ「要するに何が言いたいかというと、軽巡名取は私のということだ。」と堂々と書いたのは話題を呼んだ(艦これについは翌2014年4月にもケッコンカッコカリについて書いている)。

まあ、そこまでなら今の時代ではさほどしくもない話だが(元々マニアが高じて作家すことが多いジャンルなので、特に本格ミステリ作家SF作家オタクが多い)、コラムでるだけに留まらず、2014年冬コミで『名探偵名取、最初で最後の事件』という艦これ同人誌を発行してしまった。同人サークルとしての今後の活動にも期待がかかる(?)。

作品リスト(刊行順)

  1. ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ! (2007年講談社ノベルス
    → 最後のトリック2014年、河出文庫[題])
  2. エコール・ド・パリ殺人事件2008年講談社ノベルス2011年講談社文庫)
  3. トスカ接吻2008年講談社ノベルス2012年講談社文庫)
  4. シャガールの黙示 (2009年講談社ノベルス
    → 天使たちの殺意2015年、河出文庫[題])
  5. のリチェルカーレ2010年、創元推理文庫)
  6. ジークフリート2010年講談社2013年講談社文庫)
  7. 人間の尊厳と八〇〇メートル2011年東京創元社2014年、創元推理文庫)
  8. 言霊たちの2012年講談社
    → 言霊たちの反乱2015年講談社文庫[題])
  9. 美人薄命2013年双葉社2016年双葉文庫)
  10. 世界で一つだけの殺し方2013年南雲堂→2017年講談社文庫)
  11. テンペスタ -天然がぶり寄り正義の七日間- (2014年幻冬舎
    → テンペスタ 最後の七日間2016年幻冬舎文庫[題])
  12. 大癋見警部の事件簿2014年光文社2016年光文社文庫)
  13. 名探偵名取、最初で最後の事件2014年同人誌
  14. ミステリーアリーナ2015年、原書房→2018年講談社文庫)
  15. 倒叙の四季 破られたトリック2016年講談社ノベルス
    → 倒叙の四季 破られた犯罪2019年講談社文庫[題])
  16. 大癋見警部の事件簿リターンズ 大癋見vs.芸術探偵2016年光文社
  17. 少年時代2017年ハルキ文庫)
  18. 午前三時のサヨナラゲーム2017年ポプラ社
  19. トラディヴァリウスを上手に盗む方法2017年河出書房新社
  20. 虚像のアラベス2018年KADOKAWA
  21. 第四の暴力2019年光文社

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/21(金) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/21(金) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP